CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
朗読CD収録
0
    先週月曜のフェイスブックの投稿

    「ついに朗読CDの収録 開始!」 剣太くんの本には、キャメルン シリーズと同じように 本の内容に合ったオリジナル音楽を作曲して それをバックに作者の私が朗読した朗読CDを付ける。 今日は朝日印刷に本の打ち合わせに行った後 ついに朗読CDの収録をした。まずは、私の声から収録して、そこに音楽を付けていく。 以前は 本格的なスタジオで 収録していたが、何十万もかかったので、 マイクを買ったりして、設備投資して 収録と、編集は床屋の彼にしてもらっている。 彼は心臓の手術して退院したばかりだが、出版までにもう時間がない。 頑張ってもらった。ありがたし。 そして、奇遇だが 彼の床屋の店の名前は「スタジオOZ」。 まさに「スタジオ」なのだ! 今日の部屋の中はエアコンつけないと36度! ‥‥‥この温度はまさに、剣太くんが亡くなった日の道場の気温と同じだった。。 とても暑かったが、エアコンや扇風機をつけると風の音をマイクが拾ってしまうので、 雨戸閉めきった中で サウナ状態でやったので、汗だく、、。頭が暑さで もうろうとする、、。 でも 剣太くんも真夏の暑さの中 道着を着てがんばったので、 私も頑張らないと!と水をガンガン飲みながら 服脱いでインナーになって 頑張った!流石にその写メは撮れない^_^; しかも、暑さで頭がクラクラするだけでなく、本の内容が 内容なのですごく緊張したため、つい読み間違えてしまうのだ。 例えば 1個目のこの動画では、「翌日」を「翌朝」と読んでしまいやり直し、。 2個目の動画は 亡くなった後の剣太くんの顔を「緑色」と読むはずが「紫色」と読んでしまいやり直し。。 そしてよく、芸能人のテイクいくつ、とかいって、ドラマのNG番組があるが 何度も同じ言葉を繰り返して間違てしまう気持ちが、わかる。。 剣太くんの「優しい 性格」と言うべきところを、どーしても、つい「優しい 生活」と言ってしまうのだ!(>_<)(≧∀≦) ああ、次は間違えたらダメ!「性格!」「生活ではなく性格!」と 自分に言い聞かせれば聞かせるほど、一度そのモードに入るとなかなか出れなくて三回も「生活」となぜか言ってしまい 「まじめに やって!」と怒られた。(>_<)(≧∀≦) ええ、ええ、やっているんですよぉ〜!真剣に!でも 間違えちゃうんだよぉ〜!!(;_;) と、汗だくになりながら 頭を抱えながら、、、、。。悲しいシーンでは泣きながらの必死な収録、、。 顧問が剣太くんを怒鳴るシーンでは、大声を出すと、声が割れて収録してしまい、 怒鳴るシーンのセリフの時だけ、マイクから離れたり、また戻ったり、、が忙しかった。 本文に 感情移入しながら、 正確に言葉を間違えず、 噛まずに、 声の音量を調節しながら、 冷静な自分で読む、、 というのは ものすごい大変な作業なのだ。 そんなことをやっていたら、雨戸閉めてるのに バンバンと言う音がする、、花火?と思って外を見たら隣の子がバスケのドリブルの練習をし始めたらしい。 そういう音はかなり、マイクが拾ってしまい、収録が中止された。 彼は「遊んでる子供に 遊ぶのをやめてと、頼むのは無理だから、待とう」と言ったが 私は 子供でも、話せばわかってくれると信じて、まずはトライしてみようと思い、、 あまりの暑さに服を脱ぎインナーになってた私だったが、服を着て その子たちに、お願いに行った。 「あのね、お願いがあるの。 今ね、私ね、 剣道で ひどいシゴキの練習をさせられて、 亡くなったお兄ちゃんの本の朗読CDを お家の中で 録音してるの。 