CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< もうすぐ311.あらためて、みてほしい。 | main | 裁判傍聴してきた。。 >>
今日は新島学園に講演にいき、イジメ対策についても校長と話してきます、
0
    今日の私は鼻息荒いぞ!
    今、新島学園に「10年後の自分」というテーマで、話してと言われて講演に向かってる車の中だけど、

    実はこれは、どこの学校でもあることだから
    新島だけでは、ないけれど、
    何人かから、私はいじめの相談を受けていて、でも、先生に言えないという人もいる。

    なので、新島学園の校長は、よく知っているし心ある方なので、今日の講演には、私の朗読コンサートにもきてくださった、熱いハートを持つ安中市議会議員の桜井さんも聞きにきてくださるというので、
    講演後、校長たちと、議員さんと、

    「本気で
    安中からイジメをなくそう!」を真剣にどうしたらいいか、を話し合ったこようと思う。

    毎月、私が
    講演に行き、本気の本気で、いじめとは、どういうことなのか?

    ということ、そして、
    やってる側もずっと、その、やったことの十字架を背負い後悔することになるんだよ、、ということを
    いじめてる子供たちをただ、責めるのではなく、
    はなしあう時間を持つとか、、とにかく、学校と手を組んで何ができるか話し合ってきます。

    まず、いじめ対策の、モデル校を作りたい。

    新島襄の精神で建てた、キリスト教の、安中、新島学園が、
    そのモデル校になつてほしい!

    私自身、新島学園の30期、卒業生としても期待したい。
    | - | 08:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    はじめまして。
    新島学園について検索していて空羽ファティマさんのブログにたどり着きました。
    現在6年生の子供を持つ親です。

    私も夫も小中高と公立で過ごしましたが、いくつかの理由から子供は新島学園を受験させたいと思っています。
    子供も、学園祭やオープンスクールに行き新島学園を気に入り、頑張っています。

    ですが、小学校の5,6年の担任の先生にそれぞれ「新島受験を考えている」ということを伝えた時、お二人とも顔が曇りました。
    「いじめが多いと聞きます」と、お二人とも同じ理由からでした。

    それを聞き、信頼できる2人の先生がそうおっしゃることに不安を覚えました。

    いじめはどこでも起きることではあります。
    また、いじめられる子はどこに行ってもいじめられっ子で、いじめる子はどこでもいじめっ子だとも思います。
    いじめを完全になくすことはどの学校からもできない、だけど実際にいじめが起こったときにどう学校が対応してくれるのか・・。

    新島学園にはいじめがはびこっているのだろうか。
    学校はどんな取り組みをしているのだろう。
    6年間であることを考えた時、いじめに遭っていたらとても苦しむだろうな。

    そんな不安を感じています。

    なので、空羽ファティマさんのこの記事を拝読し、とても心強く感じた次第です。

    私自身も中学時代いじめられた経験があります。
    アラフィフの今でも思い出すと胸が痛みます。
    子供にはそういう思いをしてほしくなんです。
    子供にはいろんな経験が必要だと思うけど、いじめられるって経験だけは必要ないと思います。
    心を傷つけられるだけだと。

    これから、ブログを楽しみに拝読させていただきたいと思います。
    | 五月晴れ | 2016/05/14 8:35 AM |
    今、コメントに気づきました!お返事遅くなりすみません。m(_ _)m新島だけがいじめが多いということはないと思います。
    もちろん、新島にも、いじめはありますし、実際ある子がいじめにあったことを相談受けて、わたしもそこに、取り組みました。
    そして、校長先生はじめ、みなさんか、真剣に取り組んでくれて、いじめは、なくなりました。

    どこの、学校でもいじめはありますが、親と先生がしっかり、スクラムを組み本気であなたを守るよという姿勢をみせることが、大切だと思います。
    そして、
    いじめている側もまた、被害者であり、心が傷ついているから、いじめてしまうということも、大人は考えなくては、とおもいます。
    | 空羽(くう)ファティマ | 2016/11/23 6:32 PM |









    http://blog.camelun.com/trackback/1408244