CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< お散歩フレンド | main | 続き >>
産科が減っていく、、(;_;)
0
    「産科が減っていく」 昨日から3泊4日で、草津温泉近くの西吾妻の病院に来てます。 キャメルン スタッフの産科医アッシュが、 この病院に当直を頼まれたので 彼女の赤ちゃんのベビーシッターとして、一緒に宿舎に泊まり込みしてます。 産科医が少ないので、この病院には、千葉や、長野から、交代で産科医たちが通っています。 そして、3月には産科は閉めるそうです。 この地方に住む妊婦さんたちは、遠くに検診に通わなくてはならなくなります。 想像していたよりずっと、リッチで素晴らしい病院と、宿舎なのに、とてももったいないし、何より お腹の大きな妊婦さんが 何かあってもすぐに診てもらえる病院がなくなるのが、気の毒です。 少子化だから、赤ちゃんを産んでと言うけれど、こんな状況ではとても安心して産むことなんて出来ないと思います。(>_<)(≧∀≦) この宿舎は、三階建の立派なマンション風で、 娘が受験の時は、ここに泊まり込みで アッシュの仕事がない時間に、勉強を 教えてもらっていました。 周りはこんな山なので 勉強の合間に散歩に行った時、狐の赤ちゃんが、骨と皮になって 死んじゃっているのを見つけた小学6年生だった娘は、ものすごいショックで、震えて泣いたそうです。 初めて見る自然の中の 「生きていくことの厳しさ、」だったと思います。 受験勉強を教えてもらったことには、ものすごい感謝だけど、 感受性豊かな、あの時期に山の中で生きられず生き絶えた狐の赤ちゃんの姿は 娘にたくさんのことを教えてもらえたと思うので、 そういう機会を与えてくれた「みんなで子育て」の環境を作ってくれたアッシュに、ありがたいと思いました。 生まれる命。亡くなる命。 命はいつも、とても重たい。 その命を、守れる環境を作れるように考えていきたいです。 この病院から、産科がなくなってしまうこと、、とても、残念です。そんな社会でいいのでしょうか? 今、お腹の大きなママは、、これから赤ちゃんが欲しいと思っているママは、、どんなに、不安だと思う、、。 でも、、この病院には、小児科もないし、麻酔科も常時いない。それを支えるスタッフも必要だ。 その中でのお産はリスクもある。という。 問題は深い。。








    病院

    宿舎



    | - | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409467