CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< メッセージを込めた写真の意味 | main | 「人生は宝探しゲーム」〈 想いの チカラ 〉空羽(くう)ファティマ の 毎日新聞コラム >>
Facebookにもう少し詳しく書いた投稿
0
    【9月14日の‘ご無沙汰してます’の投稿につけた 写真の意味】 14日に投稿した時は、まだ、いろいろが水面下で動いている時で  まだ、書けなかったから 【分かる人にはわかってくれたらいい】思い、この紺の色をバックにした写真を載せましたが、、、元の写真はこれです。。↓ 話してもよくなったので、 「あれはなんだったんだ?」と聞かれるので お知らせしますね。 それは、この本↓ 気づいた人、いたかな?この六角形の白い枠がポイント。 天井の照明が映り込んで夕日みたいに、なっているけど、 簡単にわからないほうがいいから、 そのほうがいいかなって思ってそのまま載せた。 三浦さんは、「表現者」として、いろんなメッセージを届けた人だったので、私も写真にメッセージを込めてみたのでした。 この写真が 三浦春馬さんの本の「日本製」の一部だとわかった人には、私が書いた原稿はそのことについてのものだと、わかると思って載せた写真です。 そして、 いよいよ、明日、毎日新聞のコラムに載るけど、 コラムに書くのを許されたのは、春馬さんのことだけではなく、遠回しに書いたものです。 だって、そうじゃないと紙面には載らせてもらえなかったから。 でも、その中にも、メッセは込めました。 三浦さんの事件はとてもナイーヴなことだったので、突っ込んだことを書くことは、新聞のコラムとしては掲載直前にやはり無理、ということになったのです。 でも、、今となってはそれでよかった。もっと、適した媒体で載せられることになったから。、ということを昨日の投稿に載せたのでした。 【でも、突っ込んだ内容と言っても、、それは 事務所の悪口とか お母さんのネタとかそういう、 誰かを責めたり 責任を追求する書き方はしたくないので、 あくまでも 、、、 キンキブーツのローラに出会い胸を鷲掴みにされた私が 彼のことを ものすごく調べた後で  わたし自身が感じたことと、 ‘あんなに未来を据えて努力した、生きるのに情熱を持っていた彼さえまでもが、死ななくてはならない社会のままでいいのだろうか?、、’ という、 私たち自身への社会への問いかけとして書きました】 実際、「あんな素晴らしい彼が死んでいるのに、こんな社会の役に立たない自分が生きていていいのだろうか?」と、思い悩み 彼の後を追いたいと思ってしまう人は多いのです。 そういう方へのメッセージとしても書きました。(;_; それから、「命の長さ」ということについても、、。いろんな角度から書きました。 どこに載るかは、〈 想いの チカラ 〉空羽(くう)ファティマ の 毎日新聞コラム の中に 昨日追記で書かせてもらいました。 それで 〔人間万事塞翁が馬〕と思ったのでした。 その意味は 【表面的に起きたことだけを見て、落ち込むのではなく、そこにはもっと深い意味がある】ということです。 …………………………………………………………生きる力になる言葉なので、、、 ここに詳しく載せますね。。 にんげん ばじ さいおうがうま。《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」 [補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、 数か月後、胡の駿馬(しゅんめ)を連れて帰ってきた。その老人の子がその馬に乗り落馬して足を折ったが、おかげで兵役を免れて命が助かったという故事から。 …………………………… 人間万事塞翁が馬 【読み】にんげん ばんじ さいおうがうま 【意味】人間万事塞翁が馬とは、人生における幸不幸は予測しがたいということ。 幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、 安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえ ……………………………もう少し長い例え話があるから、探すね、、。 あ、これこれ。↓ 【人間万事塞翁が馬の解説】 【注釈】昔、中国北方の塞(とりで)近くに住む占いの巧みな老人(塞翁)の馬が、胡の地方に逃げ、 人々が気の毒がると、老人は「そのうちに福が来る」と言った。 やがて、その馬は胡の駿馬を連れて戻ってきた。 人々が祝うと、今度は「これは不幸の元になるだろう」と言った。 すると胡の馬に乗った老人の息子は、落馬して足の骨を折ってしまった。 人々がそれを見舞うと、老人は「これが幸福の基になるだろう」と言った。 一年後、胡軍が攻め込んできて戦争となり若者たちはほとんどが戦死した。 しかし足を折った老人の息子は、兵役を免れたため、戦死しなくて済んだという故事に基づく。 単に「塞翁が馬」ともいう。 人間は「じんかん」とも読み、「人類」ではなく「世間」を意味する。 ………………………… ……………………………???????? この言葉はいつも落ち込んだときに私も自分に、言い聞かせている言葉です。今回もそうでした。 私の座右の銘と言ってもいいな。 「明けない夜はない」と、この 「人間万事塞翁が馬」がわたしの座右の銘だな。 #三浦春馬 #人間万事塞翁が馬 #ピンチはチャンス #それぞれの人が自分らしく生きられる社会にしたい #三浦春馬さんが もしも望むならこの原稿を世に出してと、祈ってた。
    | - | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。