もう、そんなことが学校で起きないように そのことをみんなに、伝える本につける朗読CDを作ってるの。 子供たちの 命を守るための本なの。 でも、バスケの音が聞こえると収録できないから、すごく申し訳ないけど今日だけ違う遊びしてくれたら、嬉しいのだけど?」 と頼んだら、 子供たちは、快く「うん!わかったー」と言ってくれた。 いいこだ。 ちゃんと、説明すればわかってくれるね。 ありがとう。子供たちよ。 そして、キャメルンスタッフにシェアルームとして、この 収録に使う一階を解放してくれている家に住むスタッフ アッシュの赤ちゃんと、ポロンも協力してくれた。 二階にママと 3人で静かに待機してくれていた。。ありがとう! 、、、そんな風にして すでに4時間経過。。 この本は、愛梨の本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の2倍の長さがあるし、 愛梨の時は、311を目指して作ったので収録が暑くなかった。 、、、、 今日収録した私の音声をこれから編集して、間違えたところをカットしたりしてから、それをピアニストもっこに渡してその朗読の長さを基準にしてもっこが作曲した曲をそこに合わせて弾き、尺八やパーカッションを小田島さんがそこに入れ込み 音楽を製作する。 それをまた彼が 編集して、音楽と私の声をピタリと合わせる。。 そしてやっと朗読CDが出来上がるのだ。 朗読CDの後に入れる曲は ウクレレ奏者のマシャさんが一度作ってくれたのだが、よりいいものにする為に、今また作り直してくれている、、。 みんな追い込みに必死である。。 [今日のこの収録の前に、行った朝日印刷での本の製作過程報告は、次の投稿にします。 そして、あしたは伊勢崎の麺や蔵人で9/30の剣太くんの朗読コンサートの打ち合わせです。 いろいろが着々と進んでいます。〕




    | - | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    大変な震災になっている、、、
    0
      この「自由」というキャメルンの本はアラブを舞台にした「本当の自由とは何だろう?本当の豊かさとは?」をテーマにした本。 全てが一瞬に黒い波に消えていった311のことを話している自分を見て、今のこの豪雨はまさに津波のようだと思う。 しかもこんな12府県、、 広範囲の災害なんて、、、。 人ごとではない。。 これから 毎年こんな雨が降るかもしれない。。 地球が悲鳴をあげている、、。 あの311の日、私たちは今こそが転機だと思った。原発のこともあった。。でも、少し時間が経てばコンビニの看板は元どおりになり、被災地以外は 何もなかったように 震災前に戻ってしまった。 震災支援朗読コンサートをすると、「忘れていた震災を思い出しました」と、多くの人が言った。 あんな大きな悲しみさえ人は忘れられるのか? 辛いからこそ、忘れたい気持ちはわかる。 でも、でも、、だ。 今度こそ、私たちは、臭いものに蓋をしてはいけない。 地球のこと。環境のこと。 水のない道路を歩けること。 壊れてない橋がかかっていること。 浸水してない家に住めること。 そして、、生きていること。 今あるなんてことない日常は 決して「当たり前」ではなく、 これこそが、奇跡なのだということを、胸に刻もう。
      | - | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      9/30 伊勢崎あずまホール1じ。剣太の風 朗読コンサート決定!
