CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 重いものを持つ前には、爪先立ち! | main | 台風の時は、ブログ読者がたくさんになっていた。 >>
台風19号のことを次のコラムに書こうとしたが
0
    〈 想いの チカラ 〉毎日新聞コラム の次の原稿について、今、局長から連絡いただき、 こんなに大きな恐ろしい台風のことを書こうと思っていたが、今はまだニュースも台風について話題にしているから かえって少し時間が経ってからの方がいいのかもしれませんね、とお返事したところ。 大変な災害起きても ちょっと、喉元過ぎればすぐに忘れる国民だから。 でも、被害を直接受けた方は喉元なんてすぎない。。 家が泥だらけになったり、壊れたり、ましてや、家族が亡くなった人には、喉元すぎることなんてないのだろうから。 そして 街が水に沈んでいる風景を見て、あの日大津波の日を思い出してフラッシュバックになってしまう人もたくさんいたと思われます。。 台風については 多くの人がいろんなことを語っているので私にしか書けない切り口と、言葉の選び方で書きたい。 コラムも本もそうだけどはじめの言葉が降りてこないと、書けない。 その一言が降りてくると、後は悩まず スラスラ言葉が続いていく。 自分で書いているというより、 書かせていただいているという感覚で書く。 特に、キャメルン シリーズの中のキャラクターの行動は、書きながら、「おっ!そうくるか!?れと、驚きながら書いたりしているのが、 楽しいし驚きだ。 6作目の「ウパシナの母  サーシャの物語」とか。。 サーシャが火に飛び込むシーンの展開には、、本当に驚いたものだ。
    | - | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409779