CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 明日は吾妻の原町小学校の朗読コンサート | main | 朗読コンサートのこと、その2 >>
原町小学校での「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」朗読コンサート
0
    今日は 吾妻の原町小学校の全校生徒と、その保護者たちに、 「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読コンサートと講演会に行ってきました。 【報告その1】続きもあります。 以前に 校長先生たち向けの朗読コンサートで、この本の朗読コンサートを聞いた校長先生が是非、子供たちにも聞かせたい!と思って呼んでくださったのです。 ですが、 いつもは、歌って踊れる助産師のてんこ  が、ダンサーとラストシーンに「ありがとう」の歌を歌うのですが、今日は彼女は出張で来られないので、 ダンスの部分は 私が代理で踊り 歌は プロジェクターと、ウインドチャイム担当する切り絵作家の海扉〔カイト〕アラジンに、歌ってもらおうかと思ったけれど、 【教頭先生が、もし歌ってくださったら 子供たちは サプライズで、すごく喜ぶし、 いきなりの申し出に答えてくださったそのチャレンジ精神を見習うに違いない! でも、学校の先生って失敗を嫌がるし無理かなあ、、だけど、聞くだけ聞いてみよう!】って思って ダメ元で聞いてみたら なななんと!本番まで もうすぐの時間なのに、快く引き受けてくださり一回のリハで、やってくださったのだ! (この動画はその、リハーサルの様子です) 本番でその姿を見た子供たちの反応がコレ。 ?? …………………………… 切り絵作家の海扉〔カイト〕アラジンが、スタッフラインに送った文が以下です。 「教頭先生が突然のファティマの思いつきに賛同してくださり、 なななんと、いきなりのお願いにもかかわらず「ありがとう」の歌を歌ってくださった。 そのあと、朗読コンサートが終わり講演に入る前のトイレ休憩時間に、 子供たちから、「先生、上手だったよ!(^_^)」「頑張った!」など声かけられた教頭は、 休憩明けに、ファティマに「10秒だけお時間頂けますか?」と言って、マイクを握り 「みんなに声掛けて褒めてもらえて嬉しかった。 いいところを、こうやって褒められることってステキだね。(^_^) 友達のいいところをどんどん褒めていこうね。」 みたいな 話を短くして、ファティマに繋いだのだ! とてもあったかい感じの教頭先生だった。 校長も、朗読コンサートの後、校長室でコーヒーを頂いたときに、 これから学校として やりたいこと「道徳の教科書を使った家庭読書(家読うちどく)を通して家庭と連携した道徳教育の推進」や「夢や目標に向かって努力(挑戦)する子供を育てるための体験活動の充実」などを、 すごく熱く語ってくださった。 そして、 「イジメられて自死した子のことをニュースで取り上げられても 、「イジメとは、気づきませんでした」という校長や教師たちのことをどうお感じになりますか?」 と ファティマが聞くと 「気づいていない わけがない。 それは保身だ。私はそういう生き方はしたくない。」とはっきりいいきっていて とても頼もしかったよ。 …………………………… と今日は平日で仕事のために朗読コンサートに行けないスタッフたちに、報告していました。 会社でも学校でもそうですが、トップにより 、その雰囲気がまるで変わります。 温かく熱い情熱をお持ちのトップのお二人がいる学校は、子供たちも、リラックスしていて、おおらかで 「ダンス上手だったよ!」とか、「感動した!ありがとうございました!」とか、終わった後舞台にいる私にも、 気軽に声をかけにきてくれて、 フレンドリーな 素敵な学校だと思いました。 …………………………… あ!久々に給食も、校長室で頂きましたぁ。 そして、限られた時間の中で、布で飾り付けしたステージ作りですが 普段の体育館と違う雰囲気にしてあげたいから、今日も汗かきながらがんばった。 お忙しい中、きてくださったお母さんたちも、心ある言葉を、アンケート用紙にたくさん書いていただきありがとうございました。 今日のもっこのピアノは、いつものように譜面を見ずに絵本の絵を見ながら弾いていたが、一度も間違わず、そして心ある音で奏でてくれて、とても気持ちよく朗読できた。 朗読コンサート前に 子供たちに、なぜこの本を作ったかの経緯をよく理解できるように、 「NHKニュースウオッチ」で特集してもらったこの本のメイキング番組を映したが、途中で 一時画像が映らなくなったときに、 つなぎて、私が 愛梨ちゃんの亡くなった現場で感じた気持ちなどを、テレビよりも細かく説明して その場を繋いだ。 (その説明をしたことで、かえってよかったと 後から言われた。) 私が場を繋いでいるその間に 海扉〔カイト〕アラジンがパソコンをリセットしてくれていて、 私の 話の区切りがついたときに、すぐにまた番組を見られるようにセットしてくれていたり、チームワークよく、当然のトラブルも対処できた。 いつも、朗読コンサートはライヴなので、ハプニングも時に起こるが スタッフみんなで力を合わせて乗り切っていく姿も 「生きる力」として 子供たちに、伝えられたと思う。 子供たちへの、メッセージは、朗読そのものだけではなく、いろんな形で 渡せるものだと思う。










    歌を歌ってくれた気さくな教頭先生と給食



    | - | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409772