CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 学校で失う子供の感性もある。。 | main | チャイルド デス、レビュー!ついに導入へ! >>
5/24の朗読コンサートのバックに流れる曲、チェロ、バイオリン、ピアノのリハーサル風景です。
0
    この動画は、『5/24の言葉の朗読コンサート』に朗読のバックに演奏する曲であり、(なんて贅沢っ!) そして、また新しいキャメルン シリーズの朗読CDに入れる曲でもある、チェロ、バイオリン、ピアノの演奏のリハーサル風景です。 《うちのキャメルンスタッフのピアニストである、ロスが作曲した曲をバイオリン東喜峰先生、チェロ横尾武宜先生との理科室での練習風景です。》 練習風景で撮った動画が6曲、 あるので、まずは「言葉」より【永遠の愛】という曲をまず、聞いてください。 キャメルン シリーズの「言葉」の本は....魔女ムルーラが、恋した相手.北の国ルイトルシカの王、ロストルシカ。 雪降る中で繰り広げられる二人の切なく美しい恋のストーリーを見事に表現した名曲です。。、 すぐ続けて、他の曲も投稿しますね。 …………………………… 以下はお二人に送ったラインです。 …………………………… ラックこと東先生&横尾先生へ。 ラックには、「言葉」の朗読コンサートでは、何回も本当にお世話になり先日メールしましたが、 今回は更にパワアップするために、横尾先生という素敵な演奏者の方をご紹介頂き本当にありがとうございます。 横尾さん、まだお会いしたこともないのに、こんなに素敵な演奏をしていただき本当にキャメルンスタッフ一同感動し感謝しております!m(_ _)m ご挨拶もしてないうちに、リハーサルを重ねどんどん素敵な演奏をしていただいていることは、 【靴屋さんが寝ているうちに、 コビトさん達が靴を作ってくれた】という、小さい頃に読んだ本を思い出します。??(*´?`*)?? キャメルンスタッフのピアニストである、ロスこと、樋口のピアノは、 「ホテルの朝食メロディ」♪と キャメルンスタッフの中で言われているロマンティックな雰囲気を持つメロディが特徴ですが、 チェロの横尾さん、バイオリンのラックが入ってくださり、今回3人で演奏している動画を見させていただくと、 ますますロマンティックさと、ゴージャスさを増して、、もう、これは、 ただのホテルの朝食ではなく いろんな国を旅した私が一番素晴らしい朝食だと感じた、 海が格別綺麗なモーリシャスの 豪華なホテルの朝食そのものですっ!!ヽ(´▽`)/ 焼き立てのクロワッサンや、フランス領のモーリシャスだからこその、美味しいワッフルやパンケーキ! 色とりどりのフルーツや、朝からワクワクするデザートや、ふわふわのオムレツやら、飲みきれない種類の生ジュースとか、、 ああ、また、食べたいっ!いつかまた行きたい! その光景が浮かんでくるリッチな気持ちいい、本当に素敵な演奏でした。これが練習だなんて、本番はどんなかと思うと、、こんな曲をバックに朗読したら、感動しまくって、、号泣してしまうと今から心配です。。 ……………リッチな白いリラックスチェアに横になり、真っ青な透き通った海辺で過ごす時間に 似合うそのバックに流れる曲、、それが皆さんが演奏してくれた音のイメージです。 私は絵本作家で、音楽は専門ではないので、詳しいコード進行やらを褒めることはできないのが、残念ですが、音楽が詳しくわからないなりに、 この曲達を作曲し、編曲し、 バイオリンとチェロの楽譜を新たに付け、おたまじゃくしを丁寧に書き仕上げてくれてロスは、、 きっとすごい、すごい、細かいこだわりの中でその、「コード進行」やら「和音」のバランスが作られて、 そのこだわりのメロディの上に、バイオリンとチェロの音をいかに載せようかと、 工夫して、苦労して、楽しみながら、、心を込めて ここまでにしてくれたのだと想像します。。。 そして、ラックはお久しぶりにもかかわらず、、、 横尾さんにおいては、まだ一度もお会いしたこともない私たちのために、 そのロスが産んだ音符達を受け取ってくださり、 お忙しい中に時間を作り練習してくださり、、3人で合わせてこうしてリハしてくださっている、、、 それって、奇跡みたいにありがたいことです、、、(;_;)(T_T) ‥‥‥私たちキャメルングループは、活動12年目になりますが、震災支援の寄付を続けていて、自分たちのお金が貯まらず 年に一冊本を出版するのさえ、ヒーヒー言ってる状態なので、こんなに素敵な演奏してくださっても、お金のお礼はできないのに、快く協力してくださって本当に本当に本当にありがたく、ただただ、感謝しかありません。 何も、お礼ができないのですが、5/24の本番のステージは、「ああ!この会に参加して楽しかった! 素敵なバレエダンスと、創作ダンスと、朗読のバックで演奏して、本当に気持ちよかった!」 と、必ず思えてくださるような会にすることだけは、お約束します。 それしかお礼ができませんが、 それがキャメルンスタッフ私たちの精一杯のお礼であり、 それが、、皆さんの音楽家としてのハートを温めてくれる時間になると、信じております。 本当に本当にありがとうございます。 次のリハは、もしお邪魔でなければ、ぜひお邪魔させていただきたいです。 絵本作家。空羽(くう)ファティマ

    、、、動画は、ブログに載せられないので空羽ファティマのFacebookをご覧ください。

    | - | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。