CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< さあ、固定観念から飛び出そう!たとえば、こんなかんじ。 | main | 魔女っ子ナイルの本、おまけ情報 >>
子供に楽しみながら、生きる力を与える絵本
0
    「魔女っ子ナイルの一人旅」 朗読CD付き1700円




    3作目のキャメルンシリーズの本です。 基本的には、キャメルンシリーズは、中学生以上位の大人の為にかいてしますが、「魔女っ子ナイル」が出てくる本は、幼稚園から読めます。 漢字にはふりがながふってあり、 ひらがなも読めない子供でも、 全キャメルンシリーズには、朗読CDが付いているから、全く字が読めない子でも大丈夫です。 「子供には、寝る前に本を読んであげたいけど、、電気つけてるとなかなか寝られないから、暗くして読みたい、、」とママは思うでしょ? だから、、寝る前は、電気をけして、音楽付きの朗読CDを流しておけば、自然に寝てくれますので、ママも大助かり!の 子育て応援絵本ですよ。 そして、たいていの、ママは子供に「自信を持った子になってほしい」というけど、 ほとんどの、ママ自身は「自信はない」というので、 子供がどうやったら自信を持てる子供になるのか、をこの本の中で学ぶことが出来ます。 魔女っ子ナイルは何度も何度も転がりながらも、ポケットの中に住むちびっこウサギ[なぜか、名前はクジラ] に魔法のホウキにのる方法を教わりながら、がんばります。 そして最後にはやっと、やっと乗れるようになったナイルは、砂漠にいるお友達のラクダのキャメルンに会う旅にでます。 子供を冒険に出すのは大切と思いつつ、見送る時には、やはり不安になる、ママの姿に子供の成長を喜びながら、ちょっと寂しくなる、自分の姿を重ねて、ママは読んでいると、胸がじんと、するでしょう。。 そして、 「子供に教える大切なことは、たくさんあるようで、本当に教えるべきことは、たったひとつだ、」、、 ということがここには書かれています。 絵はかわいい鉛筆画で、すっごく細かい所まで描かれていて、そのときに亡くなった私の愛するワンコ、ヨーキーのポロンちゃんが木の影とかに隠れて、見守っているのをページ、ぺーじでみつけるのも楽しめます。 朗読CDのナイルの声は子供がやっているので、それが子供たちに大人気です。 本の感想として、「この本読んでから、苦手だった鉄棒の逆上がりをナイルのマネして頑張って、できるようなれた、」 とか、 「子育て本として、ママが何度も読んでます、、」などなど、子育てママと子供に大人気の本です。 扱っているのは、他のキャメルンシリーズと同様に、 前橋 ケヤキウォークの紀伊国屋、 高崎と前橋のブックマンズ、 前橋と高崎の、かんこどう、 敷島公園のリッツ、 渋川ベイシア近くの雑貨店の、カンテツ。 空カフェ、お野菜食堂 それから、キャメルンスタッフの店、、、前橋の、キャメルンのしっぽ、 うまのしっぽ、 高崎のパンダのしっぽ、 ネットでは、アマゾンでも買えます。 この本の続編は、キャメルンシリーズ11作目の、「ナイルとちびっこくじら、本物のクジラに会いに行く」です。 悲しいことも、つらいことも子供にも時に起こるけど、それを経験して、生きる力をつけるということを子供にもわかりやすく伝えている、朗読CD付きの絵本。 私がPTA会長した時に、企画した震災支援本で、一枚ずつ違う子供に書いてもらい子供でも、東北のお友達の力になれる体験をしてほしかったので。 収益金は全額被災地の子供たちに寄付します。 子供にも、ママにも、大人気のナイルシリーズの続編として、 「魔女っ子ナイル 進級の巻」は、キャメルン シリーズの13作目として、すでに、ナイルシリーズとして3作めを出版しました。次々と続くキャメルン シリーズの中のナイルシリーズ! お楽しみね^_^
    | - | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409082