CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 今日の毎日新聞の記事 | main | キャメルン シリーズを描き続ける理由 >>
ガンにも名前をつけるという記事を読んで、、。
0
    バス待ちの子供を刺した犯人に 「死にたいなら一人で死ねば?」という意見が溢れた事に対して、 そういう言い方をすると、そうでなくても社会から孤立している人たちが余計に孤独感を募らせて社会に対する怒りや、疎外されている気持ちを持ってしまうという意見に賛成ですので、 自分に都合悪い存在だから、すべて否定するという考え方でなく、 ガンという病気でさえも 尊重し、学びを与えてくれる存在として敬うという考えかたは素晴らしいとおもいます。 もちろん、ガンになりたくないという気持ちは当然誰でもあると、思いつつ。。

    ……………………………
    投稿は以下です。これはわたしが書いたものではないです。フェイスブックより。
    【がんに名前をつけて、対話をしよう】     がんに名前を付けよう。     がんに名前を付けて、日々、 がんに話しかけている人に 回復が見られる傾向がある。     がんに名前をつけることは、 がんを人格化していること にもなる。     がんを人格をもった存在として 認めていることだ。     細胞にも記憶や感情があると されている。     細胞が集まって臓器を形成する わけだから、臓器にも感情や 記憶がある。     がんも自分の細胞が変化したもの だから、感情や記憶がある。     がんを人格化することにより、 がんの存在を単に臓器にがん が出来ているという考え方とは 異なる立場になる。     もう一つ大切なことは、 がんとの対話だ。     これを催眠療法では、 分身療法とかパーツセラピー という。     自分の潜在意識の中には、 いろいろな役割を持った自分がいる。     それぞれが立場を主張する。     丁度、潜在意識の中で議会が 行われていると考えればいい。     健常な自分とがんとの対話だ。     この時に重要なのは、 がんを敵視しないことだ。     存在することには意味がある。     がんに対して敬意、尊敬の気持ち を持って接することが大切だ。     この気持ちがないとうまく いかない。     がんの患者さんは、敬意をもって がんに名前をつける。     ネガティブな名前でないほうがいい。     例えば 感謝さん。 気づきさん。 愛ちゃん。     気に入った名前をつけて、 その名前で日々呼びかける。     また、相手の言葉に耳を 傾ける。     この様に日々の生活のなかで、 がんとお友達になる。     そして、何のために、自分の 体の中に存在しているのかを 会話をしている内にわかる様に なる。     その気づきが、がんからの メッセージであり、患者さん 自身に教えてくれている。     後は、そのメッセージを実行するか、 否かです。     通常は催眠状態で、潜在意識下で 体の細胞とつながり、セラピストが 司会役で、その人とがんとの対話の 進行役になりますが、自分一人でも 可能です。     もし、この文章が少しでも役に たつと思われたら、直ぐに実践して下さい。     ? 催眠療法???????の情報は↓です。 http://saimin-c.com/ メルマガ読者登録は?ここから?お願い致します。 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOqarJqOm
    | - | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409696