CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 中村氏の続編書くことにした! | main | コラムの切り絵のフレームは、アフガンの国旗をイメージしたものに >>
中村氏のコラムの追伸。後編、早速もう、書き上げたあ!
0
    そして、追伸。 アフガンの中村さんの 続編としての後半のコラムは 今夜だけで一気に書き上げ、、、食後書きだして、午後11時に書き終わり そのあと 局長に原稿送った後に 読み直していたらその度に、「うーん、やはりこの言葉はこっちにした方がいいなあ」とか、 思い、、チョコ、チョコ、直してその度に「すみませんだ!やっぱりこっちにしてくださいっ」って、送ってしまった。(>_<) いつもはここまで、何回も直さないけど、今回のコラムは中村氏の命をかけた人生について、書いたので ほんの少しでもより良いものを書かないと申し訳ないと思うし、 彼について集めた情報が、たくさんすぎて、どれをどう書くかに 後編もやはり、悩んだ。 まだまだ、書きたいことありすぎて、字数制限がね。 五回くらいの連載で描くならいいけどね。 後編の今回 悩んだのが、どこまで詳細に、中村さんを守る為に殺された五人の警備員さんたちのことを書くか?だった。 五人もいるから、結構細かく書くと文字数を使ってしまうから。 それでも、 人生悔いなく生きてきたであろう中村氏が、今、天国で一番心を痛めていることがあるとしたら、、 自分を守る警備員の仕事をしたために、殺されてしまった五人のことを、申し訳なく思っているだろうな、、、と思ったので 〇〇さんには何人の息子と、何人の娘さんがいた。。とかも、書いた。 パパを急に失った その、遺された子供たちや、奥さんのことを想いながら書いた。 「ただ、5人の警備員が亡くなった」ではなく。。。 中村氏にしたら、自分のやってきた実績を褒められるより、 五人のことを追悼する方が喜ぶ気がしたから。 なので、後半のコラムは、より一層中村氏に捧げるコラムにしました。 そして、書こうかどうか、悩んで、前半だけで終わりにしたなら、書かなかったことも、書き方はちょっと工夫はしましたが、、結構 ずばり書きました。 たぶん、察しのいい方なら、「あ、あのことか?」って、わかる、うん、そのことです。 どうしても、やはり、それは私の中で納得できないことだったので。 そんなわけで、中村氏のコラム、前編は今週末。後編は来週に毎日新聞に載ります。 前編のコラムの切り絵のフレームは、アフガンの国旗の色にして、このデザインは、中村氏が あれた大地から、みんなと力を合わせて作った麦の穂。 切り絵 海扉〔カイト〕アラジン





    | - | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。