CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< やっぱ日本の夜はこれね、花火編 | main | 今日は職業体験もした、キーの一日。 >>
最後の試合が終わった。
0
    2018.7.30 3年間 部活にかけていた娘の最後の試合、、。部活最後の夏が終わった。 県大会の団体戦。 一回戦勝ち、あと一回勝てば関東大会に行ける試合! 6人の選手の内二人は県で優勝した選手。つまりかなり強いチーム。 が!!運が悪く、いきなり二回戦で相手もすごい強い学校に当たってしまった。(>_<) でも、去年は娘たちの学校が勝った相手。勝てない相手ではないっ! そして、ここに勝てば次は関東大会だー! お互い真剣勝負だ!! 結果、、かなり 、かなり、、いいところまで せったのに ついに ついに、最後に負けてしまった。クゥー!(>_<)残念!! (;_;)(T_T)(>_<) もしこの、学校に当たらなければ かなり上まで行けた実力はあるチームなので余計に悔しかったのだろう。。 でも、そういう「組み合わせ」や「運」も含めての、「勝負」だからね。。。スポーツは。 大泣きする部員たち。。。うんうん。気持ちはわかるぞ。 私もこう見えて、大学の時は超厳しい、体育会のテニス部の、主将だったからね。。 でも、「試合に負けて悔しくて泣く」って、大事なことだと、おもったよ。 そんなに、「悔しいっ!!」と思えるくらい 本気で真剣に それにかけられるって 素敵なこと?だと思った。 一つの学校にはそれぞれ、3チーム出場た。 県で優勝したペアを 勝つために崩してのぞんだ団体戦。 つまり、すごい強い二人に比べると部の中のNo.3と4の力はかなり差があるってことね。その3番目と4番目に強い選手が、県で優勝した二人とそれぞれペアを組み 団体戦を勝とうとしている。それが、娘の立場。 そんな強い人とペアを組まされてもらったから かなり、、すごいプレッシャーはあるけど、おかげですごい上達もした。 練習でも、そのうまい選手たちは、いいコーチにもなってくれて、的確なアドバイスを部員たちにしてくれていたので、部全体がこの代は意識が高くなったし、メキメキと上達できた。 同期に、いい選手がいるってことはすごい影響を他の選手にも与えてくれるのだ。ということを目の当たりに見せてもらった。 さて、、試合は 超うまい選手が前衛をしている、1チーム目は勝ち、 期待されてた娘のチーム、〔うまい選手は後衛、娘が前衛)は、はじめは3-1でリードしていて、これは行けそう!!と強い日差しの中、みんなで応援したが、、すごく残念だが、、最後にせりながらも、、負けてしまったのだ。 「勝ったチームに悪い。ゴメンね、、、(T_T)」と、涙の止まらない娘。。。 異様な今年の暑い中、ありがたいことに、最後の娘の試合の応援に ジージーたちや、キャメルン スタッフたち、8人も来てくれてて、仕事で来れない人もラインで応援メッセージくれた。 私が留学生を迎えに行っていた昨日の試合も、ビデオ撮りを一日やってくれたスタッフもいた。 こんな風に みんなに見守られて子供が育つ環境、、ありがたい。。 小さいベイビーに、冷たいペットボトルとかで冷やしながら、クーラした車で休憩取りながらも、応援してくれたアッシュは、 涙の止まらない娘に、 「もらい泣きするぅ、、」「もう少しで勝てたよね!」(;_;)と言ってくれたけど、、 私は 娘の泣いてる姿を見て悲しいよりも、とても、とても、誇らし く思えた。 「いい青春してるじゃん!」って。思えた。 「運動部なんて入るのは絶対無理!」と部活決める時は言っていたのに、なぜか入ったのは 練習の厳しいテニス部。 続くのかな?と思ってたが、 的確なアドバイスを 顧問以外にももらえる有難い練習環境にあってうまくなれたことが、娘のやる気を伸ばしてくれた。 子供は自信を持つと伸びるものなのだ。 大人もそーだけど。 顧問の先生も熱心で こんな暑い中の、毎日の練習も、頑張った。 日曜日も休みもなくいつも、いつも、練習だった。 その結果 日焼け止めつけてても、 焼けた茶色の肌の色は ホームステイで来ているアフリカ系アメリカ人のキーとそう変わらず「わたしの妹と同じ肌の色ね」と言われた。 友達関係も、この年ならではだと思うけど すごく難しく、、本当に本当に、、いろいろな事がありながらも、 ‘最後は こうしてみんなで共に泣ける、、’ってことがママはとても嬉しかったよ。。。 うん!いい仲間だね!いい時間を過ごせたね!! よかったね!!(;_; (???)? たしかに試合に勝ち進むことは大切だ。 でも、それ以上に大切なのはやはり「本気でそれに向かって頑張れたかどうか」って事だとママは思う。 甲子園もワールドカップも、他にもいろんな 試合で、 優勝した以外の 他のたくさんの選手は悔しい想いをする。 勝ちたくて 今まですごい頑張って来たから 負けたら悔しいのはわかるし、悔しくて当然だ。 でも、本気で泣いて 悔しがってることに、「人間ていいな。美しいなぁ」って思う私がいる。 「本気」の姿って それだけで、 感動する。 「みんな、おつかれ!よく頑張ったよ!感動したよ!」 と、試合後に 泣いてるみんなに声をかけたら、 「そんな慰めいらないよお〜!(*`へ´*)」って、顔を 反抗期の娘にはされて にらまれたけどさ、 やはり ママは言いたいよ。 君たちみんな、「グッジョブ!!」「よくやった!」「偉かった」「すごい!」「感動したよー!」(???)??(*´?`*)?? 「アイム プラウド オブ ゆー!!」 あなたは ママの誇りです! …………………………… 夜、剣太のおかんからも、「試合どうだった?」と気にかけてもらい 「試合のあと 悔し涙を流す子は 成長します。 悔しくて涙が出るほど 真剣に練習をしていたということ!!! 〇〇ちゃん 頑張ったね?」 って、メッセージもらった。ありがとう。 剣道で 弱音を吐かずに あんなに頑張った剣太くんも 空からきっと、応援してくれてたのだろうな。。。 < <

    | - | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409345