CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
私にとっての 書くこと
0
    原稿依頼が来て、昨日は朝5じ過ぎまで執筆してました。 キャメルン シリーズの本でもそうですが、初めの言葉がまず降りてくるのをつかまえる。 そして頭で考えず手を動かして書いていく。 そして、 終わりの言葉が決まると、そこに向かって流れていけばいい、って感じで書く。 何かその中に光る言葉を見つけると、そこをパズルを解くみたいに、といていくと、 ピタリとハマる瞬間があって、、そこの文はもう、絶対動かしてはダメって、感じになる。 そういう時は、 自分で書いた気がしないっていうか、書かせてもらったっていうか、、なんでこんなこと、書けたのだろう?って思う。 文章を生む作業は、一つ一つのジグゾーパズルを組み立てていくみたいでとても楽しい。 楽しくて寝れなくて朝になってしまうのです。 書くことが私のヒーリングだし喜びです。 こんな楽しいことできる人生で幸せ。ありがたいです。

    | - | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スタッフの記録として載せておきます。2020.10.16
    0
      …………………………… <以下はキャメルン スタッフが二度とこのような発送ミスをしないために、記録として
      自分たちのために キャメルン 活動を記しているこのブログに残しておくために書くものです。、、 <……
      そのミスとは br />Amazonで売っているわたしのライフワークとして書いている著書、キャメルン シリーズを注文してくださったお客様に、本を送ろうとして キャメルン スタッフの一人が 値上げする前に買っていたレターパックで、うっかり送ってしまったというミスを昨日、してしまった。

      、、
      値段が変わり370円になっていたのに、前に買った360円のレターパックで本を送ってしまったのだ。なので、不足分の10円を、その方に払わせてしまったのだ。。ああ!申し訳なさすぎる!
      今までこんなことはしたことがなかった、、。
      うっかりしたとはいえ、絶対にしてはいけないことである。
      そのスタッフは、このミスをすぐに、スタッフラインで共有し お詫びに10円の返金だけではなく、二冊買ってくれたので一冊は差し上げようと、Amazonで返金の手続きをしている間に、

      せめてすぐに、お詫びの言葉を送ろうと本人と代表の作者のわたしがまず以下を書いて送った。
      ……………………………

      《以下は発送を担当したスタッフからのお詫び 》

      〇〇様 ご連絡ありがとうございます。 この度は、送料不足の請求でご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした! 今回私の確認不足で、ご指摘の通り、料金改定前に購入したレターパックで配送してしまいました。 せっかく楽しみにご購入頂いたのに、ご不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありませんでした。 心より謝罪させていただきたいと思います。 つきましては1冊分の代金を返金させていただきたいと考えております。 返金方法に関しましてはAmazon経由でできるか、現在Amazonに確認しております。 今後はこのようなことがないよう誠心誠意努力していきます。 このたびは、本当に申し訳ありませんでした。
      ……………………………
      《以下は私からのもの。》 〇〇様 はじめまして。 キャメルン シリーズの作者、空羽(くう)ファティマと申します。 今、スタッフが、 以前買ったレターパックをうっかり使い 送ってしまったことを聞きました。 本当に申し訳ありませんでした。 返金の手続きをAmazonで確認中だそうですが、取り急ぎお詫びのメールだけでもと思い打っております。 せっかく、何かのご縁でキャメルン シリーズに興味を持っていただき、二冊も本を注文頂きましたのに、 本当に申し訳なく反省しております。 本はわたしの子供と思って書いております。 その子たちを迎える時に 私たちスタッフの不注意で手放しでウエルカムの気持ちをその子たちに、持てないことにしてしまったことに なってしまったこと、本当に申し訳なくてたまりません。 注意不足だった彼女は、もちろん他のスタッフにも、今回のミスを二度と繰り返さないように伝えました。 せめてものお詫びになるか、わかりませんが、一冊はプレゼントさせて戴きます。 もちろん、私たちのミスは、ミスで それで許されるとは思っておりません。 本当に本当に申し訳ありませんでした。 キャメルン シリーズ 作者 空羽(くう)ファティマ ……………………………

      、、、と、ミスをしたスタッフと、わたしのお詫びをまず送った。 【本当は、 それでも、、 ラクダのキャメルン と、黒い孔雀ウパシナが、私たちのミスを超えて、、 少しでも 〇〇さんのお心に届く存在になりますように祈っております。 と、最後に書いたが、それは私の勝手な願いで、失礼をした方には言っては余計失礼になると思い消した。】

      ……………………………
      < す、る、と!!!

