CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 赤ちゃんという人はなぜ抱っこしてる時、座ると泣くのか? | main | 人間、その弱き者 >>
一番ケアが必要なのは産後1ヶ月なのに
0
    「産後すぐのケアが、一番必要なのに」 子育てという今まで体験したことのない異次元な世界に入る新米ママにとって出産後の1ヶ月ほど、キツイものははないだろう。(>_<) 私もそうだった。 メンタルも体力も不安定な中で、どうやって生かしておくかさえよくわからない、ふわふわの、ちっこい生き物を全て自分の責任において面倒ちなくてはならないのだ。 不安で自信がなくて、泣きたくなるのは当然だ。 よほど、恵まれた環境にいない限り孤立した中での育児は鬱状態になるだろう。 そんな追い込まれてママは、世の中にあふれている。 でも、産後一番ケアしてもらいたいママがお泊まりしてケアを受けられる施設は安くて8000円!三万から8万までの施設が普通だ。‥‥‥(;_;)(T_T) これって、なんなの? 少なくても3日や、1週間は、泊まりたいでしょうに。 一番安いもので、1週間で56000円もかかるのだ。 赤ちゃんというもののケアの仕方が少し慣れるまでには、少なくても1週間。できたら1ヶ月は いるとおもう。 そして、声を大にして言いたいのは 経済的ゆとりがないママほど、追い詰められているのに、これでは経済的ゆとりがないママが駆け込めない料金設定ではないか? こんな高額な施設に助けを求めらられる人は、恵まれているママだけだ。不公平すぎる。 公共の支援でこれなのだ。。 もっと税金をこういう支援に使うべきだ。 少子化を嘆く前に、赤ちゃんを育てやすい環境を作るべきだ。 これは、政治的な発言というような大げさなものではなく 赤ちゃんを可愛がりたいのに余裕がないために、追い込まれて頭を抱えて一人で泣いているママが、たくさんたくさんいるのに、 もっと産めっていうのはおかしいってこと。 まず、「今ある命」のケアをしてよ。 ママが追い込まれて、赤ちゃんを殺したり子供を虐待したりしないような環境を作ろうよ。 キャメルングループのスタッフ、は産婦人科のドクター、助産師、検査技師など、産科病院で働くスタッフがたくさんいます。 その人たちと、ままの為に、産ませるだけでなく、 本当に必要な産後ケアをできる施設を作りたいね、、と話しています。

    、、、、、< ママの力は本当に大きいとおもうので、みんなで協力して虐待やママが鬱にならないような対策を真剣に考えていきたいと、さっきも産婦人科医のスタッフと熱く話たのでこの投稿しました。 政治とか権力とか、ビジネスとか関係ない所で 「命」をまず守るために何をしたらいいのか、だけを考えた行動が出来るのはやはり、女性だと思う。 あんなに痛い想いして産んだ子を虐待してしまうほど追い込まれるなんて、どんなに辛いにちがいない。 そういう人を責めるのではなく、まず守る体制が必要だね。 実際にどうやったらいいか、まだまだ思案中ですが まず、群馬から発信していきたいですね!



    | - | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409114