CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 人からいじわるされたなら | main | 「父との葛藤」2018.10.27毎日新聞 空羽(くう)ファティマコラム >>
命の門番ゲートキーパー
0
    「命の門番ゲートキーパーを広めよう」 私のコラムの横に関連する記事として毎日新聞さんが載せてくれた子供の命を守るカウンセラー、大小原さんの記事が載った事がご縁で昨日お会いして三時間話した。{その内容については この後に毎日新聞に載せるコラムに書いたので、ここでは書けませんが、} 相手を信じてとことん待つ、という大小原さんの姿勢は、 忙しいあまりに、何か問題が生徒に起きると、早く解決したいと解決を急ぐあまりに子供を追い詰めることもある先生たちの指導に 違う風を吹かせると思う。 大小原さんはゲートキーパー[悩みのサインに気づいて適切に対処できる命の門番]の養成に取り組んでいる「日本ゲートキーパー協会」の理事。 小中高校で、子供や教職員や保護者に「消えたい」とつぶやく子供たちをどう救えばいいかの対処法を教えているというので、 早速その日の夜 新島学園の懇談会で、校長に会う私は岩間校長に、ゲートキーパー養成の必要性を説明し、その講座を先生たちに開いてほしいと、提案した。 すると、岩間校長先生は早速、大小原さんに会って話を聞いてくださると、その場で言ってくださった。ありがたいです! さすが、新島学園! 学校というところは 新しいことを取り上げることになかなか腰が重い事が、多いが 岩間校長先生の いいものは受け入れようと思ってくださる、大きな心に感謝します。 大人たち、みんなが力や知恵を出し合って 子供たちを守る姿勢を作っていく事が、大切だとおもいます。 そして、今朝は、先日「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読コンサートを聞いてくださったという、吾妻東小学校の教頭先生から、 朗読コンサートと、生徒と保護者への講演依頼の電話を頂いたので、 この学校にも、 大小原さんの講義をお勧めすると、「ファティマさんが勧めてくれるなら」と快く受け入れてくださったので、早速細かい説明をするために連絡して下さいと、大小原さんにお伝えした。 もちろん、インドのリクシャのおじさんではないので、紹介手数料なんてもらってないけれど、^_^; 子供たちの命を守ることにとって、必要だと思えることは、なんでも みなさんにお伝えしていきたい。 こういう 動きをしていると、 エネルギッシュですねえ!とか言われるけど、そんな大げさなことではなく、 美味しいものは、「これ美味しいよ」と食べてほしいのと、同じです。 子供のためになると、思うことは 学校や保護者たち、周りにオススメする。それだけ。
    | - | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409455