      ものすごい温かいお返事が返ってきて、、< 感動してしまった。、、、


      それは、本人に了解もらってないのでここに、そのまま載せるのは遠慮するが。。


      彼女は三浦春馬さんのファンで、キャメルン シリーズを知るきっかけになったのは、まず私の書いた創 の記事を読んだくださったらしい。、、、、、

      【春馬さん からの メッセージを、こんなにも まっすぐに優しく 愛ある 眼差しで キャッチしてくださる方の存在に、嬉しくて…ありがたくて…。 このような 素晴らしい 記事にして、多くの人に伝えてくださった勇気 と 光 に、感謝でいっぱいになりました。 そして、先生 と 海扉アラジン先生に 心ひかれ、「キャメルン」に出会わせて頂きました。、、、、

      という流れでキャメルン シリーズをよんでくださり、

      キャメルン シリーズの世界観にいたく感動してくれたというメールをくださったのだ。

      料金不足のミスから、こんな温かな交流が生まれたのは、人生ってなんて
      不思議で奇跡なんだとおもう。
      ……………………………
      これは私からのお礼メール
      〇〇さま。 温かな心のこもりまくったメールをいただき、、、 キャメルン スタッフ共々、ありがたくて感動しております。。。 (;_;)(T_T) 「命の大切さ と日々の尊さ」を本を出版しそれを朗読コンサートで伝える活動を12年やっていますが 料金不足のミスをしたのは初めてで「なんて失礼なことをしてしまったのだろう!(>_<)(≧∀≦)」と 知らせを聞いた私も凹んでおりましたが、、今となってはそのミスがあったからこそ、こんな温かなお言葉を頂けたことに、 (ミスはミスとして、、棚に上げる気持ちは全くありませんが) 私の好きな言葉、 【人間万事塞翁が馬】をこの出来事に感じさせて頂き、〇〇さんが、春馬さんとの記事と、キャメルン シリーズの本との出会いを、「春馬さんからの贈り物」とおっしやてくれたように、 わたしも 一人勝手に「春馬さんが、2ヶ月以上かけて必死に心を込めて書いたあの記事のご褒美にこのご縁を、くれたんだなあ」と思いたいです。 春馬さんの記事を喜んで心に響いてくださるだけでも、充分に嬉しいのに、わたしのライフワークである 【キャメルンシリーズ】を受け取ってくださり、、 それに、心を動かしてくださったこと!! これがとっても、嬉しくて、嬉しくて嬉しすぎますっ!! ローランド?でしたっけ、あの芸能人の人が「この世は俺か、俺でないかだ」とか、言ってたような気がしますが、 わたしにとっては、「キャメルン シリーズに心を開いてくれる人か、否か」は、 かなり大きいのです。 あの本こそわたし自身であり、わたしの生きる証であり使命だからです。 キャメルン シリーズと同様に、 創 のあの記事の中に引用した、「命は長さではなく濃さなんだよ」という、東日本大震災で亡くなった佐藤愛梨ちゃんの絵本、「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」 も、これを書くために生まれてきた、と思える本です。 なので、記事の中に命の言葉として、引用しました。 その本は朗読CD付きで1800円で、全額被災地の子どもたちに、今も寄付を続けている震災支援活動です。 私達キャメルンスタッフは、命を守る活動と共に311を忘れない活動をしております。 今回 発送担当のスタッフは、産婦人科のドクターで、命を無事に授かるお手伝いの仕事をしている者です。 他にも 朗読コンサートでダンサーとして踊る助産師、、 検査技師、介護士、英語教師、 教育関係者などの、、命と教育に関わる者達が、スタッフとして 絵本を出版し、朗読コンサートとして、、音楽とダンスと、映像で伝える活動を 共にしております。 あ、「キャメルン 人魚に恋をする」や、「ラクダのキャメルン 空を飛ぶ」や、「「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」」のピアノの作曲、演奏は、この産婦人科 の検査技師のもっこです。 