CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 家族って何だろう?産まなくても家族。。 | main | 「魂の成長」を神様は何よりも優先にする >>
「剣太の風」朗読コンサートの記事、今日の上毛新聞
0
    11月7日の「剣太の風」朗読コンサートとおかんの講演会の記事。今日の上毛新聞。 昨日は、読売新聞記者から「群馬で活躍してる人」というコーナーの取材を受けたが その記者さんも、毎日新聞で5回の連載で載った「剣太の風」の記事や、311の震災で亡くなった愛梨ちゃんの本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」を過去何回も記事に載せてもらった新聞を読んだり、 バレエダンサーたち30人とベイシア会館で6月に大きくやった「キャメルン人魚に恋をする」の朗読コンサートのことも知っていて、 取材に来てくれた。 今まで十年間、学校を中心にして朗読コンサートを続け、 13冊のキャメルン シリーズと、愛梨ちゃんや剣太くんの本や、二本足のワンコのすみれちゃんの本や、講演内容をまとめた「10代の君たちへ」などの冊子を出版してきて、、 そういう歩みが、 一つずつ確実に 積み重なっている実感も感じている。 朝日新聞で二年間続けてきたコラムでの経験も 今年10月から始めた毎日新聞のコラムにも、とても役立っている。 朝日新聞のコラムは「奇跡」という言葉を使うのに、新聞は事実だけを載せたいと、反対する担当者を時間かけて説得しなくてはならなかったり、したけど毎日新聞は自由に書かせてもらって 新聞それぞれの個性も感じている。 キャメルン活動十年間たったが、これからも 一つずつ、過程を大切にしながら 応援してくれる人や一緒に活動してくれるスタッフたちに、感謝しながら、歩みをすすめていきたい。 そして、 そのキャメルン活動10年目の記念の年に おかんたち、工藤家の方達とこの本「剣太の風」を 共に産めたことは すごく大きな大切な思い出になれた。 わたしの書いた文をおかん自身が清書してくれて生まれた本なので、二人でいろいろ いろいろ、悩みながら共作として作れて嬉しかったったです。 出会いをありがとうございます。

    | - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409482