CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 震災を忘れないこと、こそが。 | main | ワンコの殺処分を減らしたい。二本足のワンコスミレちゃんの絵本差し上げます。 >>
学校事故についておもうこと。工藤剣太くんについて。
0



    <剣道部の部活中に顧問に行き過ぎた「指導」【子供の命を奪う指導、って?!】を受けて亡くなった剣太くんのママから「今からニュース23に、取り上げられるからみて、」と連絡もらって見たが 学校事件の特集してた。そして、剣太くんの事例は「最悪な事例」として紹介されていた。数ある学校事件の中でもあまりにひどい事例だもの。、、 病院の先生だけでなく、学校の先生も、生徒の命に関わる仕事でもあるのだ、、と は、なかなか普通のママは知らないけど事実はそうなのだよね。。 なのに、あまりに学校の先生は忙し過ぎて先生になりたい人がどんどん減っていくのではないかと、言われている。。 それは、困るよ、、。 心ある人に先生になってほしいもの。 いい人材が集まる仕事場であってほしいから、 先生の働き方も考えて欲しいと思う。 しっかり、生徒との人間関係を築けて、節度ある練習メニューを組める先生が必要だ。 何度も言うけど、少子化と言う前に 今ある子供の命を守れる環境がないのに、 子供を産めと言わないで欲しいもの。 キャプテンの剣太くんは180センチのガッチリした体格のすごい元気な男の子だったんだよ。 おかんの作るミートボールのおにぎりを、ばくばく食べる元気で優しい子だったんだよ。 その子が、学校での剣道部の練習でその日のうちに顧問の度を超えた指導とい名前の体罰にあって亡くなった。 亡くなるなんて、どれだけひどいことしたか??と思うよね。。(;_;)(T_T) 、、暑い真夏の体育館、胴着身につけて水分補給も満足にさせず 倒れた彼に「演技するな」の暴言。馬乗りになり往復ビンタ。 面を外して殴ったり、、血が吹き飛ぶほどの暴力を続けた。。。 それを部員みんなが見ている前でやった顧問。。 亡くなった後もずっと体温が40度を超えていたなんて、どんなに体が悲鳴をあげていたことか。。。 学校側は、亡くなった後もこれを「指導」と呼ぶのだから恐ろしい。 学校と言うところの安全性をもっと本気で大人は考えてほしい。 キャメルンスタッフの一人は教頭先生です。彼が、校長になったら 生徒の命と心を守る学校として モデル校になるような学校を作ろう!と意気込んでます。 私たちの本気をみていてくださいね。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ この事件の詳しいことはこちらに。過去の投稿より。 < 《生徒が死ぬまで「指導」する???》 あと、何時間後には9/1の登校日になる。 子供の命を守りたい、と心から思うけど、ひとを一人死に追いやるほどに残虐なことをた、教師を「あれは、指導」だったと、こんなに平気で言ってかばっている教育界である限り、 子供の命は守れないし 教師の仮面をかぶった鬼のような こんな人たちに、大切な子供たちを託せないと思う。 生徒からのSOSを無視して、追い詰められたその子が自死すると「イジメだとは、認識してなかった」とか、 剣太くんが、意識失って倒れても「演技だろ?」となぐり、パイプ椅子まで投げて水も飲ませないシゴキをして、救急車さえ呼ばないで、その日のうちに その命を奪ったのに、「あれは、指導の範囲だった」って、シャラッと言える人に聞きたい。 「あなたの子供が同じことをされても、今と同じ事が言えますか?」って。 そう、いつも思う。 自分の子が、その立場に立たされてもそう言うのですか?と。。 怒りより、、怒りを通り越して、、悲しくなるよ。本当に。。 死んじゃうほど、しごいて、、「指導」?? 一番安全なはずの学校で ただ部活していて、、、なぜ死ぬの?なぜ、死ぬまで痛めつけるの?それって暴行でしょ? ここまで暴行した先生は異様だ。人間じゃない。 そして、その先生をかばう組織は、狂ってる。 この事件は人ごとではない。 だから、 心ある教育者の方々、心ある保護者の方々、今の日本はこんなにもおかしいことをしている現実を知って どうかこの現実に向かい合ってください。 守るべきは体裁ではない。 何より大切なのは、我が子の温かな、かけがえのない「いのち」です。 二度と帰らない、二度と戻らない、子供たちの命です!! 明日は、9/1.多くの学校の2学期が始まる日、 どうか、、死なないでね。子供たち。 今はどんなに辛くても、永遠に変わらないように思えても、すべてのことは変わっていくから。 【開けない夜はない】のだから。 生きてさえいれば、 生きてさえいれば。。 必ず なんとかなるから。 、、、、だからこそ、二度とかえらない剣太くんの命の重み、が痛い。。なみさんの悲しみが突き刺さる。。 直接なみさんから聞いていた話だけど、こうやって剣太くんが、死ぬまでしごかれた体育館の画像とか、目の前で大好きなお兄ちゃんを殺された弟さんの苦悩を見ると、、本当に本当に言葉がありません。 だからこそ、言葉を こうして、しぼり出さないと!と思い投稿します。 二度と なみさんのような血の涙を流すママが、できないことを祈って。。。 ミサイルが飛び、テロが各地で起き、異常気象でいつ、命がどうなるかわからないこの時代だから、、。 守れる命は、守りたい。 、、、そう強く思わずにいられない、9/1の前夜。
    | - | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409117