朗読CDにつけた曲は ストーリーにぴったり合うように、すべてオリジナルとして、作曲演奏したものを、 つけてます。 バイオリン、ギター、チェロ、尺八など、いろんな楽器を使ってます、 お買いくださった「黒い孔雀ウパシナとの出会い」の本についている朗読CDのチェロは、群馬県交響楽団の、現役の フランス人チェロ奏者ファニーさんが、作曲と演奏してくれてます。 モジニアニのモデルのような、美しい方です。 そんなふうにいろんな方に支えられて、キャメルン シリーズは現在15冊生まれております。すべて曲も、絵や切り絵に工夫凝らした作品なので、 是非、それぞれの世界観をお楽しみくださると、幸せです。 そして、、こんなに嬉しくてつい書いてしまったのは、、絶賛くださった「キャメルン 人魚に恋をする」は、私の超お気に入り!の一冊だからです!!!! 大切な大切な家族である、愛犬ポロン1世が、亡くなった時も、棺の中に入れたのは、人魚のその朗読CDでした。 「ポロン、天国で聞いて。ママの声だよ。ずっと一緒だよ」と。。 キャメルン 人魚に恋をする、の本につけた朗読CDのもっこの曲も大好きなのです。本当に繊細で美しくて何度聞いても心に染み入る曲です。 そして、〇〇さんが、文中に「キセキ」とカタカナで描いてくださったのにも、実は胸キュンしたのは、GReeeeNの「キセキ」と、「遙か」の曲は、ポロンが亡くなった時ずっと聞いてた、、曲でしたから。
      【いつでもそばにいるから、必ず会えるから】というあの歌詞です。 そんなわけで、この出会いは、天国のポロン1世が、犬が好きな春馬くんと、天国できっと、仲良しになり 天からくれたご縁だと思えます。 昨日は凹むことがあったので、 この温かなお返事に余計に癒されました。 つい、長々と書いてしまったわ。 そうそう、この本の人魚のトゥモローの続編は、キャメルン シリーズ12の「明日の夕日」と言う本に書いてあります。 ただ、これは、親子問題と向かい合うキャメルン シリーズの中で一番ヘビーな本なので、もしきつそうならば、6冊分入ってるお得な本なので1章目のその人魚の続編だけでもいいかもだけど、
      全部読むと本当に深い癒しが起こります。。 無理には、お勧めはしませんが、、もし、よかったら。。 キャメルン 情報は、ホームページは何年も触ってないので、、 キャメルン ブログ blog.camelun.comに毎日書いてます。 それではまた。 いい出会いに感謝! 空羽(くう)ファティマ ……………………………
      以下は切り絵作家海扉〔カイト〕アラジンからの返事 はじめまして。 キャメルン シリーズ 切り絵作家 海扉〔カイト〕アラジンです。 昨日、ご注文頂いた本の郵送費用不足でご迷惑をお掛けしてしまって、スタッフみなで、その情報を共有しており、本当に申し訳ないことをしてしまったと反省しておりました。 でも、それがきっかけで、こんなに素敵なメッセージを受け取らせてもらえるなんて、、本当に嬉しいです。 本が届く前に、「キャメルン人魚に恋をする」を読んでくださっていて、思いを馳せた友人からの電話、ファティマが直接連絡しなければならなかった郵送ミス、、と色々なことが重なっての出会い、、 仰られるように、きっかけをくれた三浦春馬さんからの贈り物ですね。 三浦春馬さんのローラは、とてもとても魅力的で、彼自身、心から愛した役だったろうなぁ、、三浦春馬さんが喜んでくれるといいなぁと祈りながら切り絵を作りました。三浦春馬さんの想いも強く入っていると思います。 だから、多くの人を惹きつけて、このような奇跡も起こしてくれるのだと思います。 そのおかげで、キャメルンシリーズと出会って下さり、切り絵を見ながら物語に心を動かして、、友人にもお知らせしてくれて、、本当にありがとうございます!! 切り絵の作者としてこんなに嬉しいことはありません。 切り絵作家 海扉〔カイト〕アラジン

