CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< キャメルン友の会のお願い | main | わがまま言わない子供っているのか?! >>
ワンコを殺す国でいたくない。。
0
    中学生の時、保健所にいるワンちゃんたち見て その場に座り込んでいつまでも、号泣したことを この投稿読んで 思い出しました。 、、、あの時の たまらない悲しい、虚しい、自分には何もできない悔しい 気持ちが、今 私が「いのちの絵本」を書いている原動力かもしれないと。。。 そして、、 私たちキャメルン活動を支援してくださっている、マクラメ編みのお店の、前橋カプンカの金井さんが 保健所からワンコを一人助け出して家族にしてくれると、聞きました。 ありがとう。金井さん。 タイは野良犬を予防注射して、また町に戻して地域の人がご飯をあげて世話するらしい。さすが、信仰の国! 日本は ワンコも守れないし イジメも多いし、子供の自殺も 親からの虐待も減らない、、、、心の後進国だ。。 ああ、この笑ってる ワンコの顔が目に焼きつく。。 この子、、もういないのかなぁ。。(;_;)(T_T)、、、、、、、



    以下、フェイスブックに載っていた投稿。 いまだ多くの動物たちが、保健所で殺処分されている現在。 目に見えていないだけで、こうしている間にも 尊い命が次々と消えていっています。 保健所に勤務していた渡辺さんは、当時を振り返り 「金曜日の朝が辛かった」と語ります。 金曜日の朝に、殺処分を行うからです。 最期の瞬間まで人間を信じてくれている犬たちを、 殺さねばならなかった苦悩、想像もできません。 殺処分の現場からの声、じっくり読んでみてください。 金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ 私は金曜日の朝が辛いです。 数日間なれど、飼い主からの連絡を待ちながら、 飼い主の代わりに世話をしています。 飼い主を捜したり、餌を与え、便の後片付けをし、 日光浴をさせ、 頭をなでてやり、 限られた時間 できるだけの情を注いでいます。 情を注げば可愛く思えてきます。 金曜日は殺処分するために処分場へ犬を運びます。 情を掛けた子(犬)をおくりだすときの、 我々職員の心境を考えてみてください。 金曜日の朝、私の心はこうです。 シッポを振りながら私を見ないでくれ! 「餌の時間かな?」と疑いのない目で見ないでくれ! 遊ぼうって擦り寄らないでくれ! 子(犬)は、殺処分したくない。 憎しみで牙をむいて吠えてくれ・・・・・・ その方が、私の心は痛まずにすむから。 今から殺処分されるのに・・・・・・ 親しそうな目で見ないでくれ! 最後の最後まで人間を信じている・・・・・・ 「俺達は、お前達を殺処分するんだぞ!」 ・・・・・・シッポを振らないでくれ 私たち職員は、胸が締め付けられます。 その時が金曜日です。 「憎しみで吠えられた方が気分が楽になる」 この心境わかりますか? 保健所に殺処分をゆだねる前に、 愛犬との楽しかった時期を思い出して下さい。 愛犬は最後の最後まであなたを信じているはずです。 愛犬が粗相したとしても、多くの場合、 飼い主が躾を怠ったケースが多く、 責任を愛犬になすりつけないで下さい。

    | - | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409582