CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< みんなの想い詰まった朗読CD メイキング報告。 | main | 今日は、剣太くんの本の取材受けました。 >>
その後のマシャさんとのやりとり
0
    その後のマシャとのやりとり、、 [送られてきた音源に歌詞を朗読した声と合わせてみた。] 「曲、今度は聞けました! ルルル入りの、方をください。 ウクレレの、2小節をはじめに流してから、「あの日から、、」と声を入れます。そうすると、ちょうどウクレレの音が終わりルルルの声が入ってくるので、そこからルルルを流して、、そのあとにマシャの歌声が、入る、、というのはどうでしょうか? マシャは、どんな構想だった? 他にいいアイディアあるなら教えてね。 音の質は、スタジオ録音と違うと思うけど、かえってその方が、「吹く風に、、」の盛り上がりの部分が際立っていいから、、いい演出になるのでは? 、、たぶん うちの彼はすごく職人肌なのでそういう音の違いは嫌がるかもだけど、^_^; しゃーない。やってもらおう!! ありがとうございます。よろしくお願いします。」、、、 という感じになってます。ここに、音を投稿できるといいのですが。 追伸。マシャからも、その意見に賛成のメッセージが来た!よかった! 「ファティマさん、私が想像した通りのご提案ありがとうございます。 早速音を焼いて、郵送します。 ファティマさんのところに直接お届けにあがりたいのですが、明日からライブと出張で22日まで埋まっているので、郵送で申し訳ありません。 送り先の住所教えてください。」 …………………だって! よかった。やはりそういうつもりで、作ってくれてたのね! 星の王子様の サン=テグジュペリの言葉に、 「愛し合うということは お互いがお互いを見つめ合うのではなく 同じ方向をみていられかどうかだ」 とあるけど、 同じ感覚で一つの作品を作れるって、すごく楽しいし幸せだ。 アーティスト同士って、結構ぶつかること多いから。 でも、ピアニストのもっこも 切り絵の海扉〔カイト〕アラジンも、アーティストというより、私のイメージに合わせた作品を作る「職人」でいようとしてくれているのだって。 そして、私も又、自分の世界観を表現するというより、「降りて来た感覚」を捕まえて、それを伝え、形にするという、感じがある。 、、、多分、これは、わかる人にはわかる、感覚だろうな。
    | - | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409354