CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 桜、サクラ、さくらに想う。 | main | 小学生の集中力を高める為にはこんな演出しながら朗読コンサートしてます >>
道端で目の見えない少年が持つボードにはどんな言葉を書いたらいいのか?
0
    あるフェイスブックの投稿の動画に、、、、、目の見えない少年が「ヘルプミー」 助けてください、僕は目が見えません、というボードを持って道行く人にお金をもらおうと座ってましたがみんなはただ、通り過ぎて行きお金をくれる人はほとんどいませんでした。そこに、一人の女の人が来て、ボードを書き換えました。するととたんにたくさんの人がお金を入れてくれるようになりました。
    そこにはこう書いてありました。「今日は美しい日ですね。でも僕にはそれが見えません」、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 という投稿がありました。以下はこの投稿読んだ、私の感想です。。 <絵本作家の私も、こういう風に、「人に届く言葉」を生んでこれからも本を書いていこうと思える温かな動画でした。。 同じ意味でも言葉を少し変えるだけで 受け取り方の手の広げ方が全く変わる、ということをこの動画は教えてくれる。 そして、、この女性が書き直した言葉の後に 「僕が自立できる為に使う お金を助けてください」と書くともっといいかな。 彼にずっと、物乞いをして生きていってほしくないから。 彼自身の力で生きる事が出来るように、仕事を見つけて欲しいから その為の資金を集めて欲しい。 そして、深く考えさせられる機会を与えてくださったこの投稿に感謝します。 https://www.facebook.com/NTDJPN/posts/199066810825652
    | - | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409187