CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
キャメルン シリーズの奇跡の象徴、「虹」
0
    皇位継承の22日は、とても素敵な虹がお祝いするように皇居周りにかかったらしいけど、 「虹」って、いつ見ても すごくワクワクするよね。 空にかかった美しい七色の帯、虹。。 キャメルンもよく、お話の中にも、奇跡の象徴として虹が出てきます。 有名なシーン、、1作目のラストシーンだけではなく、 キャメルン シリーズ12作目の親子のトラウマに効く一冊、【明日の夕日】の中に収録してある 「サルー、、名前」の中の虹も、すごくいいシーンで大好き。




    | - | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    毛の抜けにくい犬種がいるのは知ってる?
    0
      「ノードック、ノーライフ」の、わんこのいない暮らしは考えられない私は思う。 猫の抜け毛は仕方ないらしいが、犬の悩みナンバーワンが、抜け毛というなら 一度迎えたら 付き合いが長くなるのだからワンコを家族として迎えるときに、抜け毛の少ない犬種に、はじめからすればいい。 ワンコはみんな同じに毛が抜ける、と思っているのかもしれないが、犬種によって全く違う。 一番抜けないのはプードルだと思う。くるくる縮れているから余計に落ちない毛質だし。 ヨーキーや、シュナウザーもほとんど抜けない。ちなみに、うちのポロンは、ヨーキー。少しは抜けるけど、ほとんど、気にならない。 抜けるのは ダックスやチワワ、ゴールデンや、柴犬とか短毛の日本犬のワンコ。 お互いになるべくストレスかからないように、抜け毛がキャメルンになる人は特に、犬種を選ぶときに調べてから飼ったほうがいい。保健所に持ち込む人の中には、「毛が抜けるから飼うのはやめた」なんていう、酷い人がいるらしいから!(*`へ´*) (~_~;)
      | - | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ボランティアに行く人は、「汚れてもいい服で」、、、???
      0
        「ボランティアに行く人は、汚れてもいい服装で行ってください」と、ボランティア募集で、テレビで言ってた。 ボランティアに行って「服が汚れた!」と文句言う人がいるだろうか? 「ケガに気をつけてください」とも言ってた。 駅のホームでは、「白線まで下がってお待ちください」 電車に乗れば「体の不自由な方には席をお譲りください」、、 当たり前のことをいちいち教える必要があるのだろうか? 当たり前のことでさえ、一つ一つ、伝えなくては できない人たちだからか? こんな日本が 、、子供たちには、「自ら考えて行動する子供」になれ、と言う。 ニュースでは、ごまかしでしらばっくれている大人たちの姿がいつもあり、、。 子供が大人を信頼できないわけだ。。
        | - | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        臭いものに蓋
        0
          【臭いものに蓋】はもうやめようよ、、。 「香害」のこと、、柔軟剤の あのきつい匂いが実はどんなに、体に悪いかなんて、CMでは全く触れず宣伝している。 そのおかげで 体調崩し学校に行けない生徒が増えているのに。 今回の台風19がどんなに、危険かも、原発の害も、温暖化の危険も、報道では真実なんて言わない。 だから自分で考えて行動しないと、何よりも大事な我が子も守らない。 神戸の複数の先生がやり続けていたという、残酷で卑劣ないじめも前校長も知っていたのに隠していた。 そんなに長い間、校内だけではなく校外でもやっていた イジメのことは、絶対に、他の先生だって、わかっていたはず。 みんなで、無かったことにしたのだろう。情けない。ひどすぎる。 クラスで口では「いじめはいけない」と、どの口が  子供たちに教えていたのだろう?子供たちと保護者への裏切りだ。 やった加害者の先生はもちろん許せない。でも、周りで傍観していた先生達や、教育委員会、本当にひどいと思う。 こういう事件起きても、時が経つとすぐに無かったことにしてしまう国だから、こういうことがなくならないのだ。 1番の被害は子供たちなのに。 ダメだ!このままの国ではダメだ! 臭いものに蓋をしていてはダメだ! 勇気を出そう。悪いことは悪いと言おう! ダメなものはダメと言おう! みんなで、やるしか もうないとおもう。 本当にいい学校、、。 誠意のある誠実な先生たちが、まっすぐに子供たちと付き合う学校を作りたい。。 そんなモデル校になる学校作りたい。。 ね?、ぽろん。人間たちって、このままではダメだよね、、。

          | - | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ふつーの生活が最高の幸せ、と思えます。
          0
            被災地に また、雨がたくさん降るという。。 家族が生きていて、 浸水してない家が  あるという「ふつーの平和な日常」が、 『サイコーの贅沢』に思え メンタルの「悩み」は、余裕あるから悩めると、思える。


