CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

キャメルンblog

空羽ファティマからメッセージ
あす20日、敷島公園近くのオシャレな絵本専門店 フリッツアートセンターで2じから朗読コンサート!
0
    明日20日.前橋敷島公園近くのオシャレな絵本専門店、フリッツアートセンターにて、2時から朗読コンサート! キヤメルンシリーズの中の魔女っ子ナイルシリーズの最新作 「魔女っ子ナイルの進級の巻」読みます。ピアノの演奏と子供たちの描いた絵をプロジェクターで映しながら作者の私が朗読します。 入場無料です。夏休みの最後の楽しい思い出に子供さん連れてお出かけくださいね!
    | - | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    人間ってさ、
    0
      1+1イコール2.にはならないことが、人間の気持ちって 、もんじゃないかなあ? 何が正しいとか、間違ってるとか、 そこをすごく、突き詰めたくなる、場所は人によって違うだけで、 本当はみんな、自分のなかの物差しで、 何が白か黒か 決めていて でも、グレーの部分はどおしても出てくる。 その、グレーを どう取るかだ。 若い頃はグレーが嫌いだった。白か黒に分けないと気持ち悪かった。 でも、いろんな国を旅してるうちに、広い世界にはあまりにも、たくさんの、価値観があり、思想があり、、生き方があり、、 「私の国では、これが正しいのにぃ?!」と、叫んでいられなくなった。 だから、 いろんな、考え方を、そりゃ、もう、必死に受け入れたり、 流したり、 抵抗したりしながら、 それが、私の「旅」となった。 そして、それは、今も変わらない。 人と付き合う、ということは、そういうこと、なんだと、思う。 そして、「それでも、付き合いたい人」か、どうか、だね。 大抵、人はみな、優しい。 少なくても、根は優しい。。と信じている。 でも、悲しかったり、寂しかったり、わかってもらえなかったり、愛されなかったり、、 そういうふうに、心がしゅんとなる日々を送っていると、 「なんで、わかってくれないんだあああ?!!」 って、悲しくなって、怒ったり、意地を張ったり、 したくなるのだとおもう。 ‥‥‥そんな風に思えることが、 ここ数日起きている。。 でも、私は、基本的に、人間好きなのだとおもう。 その人の嫌な面より、その下にある、本当は優しい面を見ていたい。 そこに、スポット当ててその人を見たい。と思う。 私もグレーの部分持ってるし。白と黒ではないグレーをね。 自分の中にも人の中にも、その、グレーをいかに持つことを許せるか、、 だな。 人間なんて、みんな、弱いものだからね。 私もそうです。 自分を強いと思ってはいないな。 強く、ならないとならない場面はあるから、そのときは、ハッタリでもなんでも、強くなるけどね。 ママだからね、ママは強くいないと。 弱い女はいないし、強いオトコもいないそーだから。 ハハハ。
      ‥‥‥この、写真は文とは関係ないけど、 今夜、算数が苦手なスタッフの子供に、デシリットルをいろんな容器を使って説明してたピアニスト、もっこ。 夏休み中に、追いつかないと、勉強遅れてしまうからと、みんなで、交代に彼に勉強教えてる。 大げさかもだけど、こういうのって、いいな、って思う。 そして、この子が大人になったら、 「僕のママは忙しかったけど、周りのオトナたちが、いろいろ、面倒みてくれたっけな。。」って思ってくれたらいいな。 自分は大事にされて、育った、という、記憶が残りますように。。
      | - | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      まだ、仕上がってない夏休みの工作にも!無料切り絵体験してます、
      0
        「無料で 切り絵体験」まだ仕上がってない 夏休みの工作にいかが? キヤメルンシリーズの切り絵作家、海扉〔カイト〕アラジン指導による個人への切り絵講座。切り絵原画展のイベントで、無料でしてます。 前橋敷島公園近くの、フリッツアートセンターにて。 23日と25日、11時から、1時まで。 カッター扱えるなら、こんな小さな子供さんもできます。
        | - | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        スミレちゃんの歌詞
        0
          ?8/27の高崎たまごホール 2じからの スミレちゃんの朗読コンサートでは、オペラ歌手の山田由紀子さんによる、スミレの歌 も聞けます。 落ち込んでいる人、イジメを受けている子、人生の暗闇にいる人に希望を届ける歌にしました。 諦めなければ、必ず光の元に、出られると信じて。 https://youtu.be/67Qt_HY-jdE ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 「すみれの歌」 空羽(くう)ファティマ 作詞 ロス 作曲、演奏 山田由紀子 歌 切り絵 海扉〔カイト〕アラジン  風に吹かれても   雨に打たれても 微笑むように 咲く スミレの花のように   私は前を向く みんなと違う体だけど 私にはまだ   2本の足がある 「ないもの」を数えて泣くよりも 「あるもの」に感謝して 歩いて行こう 今ある命 そのぬくもり みんなの想いを乗せて 生きる喜びに感謝して  ありがとう 2番  暗闇の中 求め続けた 伸ばした腕の先 あなたが 駆け寄って 私を抱きしめた。  全ての闇が今消えてゆく 雨の後には虹がきらめく 何があってもあきらめないで 明日へ前を向いて    歩いて行こう 祈りは届く 願いは叶う 明けない夜はないよ 共に進もう 光の中へ ひとりじゃないよ
          | - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          制作過程の切り絵公開中
          0
            「制作過程の切り絵、公開」キヤメルンシリーズの切り絵作家、海扉〔カイト〕アラジンは、オリジナルの切り絵も依頼を受けています。これは群馬大学病院の中にあるジュノさんという美容院から依頼された切り絵です。 すでに1枚目は仕上がって店内に飾ってありますがこれは、その続編の切り絵です。 一作目は、今は天国にいる大切なわんちゃんを イタリアのフィレンツェの風景の切り絵の中に登場させて、「いつも見守っているよ」のメッセージが切り絵から伝わるようにしたそうです。 2作目のこの切り絵は、そのわんちゃんが、フレンツェの街の中を歩きだしたシーンを続きとして切っているそうです。 海扉〔カイト〕アラジンの切り絵制作作業は、フリッツアートセンターで、現在公開中です。



            | - | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            切り絵無料講座は夏休みの宿題にもいいよ。
            0
              フリッツアートセンターさんからの投稿。 【公園の学校】『キャメルンシリーズ』絵本原画展 : ワークショップ 毎夏、地元の絵本作家と進めるプロジェクト。 切り絵作家の、海扉アラジンさんと『キャメルンの森』を創作します。 カッターが使えるひとは、挑戦してみよう! .... 夏休みの宿題に、ぴったりかもね。 体験日 ‖ 8月9日(水)・10日(木)・17日(木)・18日(金)・23日(水)・25日(金) 時間 ‖ 11:00am - 13:00pm ◎ 参加自由。おとなもこどもも、どうぞ敷島の森へお集まりください。 ◎写真はカイトさんとようこさん #前橋市 #敷島公園 #フリッツアートセンター #ギャラリー #空羽ファティマ #海扉アラジン #今日のようこさん
              | - | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              海扉〔カイト〕アラジン切り絵原画展で、平日11じから1じまで無料切り絵体験してます、
              0



                フリッツアートセンター、前橋敷島公園すぐ近く
                | - | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                今日のイベント
                0
                  今日の切り絵原画展での、イベントはキヤメルンスタッフの、音楽専攻の教頭先生の担当で「楽器作り」とカウンセラーのスタッフによる「箱庭体験」。 楽器作りは、、 筒状の中に螺旋状に細い棒を刺し、そこに小豆を転がして雨の音を鳴らす 元々は雨乞いの儀式に使われたという、レインスティック。 最後は自分の好みで飾り付け。楽しみながらマイオリジナル楽器出来て、夏休みの自由工作としても使える。

                  もう1つのイベントは、カウンセラーで版画作家でのキヤメルンスタッフによる「箱庭体験」 自由に小物をこの箱を心の中と見立てて、置いていく。 この会場の次の朗読コンサートは8/20, 【絵本専門店、フリッツアートセンターでの、切り絵原画展&キヤメルンスタッフによる、イベントは27までやってます。 切り絵体験は平日11じから1じまで。次の朗読コンサートは20日。2じです。全ての参加費無料】



                  | - | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  スミレちゃんの絵本、全員にプレゼント!8/27。動物愛護に関心ないわ、という方にも来て欲しい。それは、、
                  0
                    「スミレちゃんの絵本」無料でプレゼント!8/27の高崎福祉会館での朗読コンサートで今、印刷中のスミレちゃんの出来立ての絵本を全員にプレゼントします! 前を向いて生きるワンコ、スミレちゃんを通して学ぶ命のあたたかさと、日々の尊さを伝える切り絵絵本です。 「動物愛護には正直、関心はないわ」と思っている方の為にも、 今の子供たちの問題になっている、いじめ問題や、自己否定感についても、伝わる内容に本を書きましたので、動物好きではないと思う方も是非、足をお運びくださればと思います。 動物愛護団体の方は捨てられたワンニャンを二度と辛い目に合わせなくないという熱い思いから、ワンニャンを新しいお家に迎えたいという方に対して、細かいことをアンケートで聞いたり、こういう風に飼ってください、という要望があるため、 「それが面倒だから、本当は保護犬を助けてあげたい気持ちもあるけど、ペットショップで買ってしまう、」という方も正直いって、います。 その、どっちの気持ちも、分かる気がしますので、その双方の架け橋にこういう朗読コンサートがなれたら、と願います。 確かに世の中は綺麗事だけでは、回らない。 正直、私もヨーキーが好きだし、 せっかく家族に迎えて長く暮らすならば、好きな犬種や、好きな犬の色で、選びたいという気持ちもよーくわかる。。。(こんなことを書くと動物愛護団体の方からお叱りを受けるでしょうが、すみません。ここは私のフェイスブックなので本音を書きます) 、、でも、それでも、尊い命が殺されている悲しい現実もある。。それを無視してはいけないと思う。。 ペットショップでワンコを買うとパピーミルといって、一生をケージに閉じ込められて、子犬産むためだけの機械のように扱われる かわいそうな母犬を増やすことにつながる現実もある、、。 そういうハザマに頭を抱える人は多いのではと、思います。 スミレちゃんのような 保護犬という存在は、私達に「いのちを捨てるということ」 を問いかけます。 「何が正しいか?」「世間はどうか?」ではなく、 あったかな命が人間の身勝手さで捨てられたらどうなるのか? それを「あなたは、」どう感じるか? と、自分のこころに意識を向けてもらうことから、まずは、始めることが大切だと思うのです。 「はじめの一歩」に この会がなれたらとおもいます。 賛否両論あるとおもいますが、いろんな立場から「あったかな いのち」について考えるきっかけになればいいな、とおもいます。 、、、スミレの絵本は、ただ、ワンコ好きな人向きではなく、教科書的な理論は書いてないです。 子供たちが「生まれてきてよかった、」と思えることが、できたら、周りの動物にもやさしくできるとおもいますので、今ある命と、向かい合えるような、、 そういう視点から描いてます。 スミレの歌も作りました。 私が歌詞を書き、作曲した教頭先生でもある キヤメルンスタッフ、ロス(樋口たけし)の演奏で オペラ歌手の山田由紀子が素敵に歌ってくださいます。 本には楽譜もロスが手書きで書いたものをつけますので、お家に帰りピアノでもひけます。 スミレちゃんと、仲良しなお友達になってほしいと願ってます。





                    | - | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    無料切り絵体験してまーす、切り絵作家海扉〔カイト〕アラジン
                    0
                      | - | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |