CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
また、アメリカの学校で銃が、、
0
    親友が銃に撃たれ亡くなった男の子が泣きながら トランプ大統領に訴える。 「戦争で使う武器がなぜ店で買えるのか?!」 我が子を亡くした父が声を荒げて怒る「私は怒ってる、なぜこんなことが繰り返えされるのか?!娘はもうここにはいないんだ!」 、、彼は二度と 大好きな親友とランチできないし お父さんは二度と愛する娘にハグをできない。。 もう二度とだ。 尊い命が消えてしまったのだ。 誰もが買える 店に売ってる銃で。 銃は必要、核は必要、〇〇は必要、、「必要」ってなんだ? 命奪うもので、必要なものってあるのだろうか?
    | - | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    シニアの人を集めてやる、素敵なファッションショーの記事を読んで
    0
      シニアの元気な人を集めて、ファッションショーする企画を読んだ。 輝いている人の言葉を聞くと元気がでるね。私もいつも元気なわけではないから、心が痛い日はこういう言葉がしみる。 うん、そーだね!私も頑張ろう!って背中を押してもらえる。 「考え方を変えると生き方が変わる」みたいなこと言ってて、ウンウンと頷く。 「やりたいことは、ふと思いつくの」みたいなことを言ってたけど、私もいつもそーだな。 本を書くときの一番初めの言葉とか、、 その一言を待つ。あとは、ストーリーは、その言葉についていく、、って感じ。 頭で考えるよりふと、思いつく。ひらめくっていう感じ。 それは、別の言葉で言えば直感とか、いうのだろうな。 そして、それは誰でも持っているものだと思う。 それを「自分は持っていない」 という人がいたら、 それはただ、持っていることを「気づいている」ことと、「気づいていない」ことの、違いだけだと思う。
      | - | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      子供の命にかかわることくらいは、真実を伝えてほしい。
      0
        以下、工藤剣太くんのニュースを見て想うこと。
        9年前、県立竹田高校の男子生徒が剣道の部活動中に亡くなった事故で、大分地方検察庁が業務上過失致死の疑いで書類送検された当時の顧問らを不起訴にしたことに対し、生徒の両親が福岡高等検察庁に不服を申し立てていましたが、申し立ては認められませんでした。 この事故は平成21年8月、県立竹田高校2年の工藤剣太さんが < [剣道の 部活動中に熱中症で倒れて亡くなったもので ] 当時の顧問と副顧問の2人の教諭が業務上過失致死の疑いで書類送検されました。 これに対し大分地方検察庁は、平成24年に2人を不起訴にし、その後、両親の申し立てで、大分検察審査会が「不起訴は不当」とする議決をし、改めて捜査を行いましたが、平成26年に再度、不起訴と判断しました。 こうした大分地検の処分に対し、両親は去年5月、福岡高等検察庁に不服申し立てを行っていましたが、福岡高検によりますと、今月16日付けで「申し立ては認められない」と判断したということです。 20日、福岡高検を訪れ今回の判断が伝えられた工藤剣太さんの両親は、来月にも最高検察庁に不服を申し立てるということです。 母親の工藤奈美さんは「これから先、学校で傷つく子どもたちが減るように大切な命を守っていくために、来年の時効まで、あきらめずに声をあげ続けていきたい」と話していました。 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 いつも思うけど、いつも言っちゃうけど、、!!! 「部活中に熱中症で亡くなった」という、この説明は絶対正しくない! それは、一番大事な 亡くなった理由について全く触れてない! この説明だけだと、{剣太くんが自己管理できなくて、水をきちんと飲まずに亡くなった}のだと思う人もいると思う。 それは、全く、違うものね((~_~;) 守ってくれるはずの顧問の先生に、残酷すぎる暴行受けて、水飲む事も許されないで、、、その日のうちに亡くなってしまったのだものね。。 