      ……………………………
      もし、こんな長い文を最後まで読んでくださった方がいたら、ありがとうございます、
      スタッフの記録用に投稿しておく文として載せました。
      いろいろ、失敗やら学びやらありながらも、12年間キャメルン 活動を続けてこられることは、幸せです。
      そして、 心あるスタッフ共に活動できること、とても感謝しています。
      | - | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ケガした鹿1匹すぐに、助けられない国が人の命、守れるのか?
      0
        ケガして3日間も線路でうずくまっている 鹿1匹を【東武鉄道と埼玉県で今後の対応をどうするか協議】と昨日 ニュースでやってて驚いた。   アメリカとかなら動物だって すぐに助けてくれるのに。 よく、動物のレスキューをやっているのをみると、 動物に優しいところはアメリカ??素敵!って思ってた。 JAPANは、シカ1匹で、そこまでシリアスに【協議】しなくては ならないのか? 「助ける?」「どかすだけ?」「それでクレームでたらどーする?」とかを悩んでいたのか? 奈良では大切にされてる鹿さんなのに。 気になって今、調べてみたら やっと、線路からは、どかしたらしいけど、頭から血を流していたという その鹿ちゃん そのあと どうなったのだろう? この対応の遅さと、いちいち、このくらいで「協議」してないと、解決できない国だもん、 学校のいじめだって  「助けて」と言ってるのに学校は、「イジメと認識しない」内に、、、どんどん悪化して子供たちの心が追い込まれてしまうんだ、、。 これはただ、動物愛護の問題ではないと思う。 #命 #動物と子供に優しくない国はダメ
        | - | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        クレームについて
        0
          【クレームについて】世の中にはいろんな人がいる。いろんな意見はあるだろう。言論の自由もある。 でも、性被害を受けた人へのバッシングだけは、、やめてほしい。。 勇気を振り絞り、、、 打ち明けても信用されずに否定されたり、、責められるために、性被害にあった子供たちが声を上げられない社会のままで いいのだろうか?と問いたい。 私も、今まで、、 絵本作家として キャメルン シリーズ喉の自作の本の朗読コンサートしているときは、、 辛口コメントをもらったとしても、 「朗読コンサートでファティマさん、泣きすぎです」くらいだった。 震災で亡くなった佐藤愛梨ちゃんの 生と死を描き、命の大切さと日々の尊さ伝えた絵本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」は、 NHK ニュースウォッチで2回も大々的に、取り上げられたこともあり、、 他のご遺族の方から、子供の死という重いことを扱ったのだから、何か言われるかもしれない、、とも、覚悟していたが、、 NHKさんが驚いていたが、 一通のクレームも届かなかったと言い、こんなことは通常の番組ではないと、言われた。どんないい番組でも、クレームは来るものだからと。 天国の愛梨ちゃんが守ってくれたのかなと思ってる。 大分の剣道の部活で顧問のシゴキにより亡くなった工藤剣太くんの本「剣太の風」 にも、クレームは受け取ったことはない。 皆さんの心に まっすぐ届いたことに感謝している。 ただ、、今回は、 社会現象になっている #三浦春馬 について書いたので、、、 今まで書いたのものは、違う反応は来て当然だと、は覚悟はあった。。 …………………………… キンキーブーツを見てローラに胸をわしずかみにされた、わたしは 三浦春馬さんについて書いた月刊誌に載り それが、Yahooニュースに全文出た直後は、、、もちろん、 賛否両論いろんな意見を頂いた。 (今は ‘何度も読み直して癒されてます。書いてくれてありがとうという’という意見しかこなくなった。) が、当初は、、、 三浦春馬さんという世の中で今、こんなに注目されている人のことを書いたことで、、かなり、、覚悟はしていたが、 ものすごい熱量の意見もその中には確かにあった。 ただ、その方たちは、私のような ローラを見てファンになった者よりずっと前から彼のことを大好きでいた人たちなのだ。 そりゃ、当然だと思えた。 ローラをみてからの 新しいファンのわたしは、彼の凄さをわかって長年にわたり、ファンでいたその人たちを「ローラをやる前からのファンなんて、、見る目があってすごいなあ、」と、尊敬していたので、 辛口の意見を頂いても、それは彼を本気で想う気持ちからなのだろうな、という目で読めたので、 ただ、 悪意のみでの、誹謗中傷を受けている、とは受け取らずにすんだ。 