CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 気づいたらこーなってた。^_^; f^_^;) | main | 新聞に改革求む! >>
フツーのママから刺繍作家になったみどりちゃん
0
    フツーのママから、刺繍作家になったみどりちゃんも一緒に 今度出版する絵本の 新聞の取材を受けることになりました。 障害を持って生まれたワニの赤ちゃんを家族が以下に受け入れていくか、の新作のキャメルン シリーズ14作目 「割れない卵」の取材。 「刺繍してると言っても、自分の考えた構図ではなく、ファティマさんの絵を刺繍してるだけだし、、」と 自信なかったみどりちゃんが、、「私なんて病」から抜け出して、 自分の才能を楽しめるママになっていくことは、何よりも子供にもいい影響を与えると思う。 教科書に出てる偉い人を 尊敬するより 尊敬できるママを持てることは素敵だ^_^! 人が「私なんて、、」って言うのは、他人から嫉妬されたり 生意気だとおもわれないようにする防御の心理だ。 いいのだ。ヤキモチ焼きたい人には焼かせておけば。いい。 もし、イヤミ言われたら、その人をひどい人と思わずに 「わたしってそんなにすごいんだぁ!」って、お気楽に思っていればいい。 そしたら、その人もこの人にはイヤミも通じない、、って思って意地悪もやめる。 目には目を、だと摩擦が起きる。 流すしかない。 その人だって、本当はヤキモチなんて焼く自分は嫌だろうし、本当はそんなことしたくないのだろうから。 ただ、自分に自身がないと、人をうらやみたく なってしまう。 それって悲しいことだ。 何かその人も楽しめることを探したらいい。 「わたしってすごい!」って思える何かを。 初めから自信ある人なんていないのだから。 そして、実際、、意地悪されたら、ハート痛いし 心を込めてやったことを否定されたら、悲しいし。 それはこんな風に書いてる私だって同じだ。 でも、そこで立ち止まりたくないって思う。 その時は泣いても また、空を見上げて雲の白さや 風の心地よさを感じたい。。 「割れない卵」と一緒に一冊の本として出版するSKY The BEAUTIFUL SKY 〈 魔女っ子ナイルシリーズ 4作目〉は、そういう本です、 キャメルン シリーズ10周年記念本として、今までのお礼に 2冊を一冊にまとめて出版します。








    | - | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409531