CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 毎日新聞に連載。今日から5日間「剣太の風」 | main | 今度は前橋、イクミ家具さんのご協力に感謝します!! >>
「剣太の風」連載2回目
0
    連載「剣太の風」の、2日目の記事。毎日新聞。 すでに、おかんの奈美さんが投稿してくれていますが、 11/7に高崎で朗読コンサートが決まった打ち合わせに 出かけてましたので アップが遅れました。 打ち合わせは、ケンタくんの故郷大分に一緒に行ったシミクミと、 ネパールに住んでいたオーナーのお店 ポカラにランチに行き、 オーナーと一緒にこの記事を読み、剣太くんの事から、、今の日本の部活体制や、友達関係について、みんなで熱く語ってきました。 そして、もし可能ならランチタイムが終わった、お店が忙しくない時間に お店にある和室を学校に行きたくない子が来ていいスペースにしてあげたら、嬉しいと思う、、とか。 そういう話をしてきた。 今日の記事、、「剣太の風」の本を書く時に何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も読み込んできて、よく知っている事なのに、、こうして記事になり また改めて読むと、、込み上げてくる怒りと悲しみがあった。 新聞には顧問が謝罪の為に、 「払った一部」の詳しい金額は避けたらしく書いてないが、、 その金額は私がここ ネットにに書いていいかわからないから避けるけど、えっ?!と言うほどの金額。。 もちろん、命はお金ではない。金額ではない。でも、それを聞いた時、バカにしてる、、っで、ショックを受けた。 公務員を守る国家賠償法、、はスカートまくりをした先生はクビになるのに 失神した剣太を「演技するな!!」と馬乗りになって平手打ちをした顧問を守る。 そして、これは「体罰」とも言いたくない。 だって、ケンタは何も悪いことをしてないじゃないか? なんで、「罰」を受けなくてはならないの? それからして、おかしい。 体罰とは、、悪いことをした事で体に「罰」を受ける事ではないの? 人間の仮面を被った悪魔の顧問がやったことは体罰でも 指導でもなく、ただの「暴行」で犯罪だ。 声を大きくして はっきりと「犯罪者」だと言いたい。 これを「指導」とか、言ってるから何も変わらない。 大坂なおみ選手が、強くなれてのはコーチにたくさんたくさん、褒められて 自信をつけたからだ。 選手を脅して追い込めた 日大の指導方法とは、真逆だ。 今、体操界も揺れている。 同じ年にこうして、真逆の指導法が注目をあび、 どちらがいいかは、火を見るよりも明らかになった。 大坂なおみ選手が優勝してくれたことで、いかに選手を導くべきかを コーチの皆さんは見習ってほしい。 もう、日本に軍隊はいらない。 部活を軍隊にしたままではいけない。 部活は子供達が、楽しめて自信をつける場でなくてはならない。 怒鳴られて、叩かれて、虐げられて、、根性論だけで、伸びるなんて考え方は、もう、これを機会にさっぱりと終わりにしてほしい。。 そして 宮川選手の速水コーチも、お父さんは剣道をやっていたというから、 「指導に暴力は必要だ」という、洗脳の中で育てられてきて、自分もやられたから、そういう指導しか知らなくて、やってしまっただろうから、彼もまた被害者なのだと思うと、気の毒にもなった。 人は皆 本当は優しくて、暴力なんて使わないでいたいのだと思う。 当たり前のことが当たり前にできない歪んだ世界、、みんなで、ここで、Uターンしたいね。 その為にこの本「剣太の風」が、そのきっかけになってくれたらいいなと思い、これから天と地の工藤家の方達と、キャメルン スタッフと、心ある方たちのお力を借りながら、 朗読コンサートしたり、アマゾンで本を広めたりしていきます。 どうぞよろしくお願いします。 追伸。。それから、この記事を書いてくれた毎日新聞の山本ゆき記者。。 わかりやすく、まとめてくださりそして、こんな、に心ある温かさもある記事は、、なかなかありません。 本当にありがとうございます。 ゆきさんが、これをまとめるためにどれだけ、心を尽くし想いを尽くし本気で書いてくださったか、、読者の方に伝わると信じてます。 できることなら、、本の最後にこの連載記事をコピーして載せたかった、、。 ありがとうございます。本当に本当にありがとう!!! ゆきさんに出会えたこと、こうして、連載にしてくれてこと、それを認めてくれて毎日新聞さん。。 全てに感謝です。。 「剣太の風」のタイトルの下に、本の裏表紙に使った切り絵作家の海扉〔カイト〕アラジンの切り絵まで、使ってくださって、、。 こういう細かいところまで、心を砕いてくださってすごいです。。 本を手にしてくださったら、裏表紙を見てみてくださいね、 これは、弟 風音の手形を土俵のように使い、その上で剣太と風音が剣を交えてる姿を切り絵で表現したものです。。 「風音の手形」と書いた達筆の字はおかんの字。 本の中は、おかんの字で書いてあるけど とても上手なのです。 連載はあと3回日曜まで続きます。明日が楽しみです。


    もし、、ブログに載せた記事は拡大すると字がぼやけるようなら、空羽(くう)ファティマのフェイスブックでも公開してますのでそちらでみてください。
    毎日新聞のデジタル記事にも出てます。








    | - | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409390