それは、真夏の体育館で、部員全員見てた中で行われて、証人はたくさんいた。 (その場にいた、部員たちの心の傷もそうとうだったろう、、。 大好きな優しい主将の剣太くんが、目の前で 顧問に暴行受けて、熱中症になりフラフラして倒れたら 演技するな!と馬乗りになって殴られたのだから、、) こんなひどい亡くなりかたをしなければ、、、剣太くんのママたちら、こんなに辛い戦い続けてないのにね。 それを、顧問のしたことにはなにも触れずに、ただ熱中症で亡くなったことしか伝えないのは、「大人の理由」なのだろう、、。 でも、こういう報道の仕方、これは、正しくないどころか全く別のことをみんなに 伝えてしまっていることが本当に悲しくなる。 そして、こんな事なかれのことが世の中では、通っているということを ほとんどのママたちは知らない。 私が講演で話すと、みんな本当に驚き、「まさか?!」って言う。 そんなひどいことが?!って。。 でも、現実起きている。剣太くんだけではなく。。 だからこそ、こんなに子供が守られない社会だということを微力ながらも、伝えないと、と思う。 剣太くんだけの、ためではなく、みんなの子供の命を守るために。 剣太くんママ なみさんもそういう思いで動いているのにね。 あっ、また、つい熱くなってしまった。 でも、これは人ごとではないのです。。
        | - | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        たくさんの子供たちが一瞬で真っ黒い渦の中に消えてしまったあの日。二度とその悲しい過ちを繰り返さないために、、。
        0
          被災地に震災で亡くなった愛梨ちゃんの絵本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読コンサートに行ったときに、 避難していた校庭でたくさんの生徒が亡くなった大川小にも行った。 そこで校舎を案内していただいたのか、この投稿をした佐藤さんたちご遺族の方たちだった。 天井まで押し寄せた黒い波の跡。 体育館ごと流されていたのに、銀河鉄道の絵を子供達が描いていた壁は残っていて そこには、「未来を拓く」の言葉があった。彼らの遺したメッセージを受け止めたい。。 我が子の名前がついたフックをなでながら、「ここに来るたびに、なでるのです」という言葉に、胸がえぐられる悲しみを見た。 子供達が、避難させられていた校庭のすぐ裏には彼らが登り慣れていた低い裏山があり、そこに登れば助かったのに。 「先生!裏山に登らなくては死んでしまう!」と先生に必死に言ったのが この佐藤さんの息子さんのゆうきくんだった。なのに、、。。。 たくさんの、無念。 たくさんの、たくさんの、悲しみを抱えながら大川小の校舎は佇んでいる。 子供達が大好きだった もう誰も乗らない一輪車がたくさん積まれていて、、それがとても、とても悲しかった。 声なきその声に、これからも私たちは耳を傾けていきたい。 佐藤としろうさんが、おっしやった「子供の命を真ん中に」という言葉を噛みしめる。、、、、、、、、、、、、、< [もうすぐ7年にあの日からなります。大川小のことについて書かれた本が出たそうです。これを学ぶことでか私たちは、二度と同じ間違いをしない、「子供を守れる社会」にしていきたいです。 < 【書評】大川小学校の悲劇を英国人ジャーナリストが描く 『津波の霊たち 3・11 死と生の物語』 『津波の霊たち3・11死と生の物語』リチャード・ロイド・パリー著、濱野大道訳(早川書房・1800円+税)  英国人ジャーナリストによる渾身(こんしん)のノンフィクションだ。筆致は精緻で叙情性に富み、文学の域に達している。  描かれているのは、東日本大震災のとき、市役所の広報車の津波警告を教師たちが無視したために、校舎にいた児童のほとんどが犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の悲劇である。  もともと英語で書かれた本だが、著者が参照した資料をもとに正確な日本語に訳されており、2人の児童が教師に対して言った「先生、山さ上がっぺ」「おれたち、ここにいたら死ぬべや!」といった言葉も忠実に記されている。  津波に遭遇した児童や彼らの保護者らの当時の状況は、眼前で展開するCG映像のように再現され、読者は恐怖と寒さを追体験させられる。  本書の特質は、一つの事件を通して東日本大震災の全体像のみならず、日本人の本質と日本社会の現実を描き出していることだ。  津波が襲った翌日、誰かに命じられることもなく、泥と悪臭の中で児童たちの遺体を掘り出し、並べ、川から濁り水を汲(く)んで遺体を洗う地元の人々や、震災後、巨大なショベルカーを操作する免許をとり、自分の娘の遺体を見つけたあとも、行方不明の児童たちを探し続ける中学校の女性教師の姿は神々しい。  一方で、法的責任を逃れようとする大川小学校の校長や市の教育委員会、生き残った教員の嘘の証言なども容赦なく描かれる。不誠実な態度が子供を失った親たちの怒りに火をつけ、宮城県と石巻市を被告とする損害賠償訴訟の提起へと導く。しかし訴訟を起こした親たちは、地元でさまざまな不利益を被る。  本書には、死者の霊に取り憑(つ)かれ、常軌を逸した行動に出る人々を除霊する住職の話が出てくる。これは本当のことだろう。この部分は、大川小学校の悲劇という縦糸に織り込まれた横糸の役割を果たし、震災という未曽有の事態に遭遇した人々の苦闘を生々しく表現するだけでなく、命とは何かという根本的な問いを投げかけてくる。  訴訟の一審判決については、本書で読んでもらいたい。(リチャード・ロイド・パリー著、濱野大道訳/早川書房・1800円+税)  評・黒木亮(作家)
          | - | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          子育てを楽しもう。ヘアの巻
          0
            今日はちょっと変身してみたよ。 秘密はこれさ。 ビフォーはこれ。^_^; f^_^;)

            子育てって、真面目にやりすぎると、疲れちゃう。たまには赤ちゃんで遊ぼう!
            | - | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            空羽(くう)ファティマ 小学校卒業式のあいさつ
            0
              もう直ぐ、卒業式ですね。
              ユーチューブで、空羽(くう)ファティマ卒業式あいさつと、入力していだたくと動画がみれます。
              以下は過去の投稿。。 「卒業式、保護者代表のごあいさつ。」 ママたちに、「すっごく泣けたよぉ!(≧∇≦)本当に素敵なスピーチをありがとう!歌もよかったあ!! 伝説に残るねぇ!」と喜んで 頂き、 悩んだけど、歌ってよかったあ。。 いつもは、2時間の講演するときも、紙を見ずに、ずっと聞いてくれる人の顔だけをみて、講演しますが、 今回は 最後にパタパタと折る長い紙に話した挨拶を先生に渡すらしいし、 泣けてしまい頭が真っ白になりそうだったので、 一応紙に書いていきました。 心配した通り、すでに、もうこの挨拶の前に、 子供たちの歌を聞いて、もう鼻水チンチンの号泣してて、 目を赤くして、挨拶始めたのでした。。(≧∇≦) 娘には、「ママ、ホントに歌うのぉ?!^_^; 」 と引かれていた最後の歌「あなたが生まれた日」ですが、 これは、娘が生まれた日のことを思いながらお風呂で作った歌で、 愛梨ちゃんの絵本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読CDに収録した曲です。 それから、、、 マイクの前に立ったときは、本当にびっくりする近くの距離に校長先生が立っていて、、 ええ?!この距離で、話すのぉ?! ((((;゚Д゚))))))) と思いましたが、 事前に子供たちと保護者への、メッセージをメインに話すことは、先生に了解受けていたので、 校長先生には、「マイク、動かしていいですか?」 と ことわって、校長と笑えるくらいに、真向かいしてた、マイクを子供たちの方に向けて話しました。 歌は、 手で、赤ちゃんを抱いてあやすしぐさを表現して、 歌いたかったので、いつもの朗読コンサートの時はスタンドマイクを前に、遠慮しながら動かす手では、やりたくなくて、 マイクスタンドを横にどかして、生声で がんばって歌ってみた。 