CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 「亡くなった我が子の命をいかすために」奈美さんの言葉。。 | main | 「死」 >>
PTA活動を考える。
0
    【PTAを考える】 PTA会長やった時、ただやるだけの、たくさんの会議にうんざりしました。 本当に子供のためになる会議なら喜んでやるけど、時間の無駄のような、形だけのものをなぜやめないのか?と。そうに意見いっても、流されるし。。 311の翌年だったから、今なら子供たちに、「命」の重さを伝えられる時だと思い会長を引き受けた。 一番やりがいがあったのは、 私の書いた「魔女っ子ナイルシリーズ」の本に、子供たちに一枚ずつ絵を描いてもらい、絵本を作りそのお金はみんな東北の子供たちに寄付して 「子供でも、震災支援ができるよ」と震災支援を体験してもらった企画をしたこと。 他には 経皮毒が心配で、塩素が必要以上に強い体に悪いプールの消毒槽をなくしたり、 毎月手書きのPTA通信書いて配ったり、 体と心をつなぐマッサージクラスやったり、 オゾン層破壊されてるから日焼け予防で長袖水着を着れるようにしたり 、 運動会に親が来られない子供の為の対策したり、 初めのころは役員の集まりにクレープや飲み物を配ったり、残業してる先生には焼きまんじゅうを差し入れしたり。 堅いつまらない会議の時の自己紹介には、「好きな食べ物」を言うようにしたり、、、いろいろやったけど、 私が会長としてやったことで一番話題になったのは卒業式の、会長挨拶で 自殺が一番多いという、不安定な思春期の中学生になる子供たちに、「自分の生まれた時のことを想像しながら聞いてね、」と自作の「生まれて来てくれてありがとう」という歌をアカペラで歌ったら子供たちが、ポロポロと涙を流して聞いてくれた、こと。 親たちは、我が子が生まれた時のことを思い出して、号泣してた。 (この歌詞はコメント蘭に貼った) 卒業式は、嬉しいけど、なんかすごく泣けるね。。成長は嬉しいのにもう、小さな子供ではなくなる、と言う切なさもあるからね。 とにかく、 ‥‥‥みんなが嫌がるだけの、PTAのやり方は、本当に変えたいですね。。強制されたら誰だってやりたく なくなるもの。 どうせやるなら、集まるのが楽しくなるようなPTA活動がいいよねえ。
    | - | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1409033