CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 朝日新聞連載コラム<生まれてきてくれてありがとう>47 | main | 朝日新聞連載コラム<生まれてきてくれてありがとう>49 >>
朝日新聞連載コラム<生まれてきてくれてありがとう>48
0


    『学校にもっと自由を!』

     

     学校というところは不思議なところだ。なぜこんなにも、ものごとを面倒くさくするのだろう?

     去年の夏、小2の娘が持ってきたお便りに「熱中症予防のため、水はこまめに取りましょう。ただし、登下校中に水筒から飲むことは禁止されています」とあった。学校にいる時は水道が近くにあるが、登下校中こそ重いランドセルを背負い、のどがかわくのに。

     学校に理由を聞くと、コップが道に転がって事故につながる危険がある、とのこと。直飲みの水筒なら大丈夫では、と何回か説得して、ようやく許可された。水を自由に飲むことさえ規則に縛られ、許されない今の子どもたちが大人になって、果たして自分でものを考える力なんてつくのだろうか、と心配になる。

     「えー? そこまで管理するのお!?」と叫びたくなるほどに今、小学校では細かく決まりごとがあり、それを守るために、忙しいお母さんも学校に通って、いろんな係をこなさなくてはならない。

     プールカードには毎朝、全ての子が体温を測り、記入して印を押す。うっかり違う日付に記入したら、電話が先生からきて、親のOKがなければプールに入れない。それを一人一人チェックするプール係のママだって大変だ。体調の悪い子が「今日は休む」と言えば済むことではないか。おでこを触り、顔つきを見れば、その日の体調はママならわかるのだから。

     それから宿題の量がすごく多いことにも驚く。幼稚園から小1になって、いきなり山のような宿題に戸惑う子も多い。娘の小学校の下校は午後3時半と午後4時半。午後4時半に下校する日に習い事がある子は、宿題をやる時間がない。夕食を食べながらやるか、眠る時間を削ってやらなくては終わらない量が出る。

     漢字の練習、算数プリント、国語の教科書の音読……。しかも、それを付き添って見てあげていないと、家庭で目が行き届いてないとみなされてしまう。働いているママは、本当に大変なはずだ。

     宿題は、ここまでは必ずやる分、ここからは自主的にやりたい人がやる分と、自分で選べるようにしたらいいと思う。それぞれの子や、それぞれの家庭の事情があるのだから。学校の中にも、もっと自由な選択権があっていいのではないだろうか。

    〓〓(文・空羽(く・う)ファティマ 切り絵・海扉(かい・と)アラジン)〓


    2012年8月17日掲載文


    | 朝日新聞「うまれてきてくれてありがとう」 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。