CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 投稿できぬ日々なので、簗の写真でも。。 | main | 私のそんけーする人。 >>
「子供を守ること」とは、、
0
    「PTAの役員になりたくない(>_<)」という声をよく聞く。私も同じだった。でも、あの311が起きた次の年に会長を依頼されたので、引き受けた。 ぶっちゃけ、初めはめんどーなことばかりで、引き受けたことを後悔もしたこともあった。でも、 学校の中に入ってみて、学べたこともたくさんあった。 まず、先生方がここまで忙しいとは、、これでは 先生が鬱になるのもわかった。 ならば保護者がもっと、力を貸さないと「子供」たちを守れないことも身をもって知った。 たしかにPTAは、めんどくさい。ならば「いかにしたら めんどくさくなく、みんながやる気になってくれるPTAにできるのか?」を考えないと、と思う。 臭い物に蓋をするだけでは、何も始まらないし、 そのとばっちりを一番受けるのは、、何をおいても守りたい私たちの子供なのだ。。 担任の先生すらいない学校が増えている。 忙しすぎて、先生という仕事がブラック企業と呼ばれている。 その先生にこれ以上負担をかけないために、私たち保護者ができること、やらなくてはならないこと。 がある。 イジメ対策もそうだ。学校だけに任せておいたら、、 「仲良しのお友達に殺された事件」も起きてしまった。。。 もっと、もっと、子供の声を聞こう。 耳を傾けよう。 、、明日は、「話を聞いてほしい」と連絡してきた学園の生徒とランチして話を聞く。 ………………………… < 以下は2016.7月の、フェイスブックからの投稿。。 < < <朗読を子供に教える時に「読む人は感情を入れると、 聞いている人が感情を入れにくくなるから、だめです」 と、教える人もいるらしい。 私に言わせたら「朗読のやり方」なんて 教える方がおかしいと思う。 いいじゃない?自分が読みたいように、自分が感じたように読めば。 その人の気持ちを、、 その人が感じた想いを、、、 ああしろ、こうしろ、ああするな、こうするな、と 上から目線で指示することは、子供の感性を潰すことだと思う。 あまりに、この国は、 窮屈だと、感じることが多々あり、、。ずっとその中を生きてきて、 反抗して、傷ついて、、みたいなこともしてきた。 親にも体制にも。 でも、そんな、私が 小学校のPTA会長なんて、依頼されて、初めは断ったけど、あの震災の次の年だったから、「今こそ子供に命の大切を伝えるべき時」と思いお受けした。 が、 あの一年は一生分の 「へりくだり」 一生分の「謙虚さ」を使いまくったさ。^_^; f^_^;) もう、役者になったつもりで。 壁はたくさんあった。 一つの壁は 毎月手書きで書いて全校生徒の保護者に配ることにした PTA通信の、教頭から受ける校正のきびしさ!! 漢字のハネ、まで、直された。 下という字と上という字、正確に書ける? ほら ネットだと、下という字はくっついているでしよ? これは、正しくない字と言われます。 下という字の斜めのチョン、は上の棒と離れて書かなくてはいけないらしい、、 知らないし、、(>_<)というか、その細かさは、必要なのでしょうか?? それを修正ペンで直されまくり、、 ( ; ; )( ; ; )泣く。。。 「関口さん、【ママの牛、】って何ですか?」 「すみません。それは牛ではなく、手です。 ママの手、と書きました。。」 という笑ってしまうようなやりとりが延々と続き やっとオーケーがでて、 全校生徒700枚以上の通信を会長サン自ら全部コピーして、クラスごとの、人数に分ける。 だって、これは、私が勝手にやりだした企画だから、本部の他の役員さんに、お手はわずらわせられないのです、、。 そうでなくても本部の役員さんは、すっごく、すっごく、忙しいのです。。 そこまでやる?という仕事だらけ。 これじゃあ、誰も本部役員なんて、なりたくないし、なれないよ、、。 (>_<) という感じで まあ、もっと、いろいろ PTA会長体験記はあります。 朝日新聞のコラムにも書きました。 キャメルンのブログに、全部載ってます。 みて。この記事。 新聞にはこんなふうに、いつも、「情感込めて朗読」とよく書かれるのにね。。 感情を込めない朗読なんて、私には考えられないな。 自分で書いた本だから 感情入りまくっちゃうよ。。 カッコ、、、 でも、、初めは、厳しかった、教頭先生もだんだん、「まあ、これは、関口さんの、想い、ってことで、いいことに、しましょう」と 優しくしてくれるようになり、、ほっとした。。 お忙しい教頭先生たちに、焼きまんじゅうの差し入れとか、持って行ったりしたもんね、、。 あの時は、必死にがんばったよ、わたし。。
    | - | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409722