CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< NHKニュースウオッチ9で、特集されたこの絵本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」を6/1 1じから東京千代田区毎日新聞、メデイアカフェで読みます、 | main | ゴールデンウイークはどこにも行かないけど 父の誕生日バーベキュー。お庭で贅沢な時間でした。 >>
6月1日の朗読コンサートは、ぜひ多くの方に聞いていただきたいので、、、
0
    「心ある方に、心からの お願い m(_ _)m」 6/1土曜 に東京、毎日新聞のメデイア カフェで する朗読コンサートは、 この ↓ NHKニュースウオッチ9で、取り上げてくれた「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の絵本を読みます。 時間は1時から。入場無料です。 311で亡くなった愛梨ちゃんが伝える「命の大切さと日々の尊さ」の絵本は、 悲しみの中にも温かな想いがいっぱい詰まった絵本です。 本のお金は全額被災地に寄付しています。本はアマゾンでも扱ってます。 音楽とダンスと子供たちの描いてくれた絵とのコラボの 朗読コンサートです。 あの日が 私たちに教えてくれたたくさんの 学びを 皆さんと共に分かち合いたいと思います。 皆さんで 是非おいでくださいね。 絵本作家 空羽(くう)ファティマ (空羽(くう)ファティマはこのNHKニュースウオッチ9の中では 本名の関口恵子で出てます。)

    http://www.nhk.or.jp/kokorophoto/newsreport/14_1119.html …………………………… [ここからは、夜中のつぶやきトーク、、投稿に載せていいものか、、わかんないけど。。] 6/1に東京で朗読コンサートを大きく出来ることになり、イベントで一番大変なのは 集客だけど 毎日新聞がネットで告知してくれるから大丈夫だと思ってたら、 初めて、ここでやる人は、小さい会場から始めるのが普通だそうだが、 一番大きい会場でさせて頂くことになったので、ネットの告知で人がどれだけ来るかは、わからないし 東京では、まだ空羽(くう)ファティマという 名前は知られてないから 私たちキャメルン スタッフ自身も東京の人たちに、宣伝したほうがいいということになった。、 なので、今回は しなくていいと思っていた東京での「集客活動」を今までの朗読コンサートみたいにすることになって、、。 ………………実はワタシ、東京に10年、20代で住んでいたときは、ものすごいたくさんの人と付き合っていたのだけど、 あることが あり、、その時、もう、そりゃひどく落ち込んでおこもりしていた1年間の時期に、、、 今の私からしたら信じられないないでしょうけど、人と話せなくなって 失語症になったり、、 かなり、やばい時期があった。 今から思えばあれは、「うつ」になりかけ だったのだろうが、そんなことすら考える余裕がない時期で、 時計の針をあと、一周するまで生きていよう、、とか時計をにら見ながら、やっとやっと、生き抜いてからは、、「すごい元気だった自分」として付き合っていた東京の友達とも 数人を除いて、付き合えなくなったりした。(でも、この経験が私にキャメルン シリーズを書かせてくれたと、今は思える) が、「東京の集客をたくさんしよう」と思っても、その頃はいっぱいいた知り合いと 今はそんなに繋がっていなくて、、(>_<)(≧∀≦) でも、今回は私たちの活動を真剣に広めようとしてくれていた栗田デスクの熱いありがたいと期待を 裏切らないためにも、満席にして いい会にしなくてはならない。と思う。 なので、、初めての東京での大きな朗読コンサートで、、それが、ネット告知だけでも人は集まるのか?どうか、全く未知の世界なのですが、 今回が成功したら、どんどん活動が広まっていけるという、大きな分岐点が、この朗読コンサートです。 なので、是非みなさんのお力をおかりして、朗読コンサートと講演を通して 《子供の命と心を守り、子育てママの支援や、震災支援活動》など、をしている、私たちのキャメルン活動を応援してくださいませんか? この愛梨ちゃんの絵本の本は 全額東北 被災地に寄付している。 それは、私たちが、活動資金がたくさんあるからではなく、活動資金は赤字でも、この本は全額寄付と決めたから守っている。 そして、スタッフたちと真剣に活動費がいつもない中、 心を込めて10年活動してきても、まだ、こんなに頑張って集客しないとならないのだなあ、、って思うとちょっと、凹むのも本音だった。 、、、でも、もう、後ろは振り向けないし、栗田さんだけではなく、ずっと応援してくださっている方のご好意を裏切ることだけはしたくない。 私たちを信じて推薦してくださったデスクの顔を潰すことだけはしたくないし 満席にしてみんなに、喜んで帰ってもらいたい! なので、どうぞみなさんのお力をお貸しください。 お知り合いが東京にいる方、このイベントを紹介してくださいませんか? 来てくださった方には、絶対後悔させません。 必ず来てよかった!と思ってくださる会にできることはお約束します。 「ご期待以上のことを必ずする!」をモットーにして10年間、やってきました。 キャメルンスタッフ一同 心よりよろしくお願いします。m(_ _)m 「あの時この会を 応援してよかった、」とみなさんに思ってもらえる働きを これから必ずしていくことをお約束します。





    | - | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409642