      0
        悲しみの中にも光があふれる 「剣太の風」出版記念 朗読コンサート 剣道部の部活中 、顧問の「指導」という名の暴行により亡くなった、工藤剣太17歳。 なんと その顧問の罪は たった休職6ヶ月。。 日大のアメフト事件に 私達は「部活の在り方」を考えさせられました。 何より大切な 子供達の 心と命を守る為に今、私達が知っておくべきことを 美しい音楽とダンスに彩られた朗読コンサートとして伝えます。 [剣太くんのおとんと、おかんも大分からみえて講演します。 我が子を亡くした悲しみのどん底から発した言葉だからこそ 今、人生の壁にぶつかっている方の 心にまっすぐに届き その背中を優しく押してくれるでしょう] ……………………… 「自信がなく、自己肯定感を持てない子供がたくさんいます。 だからこそ、部活は 充実感と自信を持てる場であって欲しいし それは彼らの「生きる力」となるでしょう。 この本を通じて 剣太くんが「命をかけて渡してくれたバトン」をどう繋いでいくか?‥‥を共に考える会にしたいと思います。心ある皆様の参加をお待ちしております。 9/30日曜日 1時開場 1:30開演 伊勢崎あずまホール 文と朗読 、空羽(くう)ファティマ 切り絵 、海扉〔カイト〕アラジン 絵、内野公義 作曲とピアノ 、もっこ(キャメルンスタッフ) 尺八とカホン 、小田島英夫 歌 、マシヤ ダンス、てんこ(キャメルンスタッフ) ……………………… 講演、 おとん 工藤英士、おかん 奈美 …………………………… という文を チラシを作ってくれる船戸雅子さんに今送りました。 伊勢崎市議会議員の小暮 笑鯉子 さん、麺や蔵人の内野さん、第1印刷の赤石さん、テニスショップマインドの鶴淵さん、久米スタディハウスの久米さん、アーティストの、もてぎかやちゃん、たち、、 みなさんが力を合わせていい会にしようと動いてくださってます。 心あるみなさんの参加をお待ちしております。 詳しくはまた、お知らせします。







        | - | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        もしも、あの子がかえってきたら、、。。奈美さんの言葉は悲しみの中にもあったかさがあり、それが胸にしみる。
        0
          朗読CD収録したり、朝日印刷に校正チェックに行ったり、剣太くんの朗読コンサートが9/30に伊勢崎、あずまホール1時に、決まったのでその打ち合わせとか、、バタバタしていた。。 昨日の剣太くんのおかんの奈美さんの投稿。。「学校事故をなくそう」とか、「部活の在り方を考えよう」とか、、、そういうこと、超えて、、こんな悲しいママをもう出したくない、、そのためだけに朗読コンサートしよう、、と思う。。。。…………………………………………………………遺族ともだち? 牛飼いしてると ラインが入った。 「あの子に逢いたい…」と 「逢いたいね… あの子ら何してるかな」 「ただいまーって帰ってきたら どーする?」 「泣く…」 「泣くだけかな…想像できんなー」 「ごはん つくりたい!」 「手を繋いで買い物行く。 作る間 ずっと喋り続けて、私はハンバーグや」 「私は あの子が好きな 豚ばらの炊き込みご飯かなー。作る間 消えんよーに何度も何度も振り向くな…」 彼女は言った… 「そして 身代わりに 私が行く…」 ・・・泣けてきた。 代われるものなら・・・ 彼女も職場で泣いた。 私も 牛舎で泣いた。 ありもしないこと… でも 私たちの頭の中には こっちをみて 微笑む あの子がいた? あの子のこと 真剣に思い泣く時間… あっていいよね。 そして 最後は「仕事 頑張るかー?」で おしまい。
          | - | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          講演依頼来ました。
          0
            講演依頼を頂きました。 先週の土曜日の、東吾妻町PTA指導者研修会に参加した中学校の役員さんが、「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読コンサートと、その後の 講演が、とても感動して良かったので、ぜひうちの学校の生徒と保護者に 聴かせたいというので、PTAセミナーの講演依頼がありました。 10月3日(水曜) 東吾妻町立東吾妻中学校 生徒300名と、その保護者対象 ‥‥‥私の講演会や、朗読コンサートの依頼は、たいていは 一度聞いてくださった方からです。 「ぜひ、うちの学校の生徒や保護者にも聞かせたい」と 依頼されます。 普通のご家庭や、ママ友の集まりにでも、朗読コンサートにも、講演にも、行きます。 堅苦しくなく、気楽に話せる「ファティママカフェ」として、お茶を飲みながら子育てトークをする、、という会も好評です。 子育てママに、「正しい子育て」を理論として話すのは得意ではなく、 自分がやってみて、こーだって、あーだった、という体験談や、 自分をつい、責めがちな子育てママの背中を押す一言や、 風穴をあけるゆるい考え方を「こう考えたらいいかも?」と提案するスタイルが得意です。 私は立派なママとして、講演するタイプではないので。 小学校のPTA会長を、した時に 毎月手書きの PTA通信を書いて、 教頭のきびしい校正を受けて、 それを自分で750人分コピーして、クラスごとに枚数数えて分けて、 一年一組何人、とフセンを貼って 全校生徒の保護者に渡していました。 手書きにしたのは、活字だと読まないママがほとんどだけど、 手書きのお知らせは珍しいので、つい読んでくれるからです。 しかも、私のうまくない字は目立つしね。^_^; 月によってテーマはいろいろ、 「子供服の簡単デコの方法」とか、 「プールの消毒槽のリスクを考えよう」とか、「いじめについて」とか、「命について」とか、「個性について」とか、、、思いつくままに、 いろいろ書いた。 イラストとか入れて、かわいく読みやすく。。 そして、会長をやめてから何年も経つのにいまだに、「あの時の、会長さんの、手書きのPTA通信は、楽しみに読んでましたよ」とか、 声をかけてもらえることに、感動する。 ぶっちやけ、750人分の、コピーは、大変だった。 でも、他の役員さんの仕事を、私の勝手な思いつきに付き合わせて、増やすのも悪いので、コツコツ一人でコピーして、数えて、、を毎月やり続けていた。。 そうやって、頑張ってやっていたらこんなに時間がかかっても人の記憶に残れるのだなあ。。 心を込めてやると、伝わるのだなあ、、って、教えてもらった気がする。 もちろん、仕事は通信書くだけではないので、 年間80回以上 学校に通った。 (ほとんどは、無駄な会議だったあんなにつまらない会議してるから、役員になりたい人がいないのも納得。もっと、やるべき事がある。、、それについてはまた今度話します ) 、、とにかく、ものすごい忙しい会長仕事だったけど、あれも 子育てママに 講演をする上で、私のいい経験になっている。 頑張った恋愛も、生徒たちに話せるし、海外旅した事も 、41で始めて子供産んだことも、、 どんなことも、経験として私の中の引き出しにしまわれていて、 なにかの時には、引き出しを開けて 役に立つ。 だから、若者よ。なんでも、経験しなさいね。 失敗してもいいよ、というより、失敗こそ、肥やしになるのさ。 たくさん泣いて、たくさん学んで、たくさん笑えばいいんだよ。 その全てが あなたを造る。 あなたは、あなたが なりたい人になる。
            | - | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            7/7にFBにした投稿
            0
              テレビの映像は、これは311のあの日ではないか?!と思わせる。。。 あの時 私はあまりに悲しくて寝れなくなり 明け方はいつも 息が出来なくなり携帯酸素を口にシューシュー当ててやっと生きていた。 投稿しなかったけど 実は 先日3日に、心臓の手術した彼は、MRや心電図の検査クリアしたので、退院できることなっていた。 が!その退院の朝 発作が起きたのだった。 心房細動のカテーテルアブレーションの手術すれば 不整脈が治ると言われて やって、 太ももから管を入れた傷口が開くと危ないからと、 8時間ベットに拘束されて トイレも行ってはダメと言われ 尿管入れられて安静にしてがんばったので、 「まじか?!」ってものすごく落ち込んでた。 たしかに落ち込むだろう。私もショックだ。 入院した日は ワールドカップの日本戦だったので、、 そこに意識を向けてて 「個室に移してもらって応援する!」とか、言ってたし、 かわいい看護婦さんに、点滴の針入れるのを二回も失敗されて グリグリされたとこが内出血したりして、「看護婦さんは顔より技術だね」とか、、 シリアスモードではなく、いられたけど最後の最後に、あっちやー!の事が起きてしまい、、。 参った、、。(>_<) 今は彼だけでなく いろんな試練が人々を襲っている。。 タイの洞窟では、少年たちもまだ、閉じ込められている。。 日本でも兵庫、京都、岐阜など西日本から北日本の広い範囲で 観測史上かつてない大雨で、最大級の警戒を!とアナウンサーは言っている。 こんな異常気象はやはり温暖化の影響なのだろうな。。本気で対策したいと毎年こんなのが、起きちゃう、、。 車も流されたり住宅に取り残されて助けを待つ姿はまさに、まさに、、津波の時みたいだ。。 辛いことに目を向けがちだけど、私たちも、「ないもの」でなく 「あるもの」をみないとだ。 好きなお酒も飲めず タバコも吸えずゴルフも出来なくなっているので、「何も楽しいことない」と、落ち込んでいるけど、 浸水してない家があり、年齢的にも脳梗塞になる確率は少ないと言われたし、 この発作も「再発」かどうかは、術後三ヶ月しないとわからない、とドクターは言う。 風船で心臓を焼いた反応で、一時的に過敏に反応している可能性もあると言うから。 だから、今は心配しすぎてストレスためたら、精神がやられてしまうから 「きっと良くなる」と思っていた方がいいのだ。そう思うしかないのだから。 もし、三ヶ月しても、まだ発作が起きたら、、、その時は、、その時に、考えよう。 年取った時に「あの時に、発作が術後に起きたお陰で それが、タバコやめるきっかけになり、 今長生き出来てるね」 と言えたらいいな、と思いつつ。。 スカーレットオハラのように、「明日は明日の風が吹く」と思うようにしよう。 「明けない夜はない」は私の好きな言葉だ。 38人死亡。47人安否不明、、。 テレビでは、わんこを抱えてボートで、救助されて人が降りてきている。 人が流されていると言う通報もあふという。 生きて行くって大変だ。 病気にもなるし、事故にも 災害にもあう。 その中でなんとか、生き抜いて、楽しみを見つけて、、 生きて行く力を持たなくては。 ああ、今、 お母さんと子供が土砂崩れの中から見つかって亡くなっていた、とテレビで、言っている、、。 (;_;)(T_T) かわいそうに。。。 早く、早く、雨が止みますように。。 宗教は持ってないけど、 人間の力ではなんとかならないことに、なると 「神様お願いします。助けてください」って、祈ってしまう、、。 こういうことがあると、普段の悩みはたいてい 「贅沢な悩み」だったな、、って思うよ。。 命があって、家があれば、、まずは、幸せ、、なんだよね。。 311の時も みんなそう、思ってけど人間はすぐに、喉元過ぎると忘れちゃう。。 そこをいかに学べるか、、なんだよね。。 私たちはそのために、311で亡くなった愛梨ちゃんの「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読コンサートを続けているんだ。 [あ、ちょっと、いいニュースだ! テレビがニュースから、 ワールドカップに変わってて、ベルギーがブラジルに勝ったのね!と知った。 いろいろが、バタバタしてて 日本戦終わってからは ワールドカップどこではなかったから、この試合をいつやったかも 知らなかった。 日本の選手たち、すごく、すごく、すごく!!がんばって感動したから 日本が二点先取した、ベルギーに優勝してもらいたいもん。 試練の中でも、ちょっとでも明るいものに、目を向けていたい。]


              | - | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              あの日のようだ、、(;_;)(T_T)
              0
                なぎ倒された木々、流れていく人や車。。 真っ黒な土砂と 家に流れ込む茶色い水。。 屋根の上に取り残された人々。 ボートでの避難。。 きっと東北では、みんなが あの日を思い出してしまい、 つらくてテレビ見られないのでは? でも、逆に被災地でない人たちは、 あの日を 「思い出さなくては いけない」 と思う。 過去の記憶にしてはいけない。。 心が震えたあの日。 これが現実なのか?!と、目を覆いたくなる悲しみ。。 多くの命と、思い出の詰まった家や 物が、、形あるものも ないものも、全てを黒い波が一瞬で さらっていった。 あの日は 大きな犠牲を払った教訓として、 絶対に忘れてはいけないと思うから私達キャメルン グループは、震災支援として、 あの日亡くなった愛梨ちゃんの本、「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読コンサートを続けてきた。 不安の中で過ごすたくさんの人々を神と名のつく方たち、、お願いです。 どうか、どうかお護りください。 愛梨ちゃんも、お空から 守ってね。
                | - | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                麺や蔵人、内野さんの熱い投稿
                0
                  以下は伊勢崎で、麺や蔵人という美味しいラーメン屋さんをしている内野さんの投稿です、熱い男のラーメン、食べに是非行ってください。剣太くんの絵を描いてくれた方です。 【剣太の風】 この絵本に携わらせて頂くキッカケになったのは自身の店に飾ってあった絵がキッカケだった。 藏人の大ファンの内門さんにご紹介頂いた、絵本作家の空羽ファティマさんが店内に飾ってある絵を観て、現在手掛けている絵本【剣太の風】のイメージに合っている?? このタッチで剣太君の絵を描いて欲しいというのがキッカケだった。 そもそも絵を店に飾りだしたのは、以前、「あなたの描く絵はあなたの魂の分身!店に飾っておけば同じ波長の人が集まる」といわれたからだ・・・。 剣太君の絵を描かせて頂いた後に、僕は自分が今世に生まれて来たルーツを知りたくてある方に前世の鑑定をして頂いた。 その昔・・・海賊!インディアンと自由に生きていた時代があったらしい。 特に海賊だった時代はあらゆる悪事を働いていたらしい。 インディアン時代も白人との戦いの中で悪事働いていたらしい。 自由に生きたい!世界を駆け巡りたい!使われる人生はヤダ!といつも思っていたのでその鑑定は納得できた。 そして鑑定の結果今世に生まれて来た意味が判明した! それは【償い】だった。 自分の商売がうまくいかなかった時、バリ島の大富豪丸尾さんに人の幸せを徹底的に願って生きろ!そして人の為に尽くせ!と言われた。 親がつけてくれた名前は【公義】 おおやけに義理人情の義!名前の意味の重さを再認識した。 自分はスピリチュアルなチカラはありませんが、色々な人に教えて頂くアドバイスが自分の意思とは関係なく人や思いが繋がって行く。 今回剣太君の絵を描かせて頂く事になったのも生まれる前から決まっていたと強く感じた。 17歳で尊い命を天に返した剣太君の運命の話しを聞いた時、指導者の愚かさと悔しさとで涙が止まらなかった。 他人の誰かの為にこんなにも泣いたのは初めてだった。 お母さんの奈美さん、お父さん、弟さんの気持ちを考えたら切なくて苦しくなった。でも、ご家族を慰める言葉なんて出て来ない。何もできない無力さが虚しかった。 ファティマさんにこの絵の依頼を受けた時、詳しい話しは知らなかった。でも、直感でこの絵は描かなくちゃいけないと思った。 こんな無力な自分でも、絵を通してご家族に寄り添う事はできるんじゃないかと思ったからだと思う。 バリ島の大富豪丸尾さんに出逢ってから、人の幸せを願えるようになれた。そしたら自然と口にする言葉や行動が変わってきた。 僕は僕がらーめんを作ったり、絵を描いたり、言葉を贈ったり、何かをする事で誰かが幸せになれるお手伝いができたら幸いだと思っている。 ファティマさんと出逢った事は必然だと感じたし、剣太君の絵を描かせ頂いた事も全部必然だと思う。 そして、前世で剣太君との接点があったと思わずにはいられない。 剣太君のお母さんにも、ファティマさんにも、内野さんには剣太が逢わせてくれたご縁だと言って貰った。 これは必然以外に何事でもないご縁であり、今世に生まれて過去を償う為のご縁だと受け止める。 この絵本【剣太の風】は剣太君の命日の8月22日に発売されます。アマゾンでも買えるそうです。 そして、9月30日は大分からお母さん、お父さんをお招きして、空羽ファティマさんによる朗読会やご両親の講演の開催が決定しました。会場はまだ未定ですが、追って告知していきたいと思います。時間は午後を予定しています。 この様な尊い命を失う事件が起こらないように皆様のご参加とシェアをお願いいたします。 剣太君の事件を報じたニュース↓ https://youtu.be/Waw5mfNVQEc









                  | - | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  その講演会のアンケートで感動したこと。
                  0
                    「正直に書いてくださった あるお父さんの本音のアンケート」にとても心を打たれたこと。。り ママ公認の家出娘を一週間面倒みていたが、落ち着いてきたし いろんなことを伝えたので、ひとまずは、今日無事に帰って行った。 「近いから いつでも、来たいときは来ていいからね」と伝えて。 いつでも自分を迎えてくれる逃げ場所があるということで、 安心できると思う。 最後の夜は、「学校生活における人間関係」について食後に語った。 家族以外の大人と ガチで話し合うって機会は必要だと思う。 彼女を子供としてでなく、対応なんて大人として、ストレートに意見を言った。 「なんだか、この人私に本気で向かい合ってるぞ」とわかればいいとおもって。 子供だからといってテキトーにあしらうと、信頼関係がなくなるからね。 大人の本気を、感情表現を、見せることは大事なのだ。 それを昨日の朗読コンサートのアンケートでも強く感じた、ことを 話そう。。。 ‥‥‥昨日は PTA役員さんと学校長たち向けの朗読コンサートも講演会をしてきた、という投稿をしたが、 「素晴らしい朗読コンサートでした!感動しました!」と書いていただくのは、もちろんうれしい。 でも、本音でガチでくれた方のアンケートは別のところがジーンとする。 本気で向かい合ってもらった手応えがくる。 ある方のアンケートより、、。 「初めは あまりにファティマさんの感情移入した朗読に、驚いてしまい、 引いてしまっていた私がいました。 けれど、朗読コンサートが終わったあと、「大人が本気で表現する姿を子供に見せよう」という講演を聞いたら、 たしかに 私は子供達に対してカッコつけてメンツを守る態度を取ることが多くあったことに、気付かされました。 そして、私自身が失敗してもいいんだ、、。その時は謝ればいいんだ。。と思え、助かった気がしました。 ありがとうございました」 と書いてくださった方のアンケートに、感動しました。 こんな風に正直に本音を打ち明けてくださったことに、感謝します。 そして、自らを省みて 楽になってくださったことが、とても、嬉しいです。 この方だけでなく 日本人は「感情を表に出す」ことについて、照れたりそれを悪いものだと思ってしまう方は多くいます。 でも、だからこそ、私は「気持ちは正直に表現していいし、 あなたは、あなたのままでいていいのよ」 ということを 朗読コンサートや、講演の中で 伝えたいから。 [朗読者自身は 淡々と読むべきだ、という人が多いのは知っているが、 子供にも「正しい朗読の仕方」では、 「読み手は、感情移入しすぎないで読むべき」とか、 教えられているが、 人によってその表現方法は、いろいろでいいと思うし、普通は他人が書いた本を読むが、 私は私自身が書いた本を読むから 感情移入しないで読むことなんて、できないし、 そんな、淡々と読める本なら書かない方がいい、とさえ思ってしまう。 なので、空羽(くう)ファティマ的には、朗読しながら、泣いてもいいと、思ってる。 これが私流だ。まあ、実際涙だけでなく 鼻水が出てしまうのは 困るけど 仕方ないよ、 生理現象だから。許していただくしかない。。(>_<)(≧∀≦) ただ、大きな舞台では響くから、鼻をかむ回数を減らそうとして、どんどん鼻がたまってしまい、結局噛む時はたくさん一度に噛まなくてはならなくなり、この前のベイシア会館の朗読コンサートでは、 ステキなバレエのダンスの合間に鼻を噛まなくてはならず、、座って密かにやったつもりだったが、 バレていたので、、 それは反省したので、次回は袖に隠れて噛むことにした。] ‥‥‥‥‥‥ま、とにかく、感情表現するということを、そこを親自身が 自分に許してほしいのだ。そうしないと、そんな親に育てられた子供も、 感情を出せない子になる。 日頃から感情を表現する練習を してないと、本当につらいときに、つらいと言えず、イジメなどをされた時も、 一人で耐え続けて、追い込まれてしまうから、、。 楽しいときに、笑えること。 悲しいときに泣けること。 つらいときに、つらいと言えること。 ‥‥‥それは、「生きる力」なのだ。 この方の、本音のアンケートを読み、また講演でわたしが話すべきことを学ばせていただいた。 次はこの、アンケートのことを例にして話をしたら、わかりやすい話ができるね。 初めは、私の感情をこめた朗読コンサートに、ついていけない自分がいた、、そして、なぜそうしてしまうのか?を、自問自答したら、 自分は子供に対して、カッコつけてメンツを守り失敗することを恐れていたからだな、、、 という気づきを、持ってくれた、、、。 なんて素晴らしいパパなんだろう! 自分の 性格や今まで子供に接してきたやり方を、省みたり 変えようと思うことは、簡単ではないし、すごく勇気がいることだ。 そして、その反省をアンケートにこうして正直に書いてくださったこと、、。 本当に心を打たれました。ありがとうございます。 学ばせていただきました。 おかげで、いい仕事をさせていただきました。 そして、朗読コンサートとして、本を読むだけでなく、その後に 「大人か本気で気持ちを表現すること」の大切さ、についての、 講演をしてよかったな、と思いました。 今度はそんな風に、朗読コンサートの時は話すことにしよう。 アンケートに、書いていただいたことは、こんなふうに、 次回、よりよい朗読コンサートを作るための参考にさせていただいてます。 わざわざ、文字にするのは面倒だと思いますが、 書いていただけると助かります。 (追伸、この投稿を書き終わってから、担当の方に確認しましたら、 お名前を出さなければ他の方のご意見も載せていいということなので、他のご意見も一部、載せさせて頂きますね。}今まで 感想アンケートは、投稿したことがなかったのですが、 この方のように、「感情を表現することは苦手」と思われる方は多いと思い、載せさせていただきました。 今回は、学校の指導者の為の研修会のように、依頼されてやる朗読コンサートは、一般の方向きのものと、その方たちだけの会があります。 このあとは、ピアノの発表会の中での朗読コンサートなどをやり、 次回の一般の方への朗読コンサートは、9/30剣太くんの朗読コンサートです。おかんやおとんも、大分からみえてお話ししていだくので、是非、おいでください。まだ、会場は未定です。











































                    | - | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    指導者研修会で、講演してきた
                    0
                      今日は 東海吾妻町こども園、小、中学校PTA連絡協議会と教育委員会主催の、「指導者研修会」の講師として、 「命の大切さを伝える朗読コンサートと講話」 硬い会なので、今日はおとなしめの服の空羽(くう)ファティマと キャメルンスタッフのピアニスト、もっこと ダンサーとプロジェクター担当でてんこ、行ってきました。 (もっこは、このまま、登山に向かうハードスケジュール。。) はじめに、少しお話ししてから NHKニュースウオッチ9で、特集として全国に放送された、愛梨の本のメイキングストーリーをプロジェクターで映し、 そのあとまた、少し話してから 「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読コンサート。 そのあとは講話タイム。 子育ての話、 つい子供に色々期待しがちだけど、「ただいま」と生きた体で帰ってきてくれるだけで充分なこと。。 PTA会長が多いので 私が会長してた時に何をどう改革したかの話。[マッサージをしあった友達を、殴る気にならないだろうからマッサージ教室をやったこと。 プールの消毒槽をなくしたこと。毎月手書きのPTA通信を書いたこと。などなど) 剣太くんと、日大のことからの 支配的な部活動にならないように、 大人がきちんと見守らないとならないこと。 PTA会長してつくづく わかったけれど、学校の先生は本当に忙しいので、 その先生に、勉強から、生活から、イジメ問題、進路問題すべてを押し付けず 親もきちんと子供と向かい合わないと、先生だけでは対応なんてできないということ、、 などなどの話をした。 参加してくださった皆さん、本当に真剣に聞いてくださり、アンケートも熱く書いてくださり、おかげさまでとてもいい会になりました。 普通は学校では本は売らないのですが、全額被災地寄付ということで、愛梨の本は、売っていいということにしていただき、また、今日も心ある方に愛梨ちゃんが引き取られていきました。 本の中で愛梨ちゃんは、こうしてみんなの心の中で生き続けていきます。






                      フェイスブックには講演の動画もこの後のせてます。

                      | - | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |