CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 空羽(くう)ファティマコラム。はしもとランド のコラム(毎月発行) | main | やむにやまれぬ想い >>
「ひとはそれぞれ」空羽(くう)ファティマはしもとランド のコラム(毎月発行)2/25号
0
    世の中の一番悲しいことは子供を喪うことだと思うからそのご遺族に対して ああすべきだとかこうすべきだとか他人が言えることではないと思う。 天使の歌声とまで言われた歌手、本田美奈子は、辛い闘病中に誰にも弱音を吐かなかったという。唯一、本音の気持ちを打ち明けた日記があるが、辛い娘の心に向かい合うことがつらくて、母は何年経っても読むことが出来ないでいるらしい。 「そこには娘の本心が書いてあるのになぜ、読んであげないの?母親ならばどんなに辛いことが書いてあっても我が子がどういう想いで闘病していたのかを受け止めてあげるのが愛ではないか?」と、思う人もいるだろう。 一方で「お母さんを悲しめたくないと気丈に振る舞っていたからこそ、辛い治療を自らを奮い立たせられて頑張れたのではないか?」という意見もあるだろう。 どちらの意見にも、うなずける。何が正しいとか間違いではなく。今、読むと自分を支えられなくなりそうだから日記を読めないお母さんも、時が経てば読める日が来るのかもしれない。来ないのかもしれない。それはわからない。その本人が決めることだ。 「本当に信頼関係ある親子ならば弱音も、正直に親に話せたのではないか?」「お母さんのことを本当に大事に思うから悲しめたくなかったのだろう」人はいろんなことを言う。あれこれ考えるのはいいが、それを本人に伝える必要はない。 子供を亡くしたその傷に塩を塗ることはない。 震災で亡くなった佐藤愛梨ちゃんの本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」を書いてから「実は子供を亡くして」と打ち明けられる事が増えた。 ある時、私的には 相手を想って発した言葉を、誤解されて受け取られる事があった。……凹んだ。とても、とても凹んだ。十分に傷ついている相手に対して、少しでも嫌な思いをさせてしまう事はしたくなかったからだ。ご遺族の人と話すのが怖くなった。自分にはこんなデリケートな難しい活動は無理なのだと。。。 けれども 人間というものは 自分で経験したことしかわからないものだろう。それは、仕方ないことなのだ。わたしが 相手のことを わからない事があるように、相手もまた 私の想いを わからないのだ。 それでも、少しでも寄り添いたいという気持ちで 人と接するしかない。それを諦めたら、もう何もできなくなる。誰とも話せなくなる。人は一人では生きられない。 相手がご遺族でも、どんな立場の人でも、人といる限り摩擦は 時に起きる可能性は消せない。 去年は 大分県で剣道の部活中に亡くなった工藤剣太くんの本、「剣太の風」の本を作りながら おかんの奈美さんにはご遺族の気持ちを教わりたくさんのことを学ばせて頂いたが「人は価値観も考え方も、違う」という事をしっかり胸に抱き、だからこそ 歩み寄れるところは 歩み寄りながら、人間社会という愛すべき……そしてとても複雑な世界の中で生きていく。 《当事者しか わからない事がある》これを見失ってしてしまうと、SNS蔓延る現代は匿名をいいことに一時の感情で言いたい事を言う暴力に、人が人を傷つけ合ってしまう。 本当はみんな根は優しくて人にも、優しくしたい人なのに。 せめて、意見を言うときはきちんと名前を名乗るようにしたら、言葉に責任を持てて心なき責め言葉だけにはならないと思う。 言葉は人を支えるし、同時に人を傷つけるから。 言葉の持つ、大きな力に敬意を払いながら畏れながら 講演し、日々人と話し、このコラムも書いています。


    | - | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409562