CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< その講演会のアンケートで感動したこと。 | main | あの日のようだ、、(;_;)(T_T) >>
麺や蔵人、内野さんの熱い投稿
0
    以下は伊勢崎で、麺や蔵人という美味しいラーメン屋さんをしている内野さんの投稿です、熱い男のラーメン、食べに是非行ってください。剣太くんの絵を描いてくれた方です。 【剣太の風】 この絵本に携わらせて頂くキッカケになったのは自身の店に飾ってあった絵がキッカケだった。 藏人の大ファンの内門さんにご紹介頂いた、絵本作家の空羽ファティマさんが店内に飾ってある絵を観て、現在手掛けている絵本【剣太の風】のイメージに合っている?? このタッチで剣太君の絵を描いて欲しいというのがキッカケだった。 そもそも絵を店に飾りだしたのは、以前、「あなたの描く絵はあなたの魂の分身!店に飾っておけば同じ波長の人が集まる」といわれたからだ・・・。 剣太君の絵を描かせて頂いた後に、僕は自分が今世に生まれて来たルーツを知りたくてある方に前世の鑑定をして頂いた。 その昔・・・海賊!インディアンと自由に生きていた時代があったらしい。 特に海賊だった時代はあらゆる悪事を働いていたらしい。 インディアン時代も白人との戦いの中で悪事働いていたらしい。 自由に生きたい!世界を駆け巡りたい!使われる人生はヤダ!といつも思っていたのでその鑑定は納得できた。 そして鑑定の結果今世に生まれて来た意味が判明した! それは【償い】だった。 自分の商売がうまくいかなかった時、バリ島の大富豪丸尾さんに人の幸せを徹底的に願って生きろ!そして人の為に尽くせ!と言われた。 親がつけてくれた名前は【公義】 おおやけに義理人情の義!名前の意味の重さを再認識した。 自分はスピリチュアルなチカラはありませんが、色々な人に教えて頂くアドバイスが自分の意思とは関係なく人や思いが繋がって行く。 今回剣太君の絵を描かせて頂く事になったのも生まれる前から決まっていたと強く感じた。 17歳で尊い命を天に返した剣太君の運命の話しを聞いた時、指導者の愚かさと悔しさとで涙が止まらなかった。 他人の誰かの為にこんなにも泣いたのは初めてだった。 お母さんの奈美さん、お父さん、弟さんの気持ちを考えたら切なくて苦しくなった。でも、ご家族を慰める言葉なんて出て来ない。何もできない無力さが虚しかった。 ファティマさんにこの絵の依頼を受けた時、詳しい話しは知らなかった。でも、直感でこの絵は描かなくちゃいけないと思った。 こんな無力な自分でも、絵を通してご家族に寄り添う事はできるんじゃないかと思ったからだと思う。 バリ島の大富豪丸尾さんに出逢ってから、人の幸せを願えるようになれた。そしたら自然と口にする言葉や行動が変わってきた。 僕は僕がらーめんを作ったり、絵を描いたり、言葉を贈ったり、何かをする事で誰かが幸せになれるお手伝いができたら幸いだと思っている。 ファティマさんと出逢った事は必然だと感じたし、剣太君の絵を描かせ頂いた事も全部必然だと思う。 そして、前世で剣太君との接点があったと思わずにはいられない。 剣太君のお母さんにも、ファティマさんにも、内野さんには剣太が逢わせてくれたご縁だと言って貰った。 これは必然以外に何事でもないご縁であり、今世に生まれて過去を償う為のご縁だと受け止める。 この絵本【剣太の風】は剣太君の命日の8月22日に発売されます。アマゾンでも買えるそうです。 そして、9月30日は大分からお母さん、お父さんをお招きして、空羽ファティマさんによる朗読会やご両親の講演の開催が決定しました。会場はまだ未定ですが、追って告知していきたいと思います。時間は午後を予定しています。 この様な尊い命を失う事件が起こらないように皆様のご参加とシェアをお願いいたします。 剣太君の事件を報じたニュース↓ https://youtu.be/Waw5mfNVQEc









    | - | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409313