CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 無料切り絵体験してまーす、切り絵作家海扉〔カイト〕アラジン | main | 今日のイベント >>
スミレちゃんの絵本、全員にプレゼント!8/27。動物愛護に関心ないわ、という方にも来て欲しい。それは、、
0
    「スミレちゃんの絵本」無料でプレゼント!8/27の高崎福祉会館での朗読コンサートで今、印刷中のスミレちゃんの出来立ての絵本を全員にプレゼントします! 前を向いて生きるワンコ、スミレちゃんを通して学ぶ命のあたたかさと、日々の尊さを伝える切り絵絵本です。 「動物愛護には正直、関心はないわ」と思っている方の為にも、 今の子供たちの問題になっている、いじめ問題や、自己否定感についても、伝わる内容に本を書きましたので、動物好きではないと思う方も是非、足をお運びくださればと思います。 動物愛護団体の方は捨てられたワンニャンを二度と辛い目に合わせなくないという熱い思いから、ワンニャンを新しいお家に迎えたいという方に対して、細かいことをアンケートで聞いたり、こういう風に飼ってください、という要望があるため、 「それが面倒だから、本当は保護犬を助けてあげたい気持ちもあるけど、ペットショップで買ってしまう、」という方も正直いって、います。 その、どっちの気持ちも、分かる気がしますので、その双方の架け橋にこういう朗読コンサートがなれたら、と願います。 確かに世の中は綺麗事だけでは、回らない。 正直、私もヨーキーが好きだし、 せっかく家族に迎えて長く暮らすならば、好きな犬種や、好きな犬の色で、選びたいという気持ちもよーくわかる。。。(こんなことを書くと動物愛護団体の方からお叱りを受けるでしょうが、すみません。ここは私のフェイスブックなので本音を書きます) 、、でも、それでも、尊い命が殺されている悲しい現実もある。。それを無視してはいけないと思う。。 ペットショップでワンコを買うとパピーミルといって、一生をケージに閉じ込められて、子犬産むためだけの機械のように扱われる かわいそうな母犬を増やすことにつながる現実もある、、。 そういうハザマに頭を抱える人は多いのではと、思います。 スミレちゃんのような 保護犬という存在は、私達に「いのちを捨てるということ」 を問いかけます。 「何が正しいか?」「世間はどうか?」ではなく、 あったかな命が人間の身勝手さで捨てられたらどうなるのか? それを「あなたは、」どう感じるか? と、自分のこころに意識を向けてもらうことから、まずは、始めることが大切だと思うのです。 「はじめの一歩」に この会がなれたらとおもいます。 賛否両論あるとおもいますが、いろんな立場から「あったかな いのち」について考えるきっかけになればいいな、とおもいます。 、、、スミレの絵本は、ただ、ワンコ好きな人向きではなく、教科書的な理論は書いてないです。 子供たちが「生まれてきてよかった、」と思えることが、できたら、周りの動物にもやさしくできるとおもいますので、今ある命と、向かい合えるような、、 そういう視点から描いてます。 スミレの歌も作りました。 私が歌詞を書き、作曲した教頭先生でもある キヤメルンスタッフ、ロス(樋口たけし)の演奏で オペラ歌手の山田由紀子が素敵に歌ってくださいます。 本には楽譜もロスが手書きで書いたものをつけますので、お家に帰りピアノでもひけます。 スミレちゃんと、仲良しなお友達になってほしいと願ってます。





    | - | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.camelun.com/trackback/1408984