CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< ご縁とは。 | main | みんなで子育て、ずっとやってる >>
子供には苦手なことを克服させるべきか?
0
    「苦手なこと」を「克服」するするだけが、子供に、自信をつける教育ではない。。。 難しいけど、少しでも、子供目線に立てる大人でいたい。 大人が考える美談と子供たち自身が感動でき、自信になること、は時に違いますね。 そのギャップをいかに、大人は素直に認めて受け入れられるか?ですよね。。 そんなオトナになりたい、、。 イジメを受けた子供を持ったママが「ムスメは、いじめらてて、辛い思いをしたことで、人を思いやるきもちを学べた」と発言ら、尾木ママが、それはちがう、とはっきり言った。 いじめられなくても、優しい気持は学べる、と。 そのママの言葉をどう思うか? 尾木ママの意見を伝える前に娘に聞いてみたら、 「本当に優しい子は、いじめなんか、受けなくても人に優しく出来るよ。 そして、 「そのママは、自分がいじめられてないから、そんなことを言えるんじゃない?」と言ってた。 たしかに、、。 やらなくて、いい苦労ってあるな。 大抵のことは、経験は力になるけど、 いじめ、だけは、経験すればいいってもんじゃない。……………………………
    以下はフェイスブックより引用しました。。
    ……………………………

    先日、こんな記事を見つけました。 はじめて逆上がりが出来た女の子:成功後の一言が指導者を撃ち抜く http://www.shoichikasuo.com/entry/2014/11/22/121010 この記事に登場するのは、逆上がりができない女の子とひとりの先生。 授業中に一生懸命練習するものの、とうとう逆上がりを成功させることができなかった女の子。 そんな姿を見た先生は、思わずこう声をかけました。 「一緒に放課後練習しよう」 そして、その日から女の子と先生の特訓の日々が始まります。 何回やってもできない…それでも諦めずにアドバイスをし続ける先生と、挑戦しつづける女の子。 そして… ある日女の子はついに逆上がりを成功させたのです。 苦しくて長い練習の日々を乗り越えての成功。先生と女の子は思わず笑顔を浮かべました。 …と、ここまでは、「努力して、やっとの思いで一つのことを成し遂げることができた」という多くの人が好む“努力の美談”のようにも聞こえます。 しかし次の瞬間、満足そうな笑顔を浮かべる先生に女の子は衝撃の一言を口にしたのです。 「もうこれで、逆上がりの練習しなくて良いんだね!!」 「できないことをできるように」は、本当に子どもの幸せにつながっているのだろうかの画像1 できるようになることは、本当に子どもにとって幸せなことなのか この先生の中では、「できないことをできるようにすること」は、どんな子どもにとっても良いことだ、という思い込みがあったのだと思います。だからこそ、一生懸命逆上がりができるように少女をサポートし励ましました。 しかし、その結果、少女が発したのは「もう、逆上がりやらなくてもいいんだね!」という言葉でした。 そこには、 ?子ども自身は本当にその「できないこと」を「できる」ようにしたいのか ?「できる」ようになることと、それを「楽しむ」ことは違う という視点が足りていなかったのではないかと思います。 (1)子ども自身は本当に「できないこと」を「できる」ようにしたいのか 「できないことをできるように」は、本当に子どもの幸せにつながっているのだろうかの画像2 「たとえ嫌いなことであっても、努力してできるようになるべきだ」という考え方が広く受け入れられている社会において、「できないことを、できるようにしたほうがいいのか」という問いを持つこと自体が難しいことだと思います。 特に、教師や親といった子どもを「教育」する立場におかれているならなおさら。 でも、「できないこと」なんて世の中には無限にありますし、大人はもしかすると自分の「やらせたいこと」を子どもの「やるべきこと」にすりかえているかもしれません。 また子どもはそんな親や教師といった周囲の大人の期待を敏感に感じ取って、それに応えようとします。 だからこそ、この女の子は「先生は、私に逆上がりができるようになってほしいんだな」という気持ちを感じとって、一緒に努力するということを選んだのだと思います。 しかし、本来ならば「教育」とは、外から押しつけて何かを為させるものではなく、子どもの中にあるものを引き出して伸ばすもの。 子どもの中にある気持ちを本当に大切にするためにも、 「塾に通いたい?」「スイミングやりたい?」といったYes or Noの質問で投げかけるのではなく、 「何がやりたい?」「やりたい習い事はある?」といったオープンクエスチョンで語りかける… そんな子どもの主体性を大切にする関わりを日ごろからしていきたいな、とこの記事を読んで考えさせられました。 (2)「できる」ようになることと、それを「楽しむ」ことは違う 「できないことをできるように」は、本当に子どもの幸せにつながっているのか?

    また、親としてもう一つ、この記事に気づかされたのは、「できる」ようになることと、それを「楽しむ」ことは違うということでした。 私の息子はサッカーを習っているのですが、ちょうど先日、より厳しく指導してくれるスクールに通うかどうかを悩んでいました。 周囲の子どもたちがどんどん上手くなって、レギュラーメンバーになっているのを見ると少年団ではなく、スクールに通ったほうがいいのでは…とそんな風に考えて勧めたからです。 しかし、スクールに見学にいった息子は、 「やっぱり、僕は少年団で楽しくサッカーをやりたい」 そう言ったのでした。 この息子の一言を聞いた時、「できる」ようになることと、それを「楽しむ」ことは違うという、この記事に書かれていたことをふと思いだしたのです。 上手くなれば…チームのレギュラーになれれば…きっとサッカーがもっと楽しくなる そんなふうに無意識に思っていた私に、息子は 「僕はサッカーを楽しくやることができることが幸せ」という他の価値観に気づかせてくれました。 「より上手にできるようになること」ではなく、子どもの「楽しい」を認めてあげることを大切にしたいと考えさせられた出来事でした。 「やりたいこと」を「楽しむ」幸せ 「やらなくてはいけないこと」を達成する喜びよりも、「やりたいこと」を見つける楽しさを。 言うは易し、行うは難しだと思います。 もちろんやりたくなくても、楽しくなくても、努力してやり遂げなくてはいけないことが世の中にはたくさんあるのかもしれません。でもその考え方だけを押しつけるのではなく、やはり私は「やりたい」「楽しい」という気持ちを大切にするという子育てをしっかりしていきたいと思うのです。 子どもの「できない」が気になってしまう親御さんにとって、この記事が一度ゆっくりと考え直すきっかけになってくれればいいなと思います。







    | - | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409707