なぜならば、辛口の中にも「文章がうまいことは認めるが」とか、 「よく、調べて書いては いることわかるが」とか、「いいことも書いているが」とか、 怒りながらも、作者に対しての優しい言葉も入れてくださっていて、 100%否定ではなく、 新しいファンだけど、春馬さんへの、わたしの気持ちも受け止めてくれた上で、、、でも、長年のファンとして、ここは言いたいっ!!という思いで たまらずに書いたものだとよくわかった からだ。。 なので、彼のファンを通して 彼自身の凄さを改めてまた感じたのだ。 、、、、、 だが、、 性被害を受けて、十分傷ついている人に向かってそれを否定したり、することはあってはならないことだと思う。 言論の自由なら何を言っても自由、というのは、ちがう。 自由が与えられているからこそ、言葉には責任を持ち、「もし、じぶんがその相手ならこれを言われたらどうだろう?」と考える最低の想像力を持った上で、書いて欲しい。 意見を言う人、ものを書く人、それをすることは、とても勇気がいるのだ。 どんなに、誇りと責任を持った上で 行動したとしても、、だ。 顔も知らない人に いきなり否定されることは、そりゃ怖い。当然だ。 怖くないわけはない。 芸能人はそれが仕事なんて、 言われてるが、人に叩かれてまったく傷つかない人なんているわけはない。 昔、オーラの泉という美輪明宏さんの番組があって、そこでは、多くの芸能人が、「自信がない」と言っていて驚いたものだ。 春馬さんもそうみたいだったけど、 みんなに褒められても それを自分では受け入れられず、もっと、もっと、を求めてしまうのだろうな。 だからこそ 努力して芸が磨かれるのだろうけど。。 「自信がある」と言える芸能人って意外に少ないのだ。 だから、叩きすぎたらかわいそうだよ。 自己肯定感がないからこそ、みんなに受け入れてもらいたくて芸能人になる人も多いのだと思うから。 その人を 遠慮なくものすごいたくさんの人が、全否定したらそりゃ潰れる。 もし、否定したいならば、してもいいけど、 否定する側も、勇気がいるほどの、責任と誇りを持ってそれに向かい合った上で、意見を言って欲しい。 そこまでしても、本当に伝えたい言いたい意見ならば、そこまで相手を追い込めないのでは?と思う。 簡単に一時の感情で、言えてしまうSNSの怖さ、もっと、感じないとだ。 …………………………… 三浦春馬さんのファンは、【春馬さんが礼儀正しくて優しいからファンの人も、優しい】と、聞いたことがあるが、 本当にそうだったと、いま、思う。 ありがたいです。 なので、、感謝を込めて、、 彼を亡くして喪失感に悲しむその方たちのために、 創 の表紙とカラーページに載った、海扉〔カイト〕アラジンのローラの切り絵が喜んでもらえたので、、 春馬さんの また新しい切り絵の制作に入ってます。 寒くなると気持ちもより沈むと思うから、 せめて少しでも、「わあ??(*´?`*)?? 」って思えるように、、。 彼のファンでない人の 気持ちもほっこりできる作品を目指しますね? …………………………… #死して尚生きる人#三浦春馬 彼の死を通して見えたもの#天国の彼が喜んでくれる切り絵を作りたい#キンキーブーツ#kinkyboots #harumamiura #空羽ファティマ #クウファティマ  @coofatima #絵本作家 #キャメルンシリーズ #愛と命と希望  #切り絵 #海扉アラジン #カイトアラジン #朗読CD #朗読 コンサート #papercutting #cutoutpicture #kaitoaladdin
          | - | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          Yahooニュースのネット記事では最後に載せた ホイッスルダウンの歌詞がカットされてますが、最後はとても大切なので、これを読んでください。本ではなく、ネットを読んだ方は。
          0
            月刊創 のネットに載ってる私の記事の最後ですが、、本だと 三浦春馬さん主演の舞台、ホイッスル ダウンザウインドの歌を最後の締めとして書いたのですが、 ネットに出てる記事だと、その歌詞はカットされて載っているのですが、、 この記事の最後はわたし自身の文章ではなく、 彼が歌ったこの歌をどうしても 載せたかったのだ。 、、ということは、言いたいのです。。 三浦春馬さん歌う「恐れないで」の歌はこちらで聞けます。 超うまいです、、。 しみます。。 https://youtu.be/5Na64qFT464