リハーサルも なしだから、 大きな体育館では声が届くか?! とも心配だったけど、想いが伝わればいいか、、と思い やってみた。 泣いた後だし、、これは、もうカケでしたね。。 でも、ちゃんと、届いてホッ。 天国の愛梨ちゃんが、 見えないマイク、持っていてくれたのかな? 卒業式の数日前に、いきなり、頼まれた挨拶だけど、 やれて嬉しかった。 頼まれて嬉しかった。 本当は、立候補したいほど、だったから。 だって、 中学生は、ホルモンの影響で、体と心か不安定になり、1番自殺が多い時期だから、 楽しいけど、大変でもある中学生活に向かう、子供たちにどうしても、伝えたい言葉が、 あったから。 「生まれてきてくれて‥‥ パパとママと呼んでくれて、 ありがとう。 あなたたちは、 かけがえのないパパとママと先生と、、宇宙の、宝物です。 大切な大切な命です‥‥‥」 と言いたかったから。。 ‥‥‥飛び立て。希望を胸に。 たくさん失敗してもいいよ。 たいていのことは、本気でがんばればなんとかなるけど、 思い通りに行かないことも時にはある。 でも、それも、「経験」という、いい宝物になり 生きていくチカラになる。 あなたたちの未来は 希望に満ちている! ‥‥‥よくぞ、ここまで 元気に育ってくれました。。 パパとママの子供に、なってくれてありがとう! パパとママ、と呼んでくれて、、 ありがとう *\(^o^)/* ファテイママ より。 《よかったら、卒業生を持つママにシェアしてあげてください。》 > https://youtu.be/U1wSzq4Lg1o 「<









              卒業式、保護者代表のごあいさつ。」 ママたちに、「すっごく泣けたよぉ!(≧∇≦)本当に素敵なスピーチをありがとう!歌もよかったあ!! 伝説に残るねぇ!」と喜んで 頂き、 悩んだけど、最後に歌まで 歌ってよかったあ。。 心配した通り、すでに、もうこの挨拶の前に、 子供たちの歌を聞いて、もう鼻水チンチンの号泣してて、 目を赤くして、挨拶始めたのでした。。(≧∇≦) 娘には、「ママ、ホントに歌うのぉ?!^_^; 」 と引かれていた最後の歌「あなたが生まれた日」ですが、 これは、娘が生まれた日のことを思いながらお風呂で作った歌で、 愛梨ちゃんの絵本「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」の朗読CDに収録した曲です。 それから、、、 マイクの前に立ったときは、本当にびっくりする近くの距離に校長先生が立っていて、、 ええ?!この距離で、話すのぉ?! ((((;゚Д゚))))))) と思いましたが、 事前に子供たちと保護者への、メッセージをメインに話すことは、先生に了解受けていたので、 校長先生には、「マイク、動かしていいですか?」 と ことわって、校長と笑えるくらいに、真向かいしてた、マイクを子供たちの方に向けて話しました。 歌は、 手で、赤ちゃんを抱いてあやすしぐさを表現して、 歌いたかったので、いつもの朗読コンサートの時はスタンドマイクを前に、遠慮しながら動かす手では、やりたくなくて、 マイクスタンドを横にどかして、生声で がんばって歌ってみた。 リハーサルも なしだから、 大きな体育館では声が届くか?! とも心配だったけど、想いが伝わればいいか、、と思い やってみた。 泣いた後だし、、これは、もうカケでしたね。。 でも、ちゃんと、届いてホッ。 天国の愛梨ちゃんが、 見えないマイク、持っていてくれたのかな? 卒業式の数日前に、いきなり、頼まれた挨拶だけど、 やれて嬉しかった。 頼まれて嬉しかった。 本当は、立候補したいほど、だったから。 だって、 中学生は、ホルモンの影響で、体と心か不安定になり、1番自殺が多い時期だから、 楽しいけど、大変でもある中学生活に向かう、子供たちにどうしても、伝えたい言葉が、 あったから。 「生まれてきてくれて‥‥ パパとママと呼んでくれて、 ありがとう。 あなたたちは、 かけがえのないパパとママと先生と、、宇宙の、宝物です。 大切な大切な命です‥‥‥」 と言いたかったから。。 ‥‥‥飛び立て。希望を胸に。 たくさん失敗してもいいよ。 たいていのことは、本気でがんばればなんとかなるけど、 思い通りに行かないことも時にはある。 でも、それも、「経験」という、いい宝物になり 生きていくチカラになる。 あなたたちの未来は 希望に満ちている! ‥‥‥よくぞ、ここまで 元気に育ってくれました。。 パパとママの子供に、なってくれてありがとう! パパとママ、と呼んでくれて、、 ありがとう *\(^o^)/* ファテイママ より。 《よかったら、卒業生を持つママにシェアしてあげてください。
              | - | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              10周年記念の特別企画 朗読コンサート!6/10ベイシア文化ホール
              0
                キャメルンシリーズ出版10周年の今年、いい知らせを受け取った。 [群馬県教育文化事業団が、ベイシア文化ホール(県民会館)で出演する団体を募集していて、 対象は[県内で音楽や演劇、舞踏などの分野で活動し 公演実績のある団体] というので、これはまさに、、、 キャメルングループとして、 私の自作の本を 〔音楽とダンスと映像で朗読コンサートの形} として10年広め続けてきた 私たちのことではないか?! しかも、今年は記念すべき キャメルンシリーズの、一作目「ラクダのキャメルン 空を飛ぶ」を出版してから10年目にあたる年!\(^o^)/ というわけで、 今までの公演のチラシや、 キャメルンシリーズ13作品と、 出版した育児エッセイや、 震災支援絵本の「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」や、 10代へのエールの冊子「10代の君たちへ」や、 二本足のワンコ すみれちゃんが伝える命の大切さの絵本などや、 朝日新聞に2年間書いていたコラム、はしもとらんどのコラム、 初めて出版したサハラ砂漠での体験記を書いた本が、高校三年の国語の教科書に12年間載ったことのコピーとか、、 震災支援活動や、子育て支援活動や、学校での講演活動の資料や、 それらを取り上げてくれた新聞記事、テレビ番組、、など、など、 節目の10周年記念イベントとして、ぜひ選ばれたくて、頑張って色々資料を集めて 提出したら、 ‥‥‥おかげさまで 選んで頂きました!! 6/10に (日)前橋ベイシア文化会館にて、 朗読コンサートします! チケットは1000円。 ベイシア文化会館や、キャメルンスタッフにお問い合わせください。 出演者は、会場費の負担、舞台係員の配置、公演周知活動への協力の支援が得られるそうです。 内容は 311で亡くなった愛梨ちゃんの本 「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」のメイキングストーリーを語り あの日を忘れないことが私たちが生きる力になるという、ことをお話しした後に みんな好きだけどキャメルンシリーズの中で 私が「一番好き!??」と言いたい一冊、、、 「自分自身で在ることの大切さ」 を美しく切ない人魚との恋を通して学ぶ ストーリーで、 朗読CDの音楽がものすごく美しい、、 キャメルンシリーズの2作目、「キャメルン人魚に恋をする」 を朗読コンサートとして、ステキなオリジナル演奏と、ダンスと、切り絵のコラボでお送りしたいと思っております。?? 照明などを駆使して キャメルン朗読コンサート史上 最高の演出に したいと、 スタッフ一同 意気込んでおりますので、どうぞみなさん期待しておいでくださいね。 (???)??(*´?`*)?? みなさんが、心から「ああ、、来てよかったあ!」と思ってくださる会にすることを お約束します。 追伸。。 次のチャリティー 朗読コンサートは3/4(日)2じ 「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」を高崎福祉センターたまごホールでチャリティ朗読コンサート。 3/11 伊勢崎図書館1じ。 3/31 前橋 ノイエス朝日 1じ、 4/1 ノイエス朝日1じ(両日 キャメルン シリーズの切り絵の原画展 同時開催) です。これらは無料のチャリティ企画で予約不要です。




                | - | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                相手も自分も傷つける「イジメ」について。
                0
                  [イジメについて] イジメは、相手も自分も傷つける、、。でも、 子供だけでなく、大人の世界も いじめはある。と言うか、大人がいじめているから子供もマネしてると言うことも多い。 ママ友の関係性とか、子供はシビアにみていたりするから。我が子がいじめをしてしまうと悩むなら自分は人に対してどう接しているかを省みてみるのも必要な場合もあるだろう。 戦争も大人のイジメとも言えるしね。 そして、自分を大切にできない子は人を大切にできないでいじめてしまったりもする。 いじめることで自分の立場が安定するし、いじめという手段で仲間と繋がる一体感を持てるということもあるだろう。 ただ、なんとなくいじめてしまう、のではなくそこにはいろんな要因があると言うことをみんなで知らなくてはならないと思う。
                  | - | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  今年でキャメルンシリーズ出版してから10年目!記念にベイシア会館で6/10に、朗読コンサートします!
                  0
                    キャメルンシリーズの一作目を、出版してから今年で 10年めになる。今まで出版した本はシリーズが13作。依頼された絵本が3冊。他にエッセイ3冊。 あとは、朝日新聞とはしもとらんどのコラムを書いたり依頼された本を書いたりしてきた。活動のメインは自作の本の朗読コンサートや、講演会。 講演会は、イジメや、自己否定感で悩む10代の学生への学校での講演や、育児ママたちへの講演会や相談会が主です。 10年目の今年は、3月に311震災支援朗読コンサートを四回して、 6月10日にはベイシア会館での、朗読コンサートが実現します。 県教育文化事業団が募集する県民芸術小劇場に出演する団体を募集していて、 「県内で音楽や演劇、舞踏などの分野で、活躍し公演実績のある団体」ということで、まさに、私たちキャメルン グループだ!と 応募した。 今までやってきた震災支援や子育て支援などの、朗読コンサートのフライヤーや、学校での講演会の案内や、新聞に取材された記事や、 国語の高校三年の教科書に初めて出版したサハラ砂漠の体験記が12年間載ったことや、コラムや、今までの活動の実績などなど、と、今まで出版した16冊の本を添えて、 10年の節目なので 気合い入れて資料を集めて応募したら、やったあ!選ばれました!わあい! 詳しくはまた。
                    | - | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    3月の311震災支援朗読コンサート。3/4高崎福祉センター2じ.3/11伊勢崎図書館1:30 3/31と4/1ノイエス朝日1時
                    0
                      3/4日曜 2時から 高崎福祉センター、たまごホールにて 「あなたをママと呼びたくて、、天から舞い降りた命」震災支援朗読コンサート。入場無料。 高崎ロータリークラブ主催。 3/11で亡くなった愛梨ちゃから学ぶ 命の尊さと日々の大切さ。 オリジナル曲の美しいピアノ演奏と 尺八やカホンなどの、楽器をバックに作者の私、空羽(くう)ファティマが心を込めて朗読します。 子供たちが描いてくれた絵を映しダンスとコラボした朗読コンサートです。 たくさん涙したあとには、光の中に出て行く感覚があなたに訪れることでしょう。 [311震災支援朗読コンサート]は あの日から 毎年恒例のキャメルン スタッフによる 311チャリティ朗読コンサート。 次の朗読コンサートは3/11伊勢崎図書館1:30から 3/31と4/1前橋ノイエス朝日にて1じから。
                      | - | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |