CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
剣太の風
剣太の風 (JUGEMレビュー »)
キャメルンショップ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
<< 新作情報♪ | main | 朝日新聞連載コラム<生まれてきてくれてありがとう>41 >>
朝日新聞連載コラム<生まれてきてくれてありがとう>40
0

    2012年4月27日掲載文


    『生きる力を旅で学んだ』

     旅をするにはコツがいる。特に行き先が海外の場合、日本人はお金持ちで主張のできない国民だと思われているため、だまされることが多い。
     20代の私が世界をビンボー旅行してまわった時は、できる限りの工夫をして、それはもう必死だった。一番ボラれるのがまず、その国に着いて初めての乗り物だ。
     信じられないくらいのお金を請求されることはよくある。相場を知らない者と思われるからだ。だから乗ったらすぐに、こう言うのだ。「この国が私は大好きで何回も来ている」と。自分の住んでる国を好きだと言われて、悪い気持ちになる人はいない。
     その次にするべき重要な質問がある。「How many children do you have? (子どもは何人?)」だ。すると、さっきまでどうやってこの日本人からお金をふんだくろうかとたくらんでいた彼の目が、いきなり優しいパパの目になり、「4人だ」とか答える。
     その後は、できるだけ長く「女の子か?」とか「何歳だ?」とか、子どもについての会話を続けることが、彼をいい人のまま目的地に着かせるコツだ。
     子どもについての会話は、難しい会話ではないので心配ない。「女の子だ」「カワイイ?」「もちろんだよ!」「いくつなの?」「8才だよ」みたいな感じでね。そして目的地に着くと、彼はニコニコして荷物をおろすのを手伝ってくれたり、「良い旅を!」なんて言ってくれたりする。
     この技を編み出してから、インドでもベトナムでも、ほとんどボラれたことはないのでおすすめです。
     英語を話せないからと黙っている人より、できなくても手ぶり身ぶりでも相手と話そうとする人の方が、いろんな人が親切にしてくれるし、旅も楽しめる。
     発展途上国と呼ばれる国では、私はいつもご飯をごちそうになったり泊めてもらったりした。貧しくても彼らの心は十分に発展し、豊かだった。自分たちの食べる分までごちそうしてくれたり、自分たちは床で寝てるのに、私に木の箱の上で寝かせてくれたりした。
     人の心はこんなにも優しく豊かだということを体験し、そして一つ一つの日々のトラブルをどうやって乗り越えるかが旅のダイゴミだ。実際に自分の体で学んだ経験ほど、生きるチカラになるものはないと思う。
    (文・空羽ファティマ切り絵・海扉アラジン)


    | 朝日新聞「うまれてきてくれてありがとう」 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。