CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< ピンチをチャンスにしたぞ! | main | Facebookにもう少し詳しく書いた投稿 >>
メッセージを込めた写真の意味
0
    【9月14日の投稿の写真の意味 】 14日に投稿した時は、まだ、言ってはダメだったので
    分かる人にはわかってくれたらいいと思い、この紺の色をバックにした不思議な写真を載せましたが、、、写真はこれです。。




    そろそろ、話してもいいと思うので  「あれはなんだったんだ?」と思ってる方のために その写真はなんだったかをお知らせしますね。 それは、この本。


    気づいた人いたかな? 天井の照明が映り込んで夕日みたいに、なっているけど。 簡単にわからないほうがいいから、 そのほうがいいかなって思って載せた。


    三浦さんは、「表現者」として、いろんなメッセージを届けた人だったので、私も写真にメッセージを込めてみたのでした。

    写真が三浦春馬さんの「日本製」だとわかって人には私が書いた原稿は三浦春馬さんについてのものだと、わかると思って載せた写真です。
    この時はまだ、いろいろが決定してなくて 水面下で動いていたからはっきり断言はダメなときだったから。

    そして、 いよいよ、明日、毎日新聞のコラムに載るけど、 コラムは 遠回しに書いたものです。 だって、そうじゃないと紙面には載らせてもらえなかったから。 でも、メッセは込めました。

    この件はとてもナイーヴなことだったので、新聞にはちょっと突っ込んだことを書くことは、掲載直前にやはり無理ということになったのです。

    でも、、今となってはそれでよかった。もっと、適した媒体で載せられることになったから。
    それはコラムの中に 昨日追記で書かせてもらいました。
    それで
    〔人間万事塞翁が馬〕と思ったのでした。その意味を知らない方のために説明しますね。 【表面的に起きたことだけを見て、落ち込むのではなく、そこにはもっと深い意味がある】ということです。

    …………………………………………………………


    《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」 [補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後、胡の駿馬(しゅんめ)を連れて帰ってきた。その老人の子がその馬に乗り落馬して足を折ったが、おかげで兵役を免れて命が助かったという故事から。


    人間万事塞翁が馬 【読み】にんげんばんじさいおうがうま 【意味】人間万事塞翁が馬とは、人生における幸不幸は予測しがたいということ。幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえ。


    【人間万事塞翁が馬の解説】 【注釈】昔、中国北方の塞(とりで)近くに住む占いの巧みな老人(塞翁)の馬が、胡の地方に逃げ、人々が気の毒がると、老人は「そのうちに福が来る」と言った。 やがて、その馬は胡の駿馬を連れて戻ってきた。 人々が祝うと、今度は「これは不幸の元になるだろう」と言った。 すると胡の馬に乗った老人の息子は、落馬して足の骨を折ってしまった。 人々がそれを見舞うと、老人は「これが幸福の基になるだろう」と言った。 一年後、胡軍が攻め込んできて戦争となり若者たちはほとんどが戦死した。 しかし足を折った老人の息子は、兵役を免れたため、戦死しなくて済んだという故事に基づく。 単に「塞翁が馬」ともいう。 人間は「じんかん」とも読み、「人類」ではなく「世間」を意味する。 ……………………………この言葉はいつも落ち込んだときに自分に言い聞かせている言葉です。私の座右の銘と言ってもいいな。

    「明けない夜はない」とこの
    「人間万事塞翁が馬」がわたしの座右の銘だな。


    #三浦春馬
    #人間万事塞翁が馬
    #ピンチはチャンス

    #三浦春馬さんが もしも望むならこの原稿を世に出してと、祈ってた。
    | - | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。