            では、原稿をコピーして載せますね、三章からです。

            ……………………………







            | - | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            新聞に三浦春馬さんのファンと思われる方から人生相談が来ていた、
            0
              す毎日新聞の人生相談に三浦春馬さんのファンと思われる方からの人生相談が出ていた。きっとこういうひと、たくさんいる。 エンターテイナーは、ファンに支えられているのも事実。 そして、エンターテイナーの輝きにファンが元気をもらう。 それは、ギブアンドテイクの関係であって、そこバランスが取れていたらお互いにお互いを支え合い感謝し合う関係なのだろう。 でも、ちょっとでも、バランスが崩れると彼らの影響は大きいから大変なことになってしまうのだろうな。 7月から女性の自殺がすごく増えたというのは、コロナだけではなく、彼を失った衝撃とショックも、かなり関係していると思う、、。 寒くなると気持ちも 沈みがちになるし、前より気楽にランチとか行けなくなっている環境だし、、 マスクで相手の笑顔も見えないし自分もマスクしてるとしてないのとでは 表情筋も動かさないし。 人間は 楽しいから笑うのではなく笑うから楽しくなる。のだ。 意識して笑おう。ここをなんとか乗り越えよう。 彼が旅立って3ヶ月。 もう、いないという、喪失感をすごく感じる時期だね。。

              でもね、彼は #死して尚生きる人、だと、記事にも書いたようにね、 寒くなってきて 気持ちが沈むであろうみんなの心が、ほっこりするようにと、、 表紙のローラの切り絵を切った海扉〔カイト〕アラジンに頼んで 新たな 彼の切り絵 また、作ってるから楽しみにしててね!(???? #三浦春馬 その死を超えて 死して尚生きるひと





