CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 〈 想いの チカラ 〉空羽(くう)ファティマ の 毎日新聞コラム | main | いま、誇りに 想うこと。 >>
ついに!キャメルン東京進出へ!!
0
    キャメルン ファンの方へ。お礼とご報告。 【ついに!!キャメルン シリーズ朗読コンサート 6/1 東京 進出決定】しました!! 皆さんの応援を力に キャメルン活動、10年頑張ってき大きな花が咲きそうです。。 (;_; …………………………… 私の〈 想いの チカラ 〉毎日新聞コラム に、目を止めて読んでくださったことがご縁で、 連絡くださった東京本社の栗田デスクに 二時間半 そりゃ、そりゃあ、、熱く電話で話して 、 その後、昨日の朗読コンサートに イラストレーターの西川真以子さんと来てくださり、、、 本気で、その時も また、そりゃあ、そりゃあ、本当に本気で!、、キャメルン活動について、直球でお話し 全てのキャメルン シリーズと、「剣太の風」や「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」などの本を託しました。、、、 すると!! 昨日、東京帰った なんと!すぐ翌日の今日!! 私たちの取り組みを 説明し、朗読会や演奏会を開けないか 動いてくださり 会社公認のイベントとしてしていただけることになりました! 3000人以上に 告知するだけであっという間に イベントは満員になるそうです! 「毎日ホール」(東京本社)ホールは 500人収容。 6月1日。午後1時半から の2時間。 に、音楽とダンスと映像で彩る朗読コンサートします! …………………………… こんなにすぐに動いてくださるとは!!\(^^)/ 流石の魔女ファティマの水晶にも映らなかった ハイスピードでした。。本当に本当に感謝しかありません。 とても、嬉しかったのは、昨日朗読コンサートが終わった後に、販売しているキャメルン シリーズの本に、とても興味を持ってくださったこと。はじめに新作の「割れない卵」を買ってくださり、他にも 「ああ、これも欲しいな。どっちにしよう?」と「自由」「明日の夕日」「今ある命」「サーシャ」「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」を欲しいと思ってくださったこと。 本は私にとって、私の生んだかわいい大切な子供たち。。 その子たちの良さをわかってもらった、嬉しさがあった。 その熱心に本を選んでくださり「じゃあ、これと、これ!」って、3冊買ってくださったので、 「そんなに真剣に 迷ってくださったなら、じゃあ、全員連れて行ってください!」って、全ての本を手渡した。 私は今までフェイスブックや、キャメルンブログで、キャメルンシリーズって本当に素敵!楽しい!って自画自賛してきた。 「この心ある本は、こんなに素敵だから いつか必ず ブレイクすると信じているけど、 もし、しなくても今こうやってスタッフと、、応援してくれる皆さんのお力をお借りしながら今、活動していること自体も すごく楽しい、と言ってきた。 そして、今の私たちを応援してくださったことへのご恩はどんなに、ブレイクしても決して忘れないと。、、 それは、これからも変わることはありません。 そこの、人として1番大事なところ失ってしまったら、一時的にはうまく行っても 「蜘蛛の糸」みたいに、すぐに落ちると思ってます。 今現在も、かなり、楽しいけれど 、、キャメルン シリーズがブレイクしたら、今よりもっと照明技術や、衣装や、楽器の種類を増やして 朗読コンサートの表現がいろんな方法でできるから、そういう意味で幅が広がることは、また すごく楽しいとおもっている。それを周りのみんなと、一緒に楽しみたい。 そんなわけで、みなさん、キャメルンを使って一緒に遊んでください。 そして、私が「人生の実験」としてブレイクしたかったもう一つの理由は 今、夢を追っている全ての人たちの応援団になりたかったから。 諦めないで、「今を楽しみながら」ブレずに進んでいけば、 時に挫折して、時に、落ち込んで、時に立ち直れないくらい凹んだとしても、、 それでも、信頼しあえる仲間がいて、 自分を好きで い続けたら、、夢って必ず叶うという見本になりたかった。 遠いスターになるのではなく、「身近な実験例」になりたかった。 だから、、メイキングをきちんと形にして残したかった。本にしても、活動にしても、このフェイスブックや、キャメルンブログや、コラムや、講演や、そのほかのいろんなところで、わたしは「どんなふうに進んできたか」を記録して残してきた。 それは、よく、「芥川の書いた手紙発見」とか、言われるように 今私たちがやっていること、やってきたことが、 必ず後に続く者の力になったり、参考になったり、すると思ったから。 開拓者になりたかった。 「大丈夫、なんとかなるよ」と言いたかった。だから、そう言える立場にならないとと思った。 そして、それは、ずっと、ずっと、ずっと、、私が私に、、私たちに、、言い続けてきた言葉だ。 ありがとうございます。。。 朗読コンサートに通ってくださり、本を買ってくださり、 投稿を読んでくれている皆さんに。 10年間、活動を応援してくださった全てのみなさんに。 天にいる協力者である 清水さん、剣太くん、愛梨ちゃん、ポロン、かおるおばちゃんたちに。 そして、そして、どんな辛い時も嬉しい時も、いつも共にいてくれたキャメルンスタッフと家族に。 辞めていったスタッフたちにも。 皆さん、本当にありがとうございました。 いよいよ、、 キャメルン活動、第2部開始です! みててくださいね。かならずご期待に添います!ふふふ






































































































































    | - | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409618