            血は繋がってないけど、兄弟として育っている3人と一匹の幸せな日々。この幸せな日常がずっと続きますように。。。
            | - | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            台風の時は、ブログ読者がたくさんになっていた。
            0
              私はFacebookするより前から、 キャメルンブログblog.camelun.com を書いているが、台風の時はこの、ブログを読んでくれる人がすごくたくさん増えていた。 ああいう不安な時は、何か支えになる誰かの「言葉」を求める気持ちになるのだろうな。 言葉で人は傷つたりするけど、やはり言葉は人を支え慰めるためにあるのだと信じているから、 わたしは  本を書いたり、コラムやブログを書き、朗読コンサートや講演などの、「言葉やさん」を続けている。 そして、マイクを持たなくても、その言葉が印刷されなくても、 みんな、みんな、「言葉」によって生きているのだ。 だからもっと、言葉をたいせつにしよう。 その言葉で心にずっと消えない傷を持つ人もいて、その言葉で人生を決める人がいる。 自戒も込めて、そう思う。
              | - | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              台風19号のことを次のコラムに書こうとしたが
              0
                〈 想いの チカラ 〉毎日新聞コラム の次の原稿について、今、局長から連絡いただき、 こんなに大きな恐ろしい台風のことを書こうと思っていたが、今はまだニュースも台風について話題にしているから かえって少し時間が経ってからの方がいいのかもしれませんね、とお返事したところ。 大変な災害起きても ちょっと、喉元過ぎればすぐに忘れる国民だから。 でも、被害を直接受けた方は喉元なんてすぎない。。 家が泥だらけになったり、壊れたり、ましてや、家族が亡くなった人には、喉元すぎることなんてないのだろうから。 そして 街が水に沈んでいる風景を見て、あの日大津波の日を思い出してフラッシュバックになってしまう人もたくさんいたと思われます。。 台風については 多くの人がいろんなことを語っているので私にしか書けない切り口と、言葉の選び方で書きたい。 コラムも本もそうだけどはじめの言葉が降りてこないと、書けない。 その一言が降りてくると、後は悩まず スラスラ言葉が続いていく。 自分で書いているというより、 書かせていただいているという感覚で書く。 特に、キャメルン シリーズの中のキャラクターの行動は、書きながら、「おっ!そうくるか!?れと、驚きながら書いたりしているのが、 楽しいし驚きだ。 6作目の「ウパシナの母  サーシャの物語」とか。。 サーシャが火に飛び込むシーンの展開には、、本当に驚いたものだ。
                | - | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                重いものを持つ前には、爪先立ち!
                0
                  【重い水のタンクとか、避難するときに重いバックとか、持つ前には、 一度、【爪先立ち】してから、 持つと 体の歪みが取れてから持つから楽に安全に、持てるらしい!】 あとね、ウオータータンクが売り切れていたら、 灯油用とタンクでもいいと甥っ子のかんちゃんから、送られてきたこの写真教えてもらった。 こういう時は、みんな一斉に災害用の物は買うから代用品を工夫しよう。
                  | - | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  水が出る奇跡
                  0
                    水道からお水が出ることの奇跡を実感してる。。やかんやら、水筒にお水を貯蓄していて、いつこれが出なくなるかもと想うと、 水が出ること、電気がつくこと、ガスが付くという、この当たり前だった日々が、どんなに奇跡で、当たり前でないかを 今、日本中の人が実感していると思う。 災害があるたびに、私たちはそう思う。でも、すぐに忘れる。 これだけ災害の多い国に住むなら 常に危機意識と、当たり前のことなんて何もないということを感謝して生きていかないとならない。 これは、実家のジージ、バーバのウッドデッキに続くリビングの大きな窓ガラスに、 孫たちが、割れないように対処してくれたもの。 みんなで助けあって、声かけあって、この試練を乗り越えよう。 それと、この防犯フィルムは、養生テープが売り切れていたから、他のやり方を考えようと、どうしようか隣に売っていた業務用の マスキングテープを、買おうとしたが、 もっといいもの思いついた! ダイソーに売ってる窓の防犯用フィルム! これがダメなら、どうしようか?と工夫することが、こういうときこそ大事だ!




                    | - | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    3.11のあの前日の夜のようだ、、
                    0
                      【あと、数時間後に起こるあまりにも重い試練を受ける人々の苦しみを想うと神様も、胸が痛んだ。 だから、、せめて、 この大きく高い壁を  いつの日か 彼らが  乗り越えられる日まで  そばでずっと見守ろうと思った。】 …………………………… 311の起きる前夜のページ。 「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」より。 …………………………… 明日くるという超大型台風を前に、神様はきっと今夜はまさに、こんな風にこの世を見ているのだろうな、、と思いつつこの本を開きました。。 、、わたしは、この優しい神様の絵がたまらなく好きです。 この神様の肩と胸の大きさ、、人々を抱きしめる大きな大きなこの胸の大きさは、 大人には決して描けない絵だと思いました。 どうか、今回の「かつて経験したことないほどの大きな台風」で起きるであろう試練も、、 空でも、天でも、亡くなった家族でも、、神様のような存在  全てが、 どうか見守ってくださいますように。。 お風呂に入り浴槽に、水を満杯にしたり、窓が割れても大丈夫なように フィルム貼ったり対策していたら、こんな時間になってしまった。 明日はこんな呑気にお風呂に入れないかもしれない、、と、思いながら浸かる湯船は、ものすごくありがたく貴重な時間に思えた。。 砂漠から帰って初めて使ったお風呂の感動を思い出した。。 毎日温かなお風呂に入れること、これは奇跡なのだと、あのときも、骨にしみたな。。 明日は、今日と全く違う日本になるかもしれない、、と思うと、 映画の中の世界に迷い込んだような怖さを感じると同時に、お水が出て、電気がついて、窓や屋根が付いてある安全な家があることが、どんなに幸せなことか、、 3.11の、あの日のように思えた。。    


                      | - | 02:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |