CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< それでも一歩を踏み出す勇気 | main | 「剣太の風」朗読コンサートの記事、今日の上毛新聞 >>
家族って何だろう?産まなくても家族。。
0
    「産まなくても家族」不妊治療の先にあった選択 (NHK NEWS) - LINEアカウントメディア https://lin.ee/7CmJ8LC?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk < 養子をもらった友人と、新聞取材を受けた投稿をしたが取材を受けながら、 改めて「血は繋がってなくても、縁のあった子」との出会いや、今まで育ててきた時間を振り返ったその友人は、 「今日は取材を受けて、いろんな忘れていた気持ちも思い出せてよかった。 人生において、なるべくたくさんのことを 経験したいと思って生きてきたけど、その中でも 母親になれた経験は 特別だったな、、」と振り返っていた。 もちろん、楽しいことだけではない。 でも、それは、血が繋がっていてもいなくても 親子は ぶつかるものなのだ。 そう、「親子」は、ぶつかる。「夫婦」もぶつかる。 他人なら、まっいっか、と流せることも、、。 「家族」だからだ。 血の繋がりがないのは、夫という存在だってそーいえば同じじゃないか。それでも、結婚して、ケンカしつつ暮らしているではないか。 子供だけに、血の繋がりを求めるのは、不思議かも? 「今世はママにならないだろうな、」と40歳まで思っていた私が 人生で一番自分を誇れることは、「ママになれたこと」なので、 もし、悩んでる人がいたら こういう選択もあると、考えてみてほしいな、、と思う。 「あなたを ママと 呼びたくて」 待っている子がいる。。< <
    | - | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409481