CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 玄関ですぐに手は消毒しないと、家の中にウイルスを持ち込んでしまう。 | main | 「ペンキが手についた」と、ウイルスはペンキをイメージすると、わかりやすい >>
気持ちが暗くなる今だからこそ
0
    【気持ちが暗くなる今だからこそ】 どんどん死者も増えているこの状況。。日本も医療崩壊になり、失業者が増えて自殺者も犯罪も増えるだろう。。それに地震や大雨の災害が加わってしまったら、、 人の集まる避難場所ではコロナは蔓延するだろう。。 などど、、 コロナの事を色々、思うと心が暗くなる。。。 だから、何か今こそ クリエイティブな事を!楽しい事を考えないと!! 、、と思い 8月に出版する本の制作の朗読CDの収録、編集を残しているが、 その次の曲の歌を作ろうと昨夜思いついた。 全てのキャメルン シリーズには、その本にあったテーマソングをつけて朗読CDに入れているから。 8月に出す「言葉」「「夢の続き」キャメルン シリーズ16〔言葉の続編)「誇り」 の三部作 を一冊にまとめた、本の次に出すのは 魔女ムルーラの400歳の誕生日について描いた【ハピバースデイおばば】か、 養子のことについて描いた【超えるもの】にしようと思っているが、 ハピバースデイオババの歌は、以前に毎月 前橋の子ども図書館 元気21で、このママの子供のための朗読コンサートをしていたときに (この時は ママにリラックスしてる朗読コンサートと、その後のわたしの講演を聞いてもらうために、キャメルンスタッフ12人が 無料で託児をして おんぶに抱っことかしながらすごーいすごーい頑張ってくれたなぁ。。 毎回生演奏とダンスとコラボした朗読コンサート、この回は7歳だった娘にダンスしてもらったっけ。 その時のダンスの振り付けの指示の紙がコレ。^_^; ?? 「とにかく ダンスはね、楽しそうに踊ればいいのよ」という、ママからの指示f^_^;) 講演の後の、質問コーナーでは、白熱して 朗読コンサートと講演と質問入れたら3時間にもおよぶこともよくあり、その間、スタッフたちはお腹空かせる子供のためにおにぎりやおやつを作ってきてあげたり、本当によく頑張ってくれたなあ、、 あの3年間があったから、スタッフの絆も、深まり キャメルン 活動というものが確立できたと思う。 朗読コンサートも講演も託児も無料の子育てママへのご奉仕のその活動は、スタッフたちの仕事が 産科医になったり助産師になったりして、休みがみんなが合わせて取れなくなり 人様の子供さんを預かるのには人数が足りなくなり 311の停電期間がきたとき、、3年間やって終わりになったが、 あれは思い出深い日々だったな。、、、 まあ、とにかくそのときに この本を読んだ時に作って歌った歌があり、、 作詞はしてあるのでそれに、中西アーモンド先生にメロディをつけてもらうことにした。 アーモンド先生は「夢の続き」の演奏をもっこと、してくれている先生なので、その続編の、本には、彼女の色を続けるのはいいと思ったからだ。
    | - | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。