              #三浦春馬 死して尚生きる人
              | - | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              フラの先生を偲んで。。
              0
                娘が習っていたフラのH先生が亡くなった。 本当に周りを明るくする素敵な笑顔の先生だった。小学校の時お友達に無視されて担任の先生しか話し相手がいなかった時に フラがあってよかったと感謝している。 たいていの子は、そういういじめや仲間外れを経験してる。 その中には、大好きなママに心配かけたくなくて黙っている子も多い。 学校だけでない、自分を解放できる場所、、フラダンスだったり、絵を描く場所だったり、、役に立つ「勉強」ではなく、単純に楽しめる場所が、子供の気分転換になると思う。 今、マスクをしていると 笑う回数が半分以下に減るらしい。 顔の半分しか、自分の表情も相手の表情も見えない中で、 ソーシャルディスタンスとりながらのコミュニケーションは、今まで以上に相手への思いやりや、 意識的に笑顔になることも必要になる。 人は 楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる、らしい。 いつも素敵な笑顔のH先生、ありがとうございました。 先生に会えて繊細に腕や指を使い踊ることを学びました。 大分の剣道の部活で顧問のシゴキにより亡くなった工藤剣太くんの本「剣太の風」 の朗読コンサートでも、悲しいお話のラストシーンには、 温かなフラを皆さんにお届けすることもできました。 大人になったらいつかまたフラをしたいと言っております。その時は天国から見守っていてください。 先生の笑顔、忘れません。 たくさんの思い出と感謝を込めて。 ありがとうございました。






                | - | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                キャメルン シリーズ 切り絵作家 海扉〔カイト〕アラジンよりメッセージ
                0
                  キャメルン シリーズの切り絵作家 海扉〔カイト〕アラジンより。


                  月刊「創」で、ミュージカル「キンキーブーツ」で、三浦春馬さん演ずるローラの切り絵を表紙にしてもらって、読者の皆さんから喜んでもらえているとメッセージをいただいて、とても嬉しいです。 この機会に、今までどんな作品を作ってきたのかを皆さんに紹介していきたいと思います。 まずは、 絵本「ラクダのキャメルン空を飛ぶ」 ラクダのキャメルンシリーズの記念すべき第1作目 2008年11月22日(いい虹の日)に誕生!! 表紙は、大きな翼を羽ばたかせ、虹へ向かって、空へ飛んでいくラクダのキャメルン。 ゴールドの背景に、赤の湧くが印象的な色合い。 作者、空羽(くう)ファティマと、相談してタイのお寺の荘厳なイメージになりました! 廻りの赤の枠は、お話しの始めから終わりをイメージした絵をあしらっています。 イタリアの教会に行ったとき、ステンドグラスに、聖書の物語が順に描かれているのを見て、「ああ、わたしも同じ事を思いついて作ったんだなぁ。 人間の思い付きって似てるんだなぁ。」ステンドグラスの職人と、時を超えて繋がっているような感覚がして感動したのを思いだす。






                  <











                  br />

                  | - | 03:22 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                  海扉〔カイト〕アラジンの美しい切り絵、ここでみられます!
                  0
                    創 の表紙のローラの切り絵が、大好評のキャメルン シリーズの切り絵作家 海扉〔カイト〕アラジンの
                    切り絵、ここでみられます。

                    キャメルン シリーズの本につけた切り絵やら、朝日新聞と毎日新聞の私のコラムにつけた切り絵など。
                    https://instagram.com/kaitoaladdin?r=nametag

                    キャメルンのしっぽ、切り絵&英語教室さんのプロフィールページ https://profile.ameba.jp/me?frm_id=v.jpameblo&device_id=bccc5871be134600ad42a4c118da5423


                    | - | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    売り切れた11月号欲しい方へ
                    0
                      【Facebookとブログ読者だけに お知らせします】 創 の11月号、10冊だけ前橋ケヤキの紀伊国やに 14日に入荷するそーですっ! 電話予約もできるかもです。 前橋紀伊国やさんは、「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」も180冊も買い取ってくれたり、ずっと、キャメルン シリーズを扱ってくれているお付き合いのある本屋さんです。 創 出版にはもう、在庫がないのですが、、売り切れ前に 追加注文かけてくれていたので、 ギリギリ間に合って10冊だけ入荷可能だそうです。 高崎ブックマンズも、前橋ブックマンズも、売り切れて もうありませんでした。 「本屋さん何件も見つけて探した」という 春馬ローラ表紙の貴重な本なので、すごく、欲しい方の元に いきますように、 お知らせします。 電子書籍なら 創 のホームページから、買えます。 巻頭カラーページのない、カット版なら、Yahooニュースで無料で読めます。
                      | - | 22:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - |