CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 原町小学校での「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」朗読コンサート | main | 小学校の朗読コンサートの後の講演の様子、その3 >>
朗読コンサートのこと、その2
0
    昨日、朗読コンサートに行って聞いた新島学園の嬉しかったこと。 その2, 朗読コンサートが終わって校長室で、学校教育について、校長先生と、熱く話した時に 「教師の質」という話になったので、 「実は 例の事件を起こした新島学園は私の母校なのです、、」っていう話になった。 すると、 「新島学園の先生がわざわざ、謝罪に来てくれました。 それは とても誠意があると思い好感が持てました。」と言ってくだって、 あの事件のことは、本当にショックだったし、これからも学園はきちんとそこと向かい合いつづけなくてはならないとは思うが、 学園のある安中からこんなに遠い、吾妻の学校まで、先生たちが足を運び 謝りに来て、そして それを受け入れてくださった小学校があったことを知り、 とても嬉しかったので、、 そのことを新島学園の校長や、親しい先生に伝えましたら、 夏休みに 県内の学校に謝罪訪問に先生方が回っていたそうです。 こうして、ひとつ、ひとつ、誠意をもって、また、時間はかかっても信頼を積み上げていくしかないですものね。。 世間は新しいニュースがどんどんあり、時間が経った事件はテレビではあまり、話題にならなくなるけれど 起きたことの大きさは、変わらないから。。 でもそれでも、涙を流しながら謝罪していた、心ある先生たちを想うと、こうして学園の誠意を受け入れてくださった校長先生がいたことを伝えたくなったのだった。 その3に続く。。
    | - | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409773