CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< その一歩、踏みとどまって欲しい。、 | main | ピンチをチャンスにしたぞ! >>
【それでも一歩を踏み出す勇気】
0
    昨日やっと、今回異例に、OK出るまでに2か月もかかっていた 〈 想いの チカラ 〉空羽(くう)ファティマ の 毎日新聞のコラムの原稿の掲載が21日に決まったので、、そろそろ少しぶっちゃけ投稿します。(今はなにがぶっちやけ、か まだ、わからないかもだけど、ちょっと後になればわがるような、投稿をできます〕<
    今回のコラムは あまりにカットを要求されて、、 【分かる人にだけ わかればいい】の書き方を しなくてはならなくなりました。 なので、心のアンテナ立てて察しながらお読みくだされば、と願ってます。
    …………………………… 今までブログを読んでくださってる方はご存知でしょうが、 私、空羽(くう)ファティマはこの12年間、「命の大切さ と日々の尊さ」を伝える本を出版し、その本を朗読コンサートで 医療者や、教育関係者のキャメルンスタッフたちと、共に舞台や、学校現場で表現し伝えてきた絵本作家です。 母である私が、その活動の中で、力を入れていたのはイジメで亡くなる子供たちが、少しでも減るように活動してきました。
    だから、自ら命を経つ、自死、に関しては けして その子たちは死にたいのではなくもう、追い詰められてどうしようもなくやってしまうとわかっているけど、<命より大事な子供を失う母親の立場に立つと、<
    「学校なんてやめていいから、、、
    とにかく  それでも  それでも生きていて欲しい!!」と強く願って活動してきました。
    けれど、、 7月18日に、いきなり自ら命を経ったと言われている俳優 三浦春馬さんについては、、
    本当にものすごく
    ものすごく、ものすごく、、ものすごくカケル100000000000.....ものすごく想うところがありました。 <
    それまでは 彼に対し 好感は持っていましたが、超熱狂的なファンというわけでもなく、「イケメンの純粋そうな目をした俳優さん」という気持ちでセカホシや、ドラマを見ていた私でしたが、
    キンキーブーツのローラを一目見たとたん!!!!えっ?!これが、あのシャイな三浦春馬さんか?!と思うほどの自信に満ちたオーラ!その輝き!表現力と歌唱力とダンス、すべてに、、、ドキューン!!!といきなり胸をわしずかみにされたのでした。

    ‥‥‥これは、彼のファンとか、ファンではないとかそんな小さな問題ではなく!!!!、
    完璧主義な人は 自分に厳しすぎるとかいう正論を知りつつも、それを超えて 【こんな生きるのに前向きな彼さえも、生きられない社会で、いいのか??】という問いをみんなで考えなくてはならないと、強く強く強く思いました。
    < このことを、、いろんな意見があるだろう世の中からの中傷などを恐れて 、、、自分の中にだけ貯めておいてシェアしなかったらば、今まで「命の活動」をしていた意味がないとさえ、思えました。


    ‥‥‥今日はこのくらいでやめておきます。話出したら全部書いてしまいそーですから、、。。実際、すごく、話したいし!! ………………………………………………………… 〈 想いの チカラ 〉空羽(くう)ファティマ の 毎日新聞コラム に書いているコラムは大きなニュースが起きなければ 21日に載る予定です。もし変更したらまた、ここに連絡します。 < コラムでは、、今回、初めて今までになく文章がたくさんカットされました。。、それで、OKが出るまでこんなに時間がかかったのでした。。2ヶ月間コラムが紙面に載らなかったのはそういう理由でした。


    たくさんカットされた文章ですが、それでも、【分かる人】が読んだなら、わかってくれる内容を埋め込みました。どうか察してください。。新聞はコンビニでも買えます。 よかったら ぜひ紙面を手に取り読んで欲しいです。心を打つ切り絵もつけてます。 今回のコラムは、、 私がこれから、始める ‘ある計画’の第一歩になります。 心ある方に 共に その道のりを分かち合って欲しいのです。
    内容を今はまだ詳しく話せなくてごめんなさい。 新聞紙面に掲載されたあとに、Facebookではなくこのキャメルン ブログに
    カットされる前の全文を載せます。

    【ただ、それは、一番初めに書いた三回連続の原稿ではなく、それは、載せられないと言われて、、、そのあとに書き直したものです。、ソフトに書き直したものも、掲載はダメだと言われて  工夫に工夫重ねて、、書き直し作業をしていて、、時間かかってました】
    その、書き直した原文、それをブログに載せます、だってここは私の自由発言の場所だから。
    【あ、誤解して欲しくないのは、そこには事務所の悪口とか、母親が悪いとか、特定の誰かを責めるようなことは一切書いてません。私が伝えたいのはそういうことではないからです。 < なので、もし、事務所の方がこれを読んでもご心配には及びません。一切事務所のことは書いてませんから。でも、事務所の方も一緒に考えて欲しいと思いますので、よかったら読んでください。
    自分にとっては良いと思うことも、 本を出版したり、新聞にコラムを書いている自分の立場のような、人間が書くことには抵抗も怖さもあるのは、正直あります。。

    だから、本当に悩みました。何度もやめようと思いました。誰に読まれなくても、精一杯全身全霊で、書き上げたことで、満足もした自分もいました。
    そして 今までずっと、彼のファンだった人に、敬意を感じながら心を込めて書いた文章だということは、 誓って言えます。

    「それでも一歩を踏み出す勇気」を出して、投稿します。
    #命
    #生きる
    #三浦春馬
    #自殺
    #こんなに生きたいと願っていた彼が死ななくては ならない社会でいいのか? #みんなで、考えたい





    ……………………………

    追伸。。。。空羽(くう)ファティマのFacebookには、今回この文は載せずに
    以下のようにFacebookには投稿しました。。。。。

    今回異例に、OK出るまでに2か月もかかっていた 〈 想いの チカラ 〉空羽(くう)ファティマ の 毎日新聞のコラムの原稿が  あらたに、書き直したものにもかかわらず、 またもや かなりカットされたうえで、 掲載が 昨日やっとOKでて、明後日の月曜日 21日に掲載が決まったので、、そろそろ少しぶっちゃけ投稿を  【キャメルン ブログ】の方に載せます。 今回のコラムは  【分かる人にだけ わかればいい】の書き方を しなくてはならなくなりました。 私のような 自由人のタイプは、誰かのお許しを得て何かを書くというのは、本当に合わないと、つくづく思い知りました。。 (特に新聞は固いから まあ、、、しかたないのだろうとは、思いましたが。 その媒体に あえて私が描くことは、言葉を選びぬく、といういい勉強にはなりました〕 それでも、言葉の工夫を重ね なんとか最低限のメッセージは込めたコラムは、、 みなさんの、心のアンテナ立てて察しながらお読みくだされば、と願ってます。 …………………………… この続きは blog.camelun.com キャメルン ブログに載せました。
    | - | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。